◆ゆたかな老後◆死ぬまでの生活費はいくらかを理解するのが第一歩

この記事は 約5 分で読めます。

『老後資金2,000万円を貯めるのは簡単』です。

20歳の時からお給料の半分を老後のために、運用・貯金すればよいのです。

でも、そんな人は居ませんよね・・・

もう40代、50代、60代になってしまった皆さんは取り返しがつかないのか?

そうでもありません。

多くの人は『身の丈に合わない生活』をしています。

そうなんです身の丈に合った生活『それに応じた老後資金2,000万円つくりをすればよいのです。

アーリーリタイアし、
バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

40代50代60代の老後生活費はいくら必要?

はっきり言って、死ぬまでの生活コストなんて判りませんよね。
 
そもそも、いつまで生きるかもわからないし、それなのに100歳まで生きる計算でお金貯めて、80歳で死んだらどうすんだよ!なんてね。
 
我が家は、子供が居ない夫婦二人ですので、お互いに死んだらエンドです。どちらかが死んだら、老後の面倒は見てもらえないので、老人ホームに入る予算も考えなきゃいけないねなんて話してます。
 
各家庭には家庭の要件が有るので、自分自身で検討しなければなりませんね。
 
ファイナンシャル・アドバイザーに任せればいいじゃん!って思いますよね。
 
でも、彼ら彼女らは『資産運用』してもらうためにアドバイスするので、いらない投資信託とか生命保険とかおすすめされますよ。
 
最後は、自分で考えて計画する。
 
そう、『自己責任』です。
 
『老後破綻』するのも、『バラ色の老後人生を送る』のも、全てあなたの人生設計次第です!

まとめ:死ぬまでにいくら必要?

  1. 年間の生活コストを詳細まで見直す
  2. 親族の平均寿命から自分がいつ頃まで生きるかを推定し、現状から何年生きるかを想定
  3. 年間の生活コスト x (推定寿命 – 現在の年齢)=死ぬまでに必要なコスト
ポイントは3つです。
詳細をご覧になりたい方は、以下をご覧ください!

こんな人に向けて書いてます!

  • 「引退・リタイアまでにいくら貯めればよいの?」と迷っている人
  • 「長生きがリスクだというけどどうやって対応すればよいの?」と悩んでいる人
  • 「老後破産」とかよく聞くけど、どんな人が危ないの?と悩んでいる人、等々

管理人は誰?

自己紹介
他人からは「波乱万丈な人生だね」とよく言われる初めまして、管理人の『バンコクで修業中。』です。新卒で日系大手電機メーカーに就職し、海外営業としてニューヨーク・シンガポール・香港での海外駐在を経験。帰国後、外資系企業へ転職。30代で...
現在は、バンコクでアーリーリタイア生活を送っています。

死ぬまでに必要なコスト=年間の生活コスト x (想定死亡年齢 – 現在の年齢)

例1:月々の生活コストが50万円の40歳は90歳で死ぬまでに2億3千万円必要

現在、月々の生活コストが50万円の人は、年間の生活コストは600万円。簡単ですね。

もし、90歳まで生きる40歳の人なら、600万円x50年で3億円有れば良いことになります。

50万円 x 12ヶ月 x (90歳-40歳)=30,000万円(3億円)

でも、40歳の収入が死ぬまで有る訳でも、40歳の時の住宅ローンの支払い、子供の養育費が死ぬまで続く訳では無いですよね。住宅ローンも、子供の養育費もいつ終わるかわかりますよね、これを計算に入れるのです。

ここでは、仮に50歳で養育が終了、60歳で住宅ローンが終了としました。数値はすべて、仮置きです。

年齢41〜50歳51〜60歳61〜70歳71〜80歳81〜90歳総合計
A. 生活費400万円400万円400万円400万円400万円
B. 住宅ローン100万円100万円
C. 養育費100万円
年間合計600万円500万円400万円400万円400万円
10年間合計6,000万円5,000万円4,000万円4,000万円4,000万円23,000万円

ざっくりと2憶3千万円が必要になります。

例2:月々の生活コストが30万円の40歳は90歳で死ぬまでに1億3千万円必要

住宅ローンも、子供の養育費も考慮しないと。

30万円 x 12ヶ月 x (90歳-40歳)=18,000万円(1.8億円)
年齢41〜50歳51〜60歳61〜70歳71〜80歳81〜90歳総合計
A. 生活費210万円210万円210万円210万円210万円
B. 住宅ローン100万円100万円
C. 養育費50万円
年間合計360万円310万円210万円210万円210万円
10年間合計3,600万円3,100万円2,100万円2,100万円2,100万円13,000万円

養育費も月々50万で暮らす人よりは安くしてますし、生活費を210万円に抑えられるかもわかりません。

この表の利用方法:40代・50代・60代の自分のデータを織り込んで見直すためのサンプル

上記の表は、コストの考え方を示すもので、各個人でデータを入れ替えれば自身のコスト票が出来上がるというサンプルにすぎません。

重要なのは、年間の必要コストをじっくり検討する事

  1. コストを検討すると言う事は、老後、どんな生活をするかを40歳で決めて掛かると言う事
  2. そもそも、現在、収入がいくらで支出がいくら、貯金がいくらかわかっていない人は論外
  3. まずは、現在の収入、支出、貯金額を把握しましょう。

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

セミリタイアしたら、海外でロングステイ

◆ロングステイ希望国2020◆マレーシア14年連続だったけど…

◆ロングステイ希望国2020◆マレーシア14年連続だったけど…
ロングステイ財団が、恒例の『ロングステイ希望国・地域2019』を発表。 マレーシアが14年連続で首位をキープし、われらがタイは9年連続で2位に… ベトナムが初めて7位に登場し、アメリカ本土がトップ10圏外に。 あなたの好きな国は?

