◆タイ入国:政府観光局◆最長270日間の特別観光ビザを政府に提案

この記事は 約4 分で読めます。

2020年10月15日追記:
東京のタイ王国大使館が、特別観光ビザ(STV)の申請方法を公開しました。
◆タイ入国:特別観光ビザ(STV)◆タイ大使館が申請方法を公開
東京のタイ大使館が、特別観光ビザ(STV)の申請方法を公開。 14日間の強制隔離、10万米ドルを補償する医療保険などの必須条件は変更なし。 日本は『低度感染危険国』認定。2021年9月30日までの期間限定措置。

タイ政府観光局(TAT)が、政府に最長270日間『特別観光ビザ』を提案。
これまでのグループ同様に入国までのプロセスを踏み、14日間の検疫も必須。
早急に海外から観光客なければ、2年連続で壊滅的な結果を招きで雇用が守れないと…
タイ政府は緊急事態宣言を5度 9月末まで延長し、海外からの新型コロナの流入を阻止すべく、強硬に海外からの外国人の入国を制限しています。
 :
さらに、5月末から続いた国内での新規感染者ゼロが、100日に途絶えることとなり、さらに神経質になる状況。
 :
タイ政府観光局(TAT)は、これ以上、海外からの観光客の入国がなければ、2年連続で観光業界に壊滅的な結果を招き、観光業回の雇用を守れないと、新たな施策を提案…

◆速報◆タイ入国:特別便◆増便9月20日+27日、順次受付開始

◆速報◆タイ入国:特別便◆増便9月20日+27日、順次受付開始
東京のタイ王国大使館が、9月の外国人の特別便情報を更新。 日本人が入国を希望する場合は、タイ大使館による特別便の割当が必要。 9月20日(日)、27日(日)の便が追加された。9月20日、24日の予約受付予定。

◆タイ入国:プーケットモデル◆プラユット首相賛成でも専門家+住民は…

◆タイ入国:プーケットモデル◆プラユット首相賛成でも専門家+住民は…
外国人観光客受入再開へのトライアル『プーケット・モデル』への賛否が紛糾。 プラユット首相は経済再生目的での開国に賛成も、専門家やプーケット住民による反対が。 観光収入は、タイのGDPの18.6%を占め、早期の観光業再開が待たれるが…

◆速報◆タイ入国:長期滞在者と永住者◆CCSAが入国許可グループに推奨か

◆速報◆タイ入国:長期滞在者と永住者◆CCSAが入国許可グループに推奨か
タイの新型コロナ管理センター(CCSA)長官が、長期滞在者と永住者を次のタイ入国許可のグループに推奨すると発言。高い購買力を持つことが推薦の理由。14日間の検疫隔離は必須。 今後、政府の承認プロセスに掛かるのかは、現時点では未定。

Special visa eyed to serve long-staying travelers

記事引用先:Bangkok Post

The Tourism Authority of Thailand (TAT) plans to submit to the cabinet a “special tourist visa” scheme for approval, targeting long-staying travellers with the lengthiest period extending to 270 days.

タイ政府観光局(TAT)は、内閣に承認のための「特別観光ビザ」スキームを提出する予定。最長期間が270日である長期滞在の旅行者を対象とする。
The new visa, with a 90-day length of stay and two extensions available for 90 days each, would be issued to those who agree to be kept in 14-day quarantine at a certified alternative state quarantine (ASQ) hotel or villa, according to the TAT.
新しいビザは、90日間の滞在期間と2回の延長がそれぞれ90日間利用可能で、認定された検疫ホテル(ASQ)またはヴィラで14日間の検疫に留まることに同意した人に発行されます。 
The applicant must show evidence of a booking payment, strictly follow screening measures and meet the same requirements as previous groups that were allowed to enter, such as Covid-free certificate, insurance and undergoing several tests.
申請者は、これまで許可されたグループ同様に、厳格な審査基準に従い、陰性証明書、保険、いくつかのテストを受けるなど、同じ要件を満たす必要があります。

読んだよのクリックが励みになります!

👇不労所得におすすめ👇

マネースクエア
クラウドバンク

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:隔離免除◆接種/陰性証明,保険5万$,6~8便/日
タイ外務省は、2021年11月1日から入国隔離免除になる日本を含む46カ国を発表。 : 対象国からの渡航者はワクチン接種証明、陰性証明、5万ドル保証の医療保険の提示必要。 : 2020年の経済成長率はマイナス6.1%、GDPの2割を占める観光業への期待は大きい。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?