◆海外在住者の印鑑証明は大使館◆登記相続委任状・遺産分割協議証明書!

この記事は 約5 分で読めます。

海外在住者は、住民票を抜くと日本の役所に印鑑登録も出来なくなる。
海外では、在外公館(大使館)で『印鑑登録』が出来て『印鑑証明書』取得も可能。
更に日本の印鑑証明書にかわる物として、申請者の署名を証明する『署名証明』にも対応。

バンコク在住の「バンコクで修業中。」です。
 :

先日、叔父が亡くなり『遺産分割協議証明書』を国際宅急便で送ってきました。書類にサインして『印鑑証明書』を添付して送り返して欲しいと連絡がありました。

うちもおばさんが亡くなって、大至急サインしてくれって兄貴が送ってきて、先日、慌てて大使館に行ってきたよ。
二人は住民票を抜いてるから、日本では「印鑑証明書」はとれないからね。

関連記事:◆海外在住者のパスポート更新◆大使館や総領事館で更新が可能

◆海外在住者のパスポート更新◆大使館や総領事館で更新が可能
新型コロナの影響で一時帰国できずにパスポートの更新時期を迎える海外在住者も… その様な場合、在外公館(大使館、総領事館)で更新が可能で、紛失・盗難にも対応。 海外赴任、海外転職、海外移住する場合には、有効期限前に日本で更新も可能。

関連記事:◆海外在住者の運転免許更新◆帰国できず失効後の復活+海外免許切替

◆海外在住者の運転免許更新◆帰国できず失効後の復活+海外免許切替
新型コロナの影響で日本に一時帰国できず、運転免許の更新ができない海外在住者も多い。 失効後3年以内でやむを得ない理由があれば、運転免許の復活・更新が可能。 一方、海外で取得した免許を日本の運転免許証に書き換えることも可能。

海外在住者の印鑑証明にかんする3つのポイント

  1. 日本の住民票を抜くと日本で印鑑証明はとれない
  2. 在外大使館で「印鑑登録」と「印鑑証明書」取得が可能
  3. 印鑑証明書にかわる「署名証明」大使館で取得できる

【Q】印鑑証明書とは?

あんまりなじみがないけど、そもそもなに?

印鑑登録(いんかんとうろく)とは、印鑑(登録された印章)により個人及び法人を証明する(本人が当該印章を相違なく所有すると証明する)制度である。
印鑑登録をしたことを証するもの(多くはカード型、一部市町村で手帳型もあり)を印鑑登録証、印影と登録者の住所・氏名・生年月日・性別(性同一性障害に配慮して記載しない自治体も増えている)を記載したものを印鑑登録証明書(印鑑証明)という。

「印鑑証明書」というのは「印鑑登録証明書」の略称で、役所に「契約書に押された実印は、登録された本人の物です」と証明してもらうんじゃ。
そう言えば、自動車を買った時に「印鑑証明書」とった覚えがあるよ。
  • 不動産売買手続き
  • 遺産相続手続き
  • 自動車売買手続き
だいたい、この3つのケースで求められるよ。

【Q】「印鑑証明」は大使館で取得できるのですか?

 

タイ王国の日本大使館のホームページを見てみよう。

印鑑登録してから証明書の発行依頼(同時申請・可能)

  1. 印鑑登録申請書:1部
  2. 印鑑登録原票:1部
  3. 登録する印鑑:登録できる印影の大きさは、25mmの正方形内に収まるもの、ただし、大きさが8mm以下のものは除く。
  4. パスポート(原本のみ)
  5. 現住所を証明する書類(本人氏名と現住所が記載されているもの)
  6. 印鑑が二重登録でない(日本国内又は他の在外公館に登録されていない)ことを立証する証明書
  7. 【発行依頼】印鑑証明交付申請書:1部
「ワークパーミット、タイの運転免許証、申請者の氏名が記載されている住宅賃貸(購入)契約書、公共料金請求書」などですね。
水道、電気の請求書等はオッケー。だけど、ケーブルテレビ、携帯の請求書はどうかな?コンドミニアムからの請求書はダメだよ。

印鑑証明書にかわる「署名証明」大使館で取得できる

日本に住民登録をしていない海外に在留している方に対し、日本の印鑑証明に代わるものとして日本での手続のために発給されるもので、申請者の署名(及び拇印)が確かに領事の面前でなされたことを証明するものです。
 証明の方法は2種類です。形式1は在外公館が発行する証明書と申請者が領事の面前で署名した私文書を綴り合わせて割り印を行うもの、形式2は申請者の署名を単独で証明するものです。どちらの証明方法にするかは提出先の意向によりますので、あらかじめ提出先に御確認ください。
 日本においては不動産登記、銀行ローン、自動車の名義変更等の諸手続等、様々な理由で印鑑証明の提出が求められますが、日本での住民登録を抹消して外国にお住まいの方は、住民登録抹消と同時に印鑑登録も抹消されてしまいます。そのため法務局や銀行等では、海外に在留している日本人には印鑑証明に代わるものとして、署名証明の提出を求めています。
 平成21年4月1日から、署名証明書の様式等が変更となりました。主な変更点としては、これまでの証明書上の様式では記載のなかった署名者の身分事項の項目(生年月日、日本旅券番号)が加わりました。

