◆速報◆タイ入国:特別便◆増便9月20日+27日、順次受付開始

この記事は 約2 分で読めます。

東京のタイ王国大使館が、9月の外国人の特別便情報を更新。
日本人が入国を希望する場合は、タイ大使館による特別便の割当が必要。
9月20日(日)、27日(日)の便が追加された。9月20日、24日の予約受付予定。

◆速報◆タイ入国:特別便◆9月10日、11日、17日、18日、24日、25日

◆速報◆タイ入国:特別便◆9月10日、11日、17日、18日、24日、25日
東京のタイ王国大使館が、8月27日、9月の外国人の特別便情報を公開。 日本人が入国を希望する場合は、タイ大使館による特別便の割当が必要。 9月10日、11日、17日、18日、24日、25日のフライトが確定している。

◆タイ入国:プーケットモデル◆プラユット首相賛成でも専門家+住民は…

◆タイ入国:プーケットモデル◆プラユット首相賛成でも専門家+住民は…
外国人観光客受入再開へのトライアル『プーケット・モデル』への賛否が紛糾。 プラユット首相は経済再生目的での開国に賛成も、専門家やプーケット住民による反対が。 観光収入は、タイのGDPの18.6%を占め、早期の観光業再開が待たれるが…

◆速報◆タイ入国:長期滞在者と永住者◆CCSAが入国許可グループに推奨か

◆速報◆タイ入国:長期滞在者と永住者◆CCSAが入国許可グループに推奨か
タイの新型コロナ管理センター(CCSA)長官が、長期滞在者と永住者を次のタイ入国許可のグループに推奨すると発言。高い購買力を持つことが推薦の理由。14日間の検疫隔離は必須。 今後、政府の承認プロセスに掛かるのかは、現時点では未定。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?