◆朗報!ワクチン難民解消◆一時帰国接種で混合接種が可能に

この記事は 約5 分で読めます。

日本政府が、他社製のワクチンを混合で接種することを承認。

日本国内で未実施のアストラゼネカ、未承認シノバック接種者はワクチン難民だった。

ワクチンパスポートは日本国内で2回接種が原則、2回目のみ接種の場合も1回分証明を発行。

当初、日本政府は混合接種を認めていなかったため、ワクチン難民が発生していましたが、今回の措置で救済されてよかったです…
◆要注意◆在外邦人一時帰国ワクチン接種◆他メーカー混合接種認めず
日本の厚生労働省はメーカーの異なるワクチンの混合接種を認めていない。 在外邦人の一時帰国接種で採用のファイザー・モデルナ以外のワクチン接種者は要注意。 在外邦人でも住民票がある人や帰国時に転入届を出した場合も対象外。

0. 一時帰国接種でアストラゼネカの接種も始まります

海外にお住まいで日本国内に住民票を有していない方を対象に、8月1日より成田 / 羽田空港でファイザー製ワクチンの接種事業が行われていますが、8月25日からアストラゼネカ製ワクチンの接種が開始され、事業の対象が以下のとおり拡大されます。
詳細は以下の外務省ホームページを御覧ください。
外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。

1. 海外でアストラゼネカを1回接種済みの方

海外においてアストラゼネカ製ワクチンを1回接種済みで、何らかの事情や懸念により、2回目の接種を日本への一時帰国時に希望される方は、アストラゼネカが接種できるようになります。
【対象者】

  • 接種時点で満18歳以上

【必要書類】

  • 既にアストラゼネカ製のワクチンの1回目接種を終えており、必要な接種間隔(注)を満たしていることを示す書類
    (注)アストラゼネカ製のワクチンは1回目の接種から4週間から12週間後に2回目を接種することになっています。ただし、最大限の効果を得るためには、8週以上の間隔をおいて接種することが望ましいとされています(厚生労働省ホームページ  )。

2. 海外でワクチンを未接種でアストラゼネカ接種を希望される方

アレルギー等の事情により、mRNAワクチン(ファイザー製ワクチン)を接種することができず、且つ、何らかの事情や懸念により海外での居住地(タイ)でアストラゼネカ製ワクチンの接種を行っていない方。
【対象者】

  • 接種時点で満18歳以上
    (注)この場合は、一時帰国接種事業において、アストラゼネカ製ワクチンを2回接種していただくことになります。1回だけの接種は認められません。

3. 海外でファイザーを1回接種済みの方

何らかの事情により、居住地での2回目の接種に懸念等を有する場合には、この一時帰国接種事業により、ファイザー製ワクチンを2回目の接種として受けることができるようになります。
【対象者】

  • 接種時点で満12歳以上

【必要書類】

  • 既にファイザー製のワクチンの1回目接種を終えており、必要な接種間隔(注)を満たしていることを示す書類
    (注)ファイザー製のワクチンは、通常、1回目の接種から3週間の間隔で2回目を接種することになっています(厚生労働省ホームページ  )。

4. 海外でシノバック、シノファームを1回接種された方

1回目の接種で日本では薬事承認されていないワクチン(シノバック、シノファーム等)を接種した方が、日本への一時帰国時において、2回目の接種で異なるメーカー(ファイザーまたはアストラゼネカ)のワクチンを希望する場合には、ご自身の判断により医師と相談の上接種が認められます。
ただし、予診の結果、異なるメーカーのワクチン接種が認められないケースもありえますので、予めご承知おきください。
(注)この場合、原則、ファイザーの接種となりますが、mRNAワクチンのアレルギー等がある方は、アストラゼネカの接種も可能です。

申し込み開始:8月18日(水)

8月18日(水)正午(日本時間)以降、以下の特設サイトを通じて事前に接種予約をする必要があります。
https://mar.s-kantan.jp/mofa-v-u/ 
※一時帰国接種事業は、2022年1月上旬の終了を想定していますので、ご注意ください。

