◆老後資金2000万円◆管理人の資産運用歴・株式運用編2019

この記事は 約4 分で読めます。

老後資金1億円(09):目指せ1億円!管理人の資産運用歴【株式運用編】

『老後資金2,000万円を貯めるのは簡単』です。

20歳の時からお給料の半分を老後のために、運用・貯金すればよいのです。

でも、そんな人は居ませんよね・・・

もう40代、50代、60代になってしまった皆さんは取り返しがつかないのか?

そうでもありません。

多くの人は『身の丈に合わない生活』をしています。

そうなんです身の丈に合った生活『それに応じた老後資金2,000万円つくりをすればよいのです。

アーリーリタイアし、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。先日から「老後資金貯金ナビ:目指せ2000万円!」シリーズ始めました!
第一回は、管理人の資産運用歴と仮想通貨の運用歴をお伝えしました!

【速報】ソフトバンク:初値は公開価格下回る

この話に触れない手は無いよね。正直、予想通りだったねえ。
管理人は、元々、通信畑だからいろいろ知ってるよね。
今回は、孫さん、大泣きだね。タイミングが悪すぎだよ。
悪材料は、通信障害が一番大きくて、ファーウェイ問題でも印象悪くしたよね。知り合いの某国の通信機器会社の「Oさん」はホクホクだよ!
あ、管理人、下の売却履歴見ると、
ソフトバンクグループの株式でもキャピタル・ゲインもうけてるやん!

管理人の株式運用履歴

今回は、「老後資金貯金ナビ:目指せ一億円!」第二弾をお伝えします。
管理人は、日本への帰国後の2000年から株式運用を始めました。

管理人の株式運用の方針

  • 自分が好きな会社を購入
  • リーマンショックなどの株式市場が暗転してる時に購入
  • 問題が発覚して株価が激安と判断した時に購入

企業として許せない:JAL破綻により株が溶けた…

はっきり言って、JALと麻生太郎は今でも許せない。

管理人の直近の株式運用履歴:売却済み【2017年6月-8月】

ここにあげた株式は、
リーマンショックのタイミングで購入した非常に優秀な銘柄ばかりでした。
  • 松屋は、「株主優待券目当て」で購入し、優待券で非常に満足していたし、キャピタルゲインでも大いに貢献してくれた。有難うございました。バンコクへの移住が無ければ、ずっと持っていたかった。
  • ANAは、JAL破たんに伴い、怒りの「競合買い」。株主優待券も高額で売れていたが、JALの復帰に伴い優待券価格が下がりパフォーマンスが下がっていたので、良いタイミングで売れたと思う。
  • 古巣の日立製作所や、勤務時に株式積立をしてきたCisco Systemsなど、底値で購入し売り抜けた。
  • ソフトバンクは、携帯電話を利用していたので「株主優待の利用料割引」が効果的だった。バンコクへの移住に伴い携帯を解約。株の売却でもキャピタルゲインも得れた。
  • JR東日本は、リーマンショックの時の「不況時の安定株買い」で購入。倍で売却。
  • 東芝は不正発覚前に、「規模に伴わない安価」のため購入したが発覚前に売り逃げた。

管理人の株式運用履歴:運用中【2018年12月19日 午前11時】

現在でも保有している優秀な株と一人の不良(笑)
  • マクドナルドは、管理人はいつ売っても良いと思っている。しかし、優待券がなくなると困るパートナーの強い強い要望で現在も保有中(笑)
  • トヨタは、社長の豊田章男くんを応援したいので保有。配当も高率で優秀!
  • ホンダは、会社を愛しているので保有中。以前は自動車もホンダ。現在は、バンコクでホンダのバイクを保有中。
  • ユーグレナは、社長の出雲さんの講演を拝聴し、その日に購入。ユーグレナの企業コンセプトに惚れている。ただし、株価は一時期の様な高騰は期待できないとあきらめている。応援保有!

株主優待銘柄も有望だよね!

日経新聞:株主優待銘柄、1500超で最多 「長期保有で優遇」増える

株主優待銘柄、1500超で最多 「長期保有で優遇」増える
株主に自社製品や金券などを贈る株主優待制度が広がっている。導入数は今年1月末で1500銘柄を超え、過去最多となった。上場銘柄全体の4割近くに達する。とくに最近は株式を長く保有するほど優遇する仕組みが増えている。個人に安定的に株を持ってもらいたい企業は多く、優待の充実はさらに進みそうだ。野村インベスター・リレーションズが...

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

応援お願いします!更新の励みになります!

『豊かな老後生活』の気になる記事をチェック!

◆豊かな老後生活◆あなたの死ぬまでの老後生活費はいくら必要?

