... ...

◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆

この記事は 約5 分で読めます。

CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。

2019年10月6日追記:
コメントをたくさん頂いたので『タイの『不敬罪』に変化の兆し?2019年は逮捕者が出ていないのはなぜか?』を掲載いたしました。後程ご覧ください。
念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。
 :
一般庶民の我々には想像もつかない金額が飛び交っていますが、タイは格差社会で富裕層のお金持ちは半端ないです・・・
タイは格差社会が長く続く!

タイは日本とは税制も違い、格差が縮小することは難しいとされています。

◆タイの格差社会◆貧富の差が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会だ。 しかもその格差が縮小することはなく続くと思われる理由がある... タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税! ・タイは相続税が『ほぼゼロ』 ・タイは固定資産税が『ほぼゼロ』

 

タイで最も裕福な国会議員は資産200億円!

先日もタイの下院議員の資産公開が実施され、実業家のタナトーン氏が約200億円の資産を保有することが公開されました。彼もタイの有力企業の御曹司で富裕層の星です。

バンコクタイムズ:タイで最も裕福な国会議員は資産200億円!新未来党の民主化の星タナトーン!
タイの腐敗防止委員会(NACC)が、80名の国会議員の資産を公開した。 裕福な国会議員が多い中、56億タイバーツ、約200億円の資産を持つタナトーン氏! タイで最も裕福な国会議員は資産200億円!新未来党の民主化の星タナトーン!

 

タイ国王(ラマ9世)、世界で最も裕福な王族に フォーブス誌:

2008年にもForbes氏が、先代のラマ9世が資産350億ドル(約3兆8千億円)で、世界で最も裕福な王族と報告されています。

タイ国王、世界で最も裕福な王族に フォーブス誌
【8月22日 AFP】米経済誌「フォーブス(Forbes)」は21日、世界で最も裕福な王族に推定資産350億ドル(約3兆8000億円)でタイのプミポン・アドゥンヤデート(Bhumibol Adulyadej)国王(80)を選出した。
 

タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍

記事引用先:CEO Magazine

This is the richest royal in the world – he’s worth 80 times more than Queen Elizabeth II

With an estimated net worth of US$43 billion, Thailand’s King Maha Vajiralongkorn, officially known as King Rama X, is the richest royal in the world.
Meanwhile, Sultan Hassanal Bolkiah, of Brunei, comes in a distant second with a total wealth valued at US$28 billion.
The third richest royal is from the Middle East. The wealth of King Salman bin Abdul Aziz al-Saud, from Saudi Arabia, is valued at around US$18 billion, followed by Sheikh Khalifa bin Zayed al-Nahyan, of Abu Dhabi in the United Arab Emirates (US$15 billion), King Mohammed VI, from Morocco (US$8.2 billion); and Prince Hans-Adam II, of Liechtenstein (US$7.2 billion).

  1. King Maha Vajiralongkorn, Thailand: US$43 billion
  2. Sultan Hassanal Bolkiah, Brunei: US$28 billion
  3. King Salman bin Abdul Aziz al-Saud, Saudi Arabia: US$18 billion
推定430億米ドルの純資産で、タイのマハ・ワチラロンコン国王(正式にはラマ10世と呼ばれる)は世界で最も豊かな王室です。
次のブルネイのスルタン・ハッサナール・ボルキアは、総資産が280億米ドルですが離された2位です。
3番目に裕福な王室は中東出身です。サウジアラビア出身のサルマン・ビン・アブドゥル・アジズ・アル・サウド王の富は約180億米ドルと評価されており、続いてアラブ首長国連邦のアブダビのシェイク・ハリファ・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤン(150億米ドル)、モハメッド王VI、モロッコから(82億米ドル); リヒテンシュタインのハンス・アダム2世王子(72億米ドル)。

When you think of royalty, you think of the British royal family – but in reality their wealth actually pales in comparison to some of the other royals around the world. Believe it or not, Queen Elizabeth II is worth US$520 million. Prince Charles is worth US$400 million.

王族のことを考えると、イギリスの王室を思い浮かべますが、実際には、その富は実際には世界中の他の王室の一部と比べて見劣りします。信じられないかもしれませんが、エリザベス女王2世は5億2000万米ドルの価値があります。チャールズ皇太子の価値は4億米ドルです。

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会◆貧富の差が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会だ。 しかもその格差が縮小することはなく続くと思われる理由がある... タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税! ・タイは相続税が『ほぼゼロ』 ・タイは固定資産税が『ほぼゼロ』
◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん!
タイには約45万人のHIV感染者がいると推定されている。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

ブログの更新をメールで受け取れます!

3,482人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。