日本の様に印鑑の文化の無い海外の国では、署名(サイン)や拇印をするんじゃよ。それを、大使館職員の前で行い、領事が証明すると言う事じゃ。

管理人のつぶやき

海外在住者はそれなりの年齢の方々なので、なにかと『印鑑証明』を求められるケースが出て来ると思います。
 :
そんな時に慌てる事無く、処理を遅滞なく進めるには、良く調べることが肝要です。時間があれば、大使館に直接言って聞くのが早いですが、時間がもったいないですからね。
 :
お役にたてるとうれしいです。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

応援お願いします!更新の励みになります!

『海外在住日本人』おすすめ記事!

◆海外在住者の一時帰国◆変異株感染拡大で入国制限+検疫強化
世界各地で変異株の感染拡大で日本に一時帰国を検討されている方も多いと思います。 日本でも『変異株が確認された国からの入国制限、検疫強化』されています。 滞在国大使館の最新情報を確認し、帰国者の実体験を確認することをお薦めします。
◆外務省から公式発表:8月1日開始◆在外邦人のワクチン接種
日本政府は、住民票のない海外在留邦人に対し一時帰国ワクチン接種を実施と発表。 7月中旬以降専用サイトで予約、8月1日から成田・羽田空港の入国後特設会場で接種。 ワクチンはファイザー製で、3週間あけて2回接種が必要。渡航費、滞在費等は自己負担。
◆海外在住者の海外送金◆マイナンバー無しでも送金可能:ワイズ
日本から海外送金するには、マイナンバーや高い送金手数料など障害が多すぎ… 一時帰国できず、困り果てた友人から『マイナンバー無しで、格安に送金できた!』と。 2011年にイギリスで創業したワイズ、既存の銀行ネットを使わない送金システムとは?
◆海外在住者の日本の銀行口座◆非居住者サービスは使えるのか?
海外在住・海外赴任者の悩みの種が、日本の銀行口座をどう維持するか? 非居住者に解約を強制する銀行もあり、ゆうちょ銀行も解約もしくは代理人設定を推奨。 一方、メガバンクの非居住者サービスだと非居住者でも適法に口座は維持可能と…
◆海外在住者のマイナンバー◆金融機関へ提出猶予は2021年末まで
マイナンバーの金融機関への提出猶予期限は2021年12月末。 住民票を持たない海外在住者は提出しなくても良いが、海外送金の問題が生じる事に… 一時帰国の際、一旦、住民票を戻してマイナンバーを取得し、提出するのがおすすめ!
◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)
海外在住者にとっては、一時帰国の際の通信手段確保は頭痛のタネ… そんな在住者の強い見方が楽天モバイル、なんと、利用がなければ毎月無料の神プラン! 解約の縛りもなければ、固定費もいらない、そんな夢のようなプランを見逃す手はない!
◆海外在住者の税金基本情報◆国税(所得税)+地方税(住民税)の納税義務!
海外に出れば、非居住者扱いで税金を払わなくても良いんだよね?と単純に考えがち。 そもそもどんな税金を払っているの?非居住者の定義とは? 1月1日に住んでなければ税金を払わなくても良いって本当? 疑問は多い…
◆海外在住者の年金◆任意継続がおすすめ:口座振替+クレカ引落し
海外在住で日本の年金をどうしようか、迷ってる人は多い… ある程度保険料納付済みの場合、掛捨てはもったいないので任意継続がおすすめ! 資産の長期運用という観点から、日本は安全な投資先だと思います。 人生100年の時代らしいですし…
◆海外在住者の保険◆日本の国民健康保険?海外の医療保険?カードの海外保険?
海外の医療費が高額なのは周知の事実です。 そこで、日本の健康保険は残したほうが良いのか悩むところです・・・ 海外在住者の健康保険:日本の健康保険?海外の医療保険?カードの海外保険?
◆海外在住者の住民票◆メリット・デメリット◆税金・年金・健康保険・マイナンバー
海外に出る時に『住民票はどうすれば良いの?』との疑問がわきますよね? 残したほうが良い場合も、転出届を出して抜いたほうが良い場合もあります。 法律的な観点と税金など総合的な判断が必要となりますね。 海外在住者の住民票:抜くメリットデメリット|税金・年金・健康保険・マイナンバー
◆海外在住者の日本のテレビ◆UBOX8/EVPAD:日本のドラマ・映画が見放題◆世界のサッカー・テニス
日本と世界のテレビ番組がライブで見られます。 見逃したドラマも翌週にはアップされます。 更に、日本と世界の映画も少し遅れてアップされます。 映画もドラマも見放題、そんなサービスが…