◆ゆたかな老後◆今から死ぬまで生活費はいくら必要か考えよう
【死ぬまでに必要なコスト】 1. 年間の生活コストを詳細まで見直す 2. 親族の平均寿命から自分がいつ頃まで生きるかを推定し、現状から何年生きるかを想定 3. 年間の生活コスト x (推定寿命 - 現在の年齢)=死ぬまでに必要なコスト

◆豊かな老後生活◆え?アーリーリタイアに1億円じゃ足りないの?

◆ゆたかな老後◆え?アーリーリタイアに1億円じゃ足らんの?
憧れのアーリーリタイア、でも、現実的に可能なのか?いくら必要なのか? アーリーリタイアするのに1億円でも足りないという人がいるけど、どんな生活をする気なの? 現在の資産、リタイア後に必要なコストがわかれば、いくら準備すれば良いか明確!

◆豊かな老後生活◆50代のこんな人は狙われるから投資はやめとけ!

◆ゆたかな老後◆50代こんな人は損するから投資はやめとけ!
老後資金2000万円問題が話題となり、炎上してから何年経過したことか。 世の中で話題となっていなくても、老後の資金に不安を抱えながら生きる50代以降は多い。 そんな時に優しい言葉で『絶対安心』『絶対儲かる』などと言葉をかけてくる奴がいたら…

老後資金作り:資産運用に困ったら?

◆老後資金作り◆投資初心者にロボットアドバイザーがおすすめ!

◆老後資金作り◆投資初心者にロボットアドバイザーがおすすめ!
老後資金の運用に困っている人いませんか? 銀行預金しかしてこなかった人にいきなり資産運用しろと言われても… そんなあなたには『ロボットアドバイザー』がおすすめ! あなたのリスク許容度に適したポートフォリオを提案、自動運用してくれるシステム!

◆老後資金作り◆iDeCo(個人型確定拠出年金)始めてみた…

◆老後資金作り◆iDeCo(個人型確定拠出年金)始めてみた…
iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて2002年から運用開始した私的年金制度。 国民年金(+厚生年金)に上積みして、自分の意思で拠出金を自分で運用する資産形成制度。 運用益が非課税、掛金が所得控除の対象などのメリットもあるが元本保証でないので…

◆老後資金作り◆NISA(ニーサ)で小額投資利益が非課税!

◆老後資金作り:NISA◆ニーサで小額投資利益が非課税!
NISAは、2014年開始の株式や投資信託から得られた利益が非課税になる制度。 NISAには、一般NISAとつみたてNISAがあり、年間投資額上限、非課税期間が異なる。 人生後半に差し掛かった40代、50代はNISAをどのように活用して老後資金を運用するか…

◆老後資金作り◆1000円から投資ができるPayPay証券

◆老後資金作り◆1000円から投資ができるPayPay証券
老後資金の運用に株式の売買を始めてみたい人も多いけど、経験ないからなあ… そんな時は、小額から始められて、スマホのアプリで簡単取引のネット証券がおすすめ! 今回の管理人の老後資金2000万円チャレンジのネタはPayPay証券(ペイペイ証券)。

◆老後資金作り◆株式投資型クラウドファンディング:ファンディーノ

◆ゆたかな老後◆株式投資型クラウドファンディング:ファンディーノ
ファンディーノ(FUNDINNO)は国内初の株式投資型クラウドファンディングサービス。 非上場株式の発行によりインターネットを通じて多人数から少額ずつ資金を調達。 非上場企業への投資でIPOやM&Aで大きなリターンも可能だが、リスクも大きい。

◆老後資金作り◆仮想通貨急落で買い時:コインチェック一択

◆老後資金作り:仮想通貨急落で買い時◆コインチェック一択
仮想通貨に興味を持ちながら手を出せないうちに価格が高騰して後悔している人は多い。 ビットコインの価格が700万円を超えた辺りから、米中の取引規制が強化され価格急落。 これを仮想通貨の終わりと捉えるか、あるいは買い時と捉えるかが勝負の分れ目…

GMOコイン

おすすめネット証券7社比較

株式の取引を始めるなら、100円から始められるネット証券がおすすめです。総合証券会社と比較すると手数料が格安になっています。
 :
管理人は、以前購入した株は野村証券に保管していますが、最近はネット証券が中心です。

2021年07月現在

証券会社
公式サイト
1約定あたりの手数料(成行)サービス
~20万円~50万円~100万円NISAIPO投資
信託
SBI証券115円275円535円
楽天証券115円275円535円
松井証券 0円0円1,100円
マネックス証券198円495円1,100円
GMOクリック証券 107円265円479円X
LINE証券198円484円869円XX
PayPay証券1,100円2,750円5,500円