※海外渡航用のワクチン接種証明書の発行について

一時帰国接種事業を利用した場合のワクチン接種証明書(いわゆるワクチン・パスポート)の発行については以下の通りです。

  1. ワククチン接種証明書の発行は、基本的に一時帰国接種事業を利用して2回の接種を行った場合が対象となります。
  2. 一時帰国接種事業で2回目の接種のみを受けた場合については、「1回分接種を受けた」ことを証明するワクチン接種証明書が発行されます。
  3. 一時帰国接種事業で1回目接種のみを受けることは出来ませんので、1回目接種のみ受ける方に対してはワクチン接種証明書は発行されません。

👇詳細はこちら👇

管理人のつぶやき

現時点で重要なことは、最も早く打てるのがベストなワクチンということ…

有効性云々よりも大事なのは、感染しないために承認されたワクチンをいち早く打って重篤化を避けることです。

一日も早く、自由に海外に往来できる日が来ることを、心より祈っております。

それまでは、ご安全に💚

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

『海外在住日本人』おすすめ記事!

◆海外在住者の一時帰国◆変異株感染拡大で入国制限+検疫強化
世界各地で変異株の感染拡大で日本に一時帰国を検討されている方も多いと思います。 日本でも『変異株が確認された国からの入国制限、検疫強化』されています。 滞在国大使館の最新情報を確認し、帰国者の実体験を確認することをお薦めします。
◆海外在住者の海外送金:ワイズ◆マイナンバー無しでも送金可能
日本から海外送金するには、マイナンバーや高い送金手数料など障害が多すぎ… 一時帰国できず、困り果てた友人から『マイナンバー無しで、格安に送金できた!』と。 2011年にイギリスで創業したワイズ、既存の銀行ネットを使わない送金システムとは?
◆海外在住者の日本の銀行口座◆非居住者サービスは使えるのか?
海外在住・海外赴任者の悩みの種が、日本の銀行口座をどう維持するか? 非居住者に解約を強制する銀行もあり、ゆうちょ銀行も解約もしくは代理人設定を推奨。 一方、メガバンクの非居住者サービスだと非居住者でも適法に口座は維持可能だが…
◆海外在住者のマイナンバー◆金融機関へ提出猶予は2021年末まで
マイナンバーの金融機関への提出猶予期限は2021年12月末。 住民票を持たない海外在住者は提出しなくても良いが、海外送金の問題が生じる事に… 一時帰国の際、一旦、住民票を戻してマイナンバーを取得し、提出するのがおすすめ!
◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)
海外在住者にとっては、一時帰国の際の通信手段確保は頭痛のタネ… そんな在住者の強い見方が楽天モバイル、なんと、利用がなければ毎月無料の神プラン! 解約の縛りもなければ、固定費もいらない、そんな夢のようなプランを見逃す手はない!
◆海外在住者の税金基本情報◆国税(所得税)+地方税(住民税)の納税義務!
海外に出れば、非居住者扱いで税金を払わなくても良いんだよね?と単純に考えがち。 そもそもどんな税金を払っているの?非居住者の定義とは? 1月1日に住んでなければ税金を払わなくても良いって本当? 疑問は多い…
◆海外在住者の年金◆任意継続がおすすめ:口座振替+クレカ引落し
海外在住で日本の年金をどうしようか、迷ってる人は多い。 ある程度保険料納付済みの場合、掛捨てはもったいないので任意継続がおすすめ! 資産の長期運用という観点から、日本は安全な投資先だと思います。 人生100年の時代らしいですし…
◆海外在住者の健康保険◆日本の保険,カード付帯保険,現地の保険
海外の医療費が高額なのは事実: 住民票を抜くと国民健康保険に加入できない 海外の医療費を国民健康保険に請求できるが、日本での費用相当額 国民健康保険は残さず、クレジットカードの『海外旅行者保険』と現地の保険を併用するのが得策
◆海外在住者の住民票:メリット・デメリット◆税金・年金・健康保険・マイナンバー
海外在住者の多くが日本の住民票はどうすれば良いか迷っていると思います。 残しておけば納税義務や年金支払義務が発生し、抜いてしまうと保険やマイナンバーが… メリットデメリット、法律的な観点、税金など総合的な判断が必要となりますね。
◆海外在住者の日本のテレビ◆UBOX/EVPAD:日本のドラマ・映画が見放題◆世界のサッカー・テニス
日本と世界のテレビ番組がライブで見られます。 見逃したドラマも翌週にはアップされます。 更に、日本と世界の映画も少し遅れてアップされます。 映画もドラマも見放題、そんなサービスが…