◆タイビザ基本情報◆リタイアメント・ロングステイ◆申請方法・書類条件費用◆

◆タイビザ基本情報◆リタイアメント・ロングステイ◆申請方法・書類条件費用◆
タイでリタイアメント・ビザを取りたかったらどうしたら良いと思いますか? 実際にタイで、自分で採った経験のある人のブログを見るのをおすすめします。  : 実は、このブログがそうです! タイでリタイアビザ取得は簡単です。 50歳以上で80万バーツの預金を準備できれば問題ありません。

◆悲報!マレーシアから一斉帰国◆MM2H改悪,月収条件100万円

◆悲報!マレーシアから一斉帰国◆MM2H改悪,月収条件100万円
日本人のロングステイ希望国人気No.1、マレーシアは外国人を締め出すつもりか? MM2Hの取得条件が大幅に改悪、定期預金は約2,600万円、収入月額100万円に… 新規条件は2021年10月以降の新規申請、延長申請(条件は1年間の猶予)から適用。

『ゆたかな老後』の気になる記事をチェック!

◆ゆたかな老後◆あなたの死ぬまでの老後生活費はいくら必要?

◆ゆたかな老後◆死ぬまでの生活費はいくらかを理解するのが第一歩
【死ぬまでに必要なコスト】 1. 年間の生活コストを詳細まで見直す 2. 親族の平均寿命から自分がいつ頃まで生きるかを推定し、現状から何年生きるかを想定 3. 年間の生活コスト x (推定寿命 - 現在の年齢)=死ぬまでに必要なコスト

◆ゆたかな老後◆え?アーリーリタイアに1億円じゃ足りないの?

◆ゆたかな老後◆え?アーリーリタイアに1億円じゃ足らんの?
憧れのアーリーリタイア、でも、現実的に可能なのか?いくら必要なのか? アーリーリタイアするのに1億円でも足りないという人がいるけど、どんな生活をする気なの? 現在の資産、リタイア後に必要なコストがわかれば、いくら準備すれば良いか明確!

◆ゆたかな老後◆50代のこんな人は狙われるから投資はやめとけ!

◆ゆたかな老後◆50代こんな人は損するから投資はやめとけ!
老後資金2000万円問題が炎上しても取り巻く環境が状況が好転するわけもなく… 巷で話題となっていなくても、老後資金に不安を抱えながら生きる人々は多い。 そんな時に優しい言葉で『絶対安心』『絶対儲かる』などと言葉をかけてくる奴がいたら…

老後資金作り:資産運用に困ったら?

◆貯める資産運用◆投資初心者にロボットアドバイザーがおすすめ!

◆貯める資産運用◆投資初心者にロボットアドバイザーがおすすめ!
老後資金の運用に困っている人いませんか? 銀行預金しかしてこなかった人にいきなり資産運用しろと言われても… そんなあなたには『ロボットアドバイザー』がおすすめ! あなたのリスク許容度に適したポートフォリオを提案、自動運用してくれるシステム!

◆貯める資産運用◆iDeCo(個人型確定拠出年金)始めてみた…

◆貯める資産運用◆iDeCo(個人型確定拠出年金)始めてみたよ
iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて2002年から運用開始した私的年金制度。 国民年金(+厚生年金)に上積みして、自分の意思で拠出金を自分で運用する資産形成制度。 運用益が非課税、掛金が所得控除の対象などのメリットもあるが元本保証ではない。

◆貯める資産運用◆NISA(ニーサ)で小額投資利益が非課税!

◆貯める資産運用◆つみたてNISA(少額投資非課税)始めました
NISAは、2014年開始の株式や投資信託から得られた利益が非課税になる制度。 NISAには、一般NISAとつみたてNISAがあり、年間投資額上限、非課税期間が異なる。 人生後半に差し掛かった40代、50代はNISAをどのように活用して老後資金を運用するか…

◆増やす資産運用◆仮想通貨急落で買い時:コインチェック一択

◆老後資金作り:仮想通貨急落で買い時◆コインチェック一択
仮想通貨に興味を持ちながら手を出せないうちに価格が高騰して後悔している人は多い。 ビットコインの価格が700万円を超えた辺りから、米中の取引規制が強化され価格急落。 これを仮想通貨の終わりと捉えるか、あるいは買い時と捉えるかが勝負の分れ目…

GMOコイン

おすすめネット証券7社比較

株式の取引を始めるなら、100円から始められるネット証券がおすすめです。総合証券会社と比較すると手数料が格安になっています。
 :
管理人は、以前購入した株は野村証券に保管していますが、最近はネット証券が中心です。

2021年09月現在

証券会社
公式サイト
1約定あたりの手数料(成行)サービス
~20万円~50万円~100万円NISAIPO投資
信託
SBI証券115円275円535円
楽天証券115円275円535円
松井証券 0円0円1,100円
マネックス証券198円495円1,100円
GMOクリック証券 107円265円479円X
LINE証券198円484円869円XX
PayPay証券1,100円2,750円5,500円