◆パウエル議長はタカ派?ハト派?◆FOMC投票権メンバーは?

この記事は 約4 分で読めます。

FOMCは米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長ら7人の理事と、輪番で毎年交代する地区ごとの連邦準備銀行総裁5人の計12人が投票権を持ち、多数決で金融政策を決定する。
:
議決を左右する投票権を持つメンバーのタカ派、ハト派割合が気になる…

 

連日、米国の金利上げ議論の中心になっているのが『FOMC』ですが、そもそもFOMCとは?

FOMCとは?

FOMCとは、Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略です。
アメリカの政策金利などの重要な金融政策を決定する会合のことです。アメリカの金融政策はマーケットに与える影響が大きく、市場関係者の予想との乖離があれば株式市場や為替市場が大きく変動することもあるため、多くの投資家から注目されています。

FOMCで重要な金融政策が決定されるのはわかったけど、それはいつ開催されるの?
FOMC:2022年開催日程
開催回開催日
第1回1月25日・26日
第2回3月15日・16日
第3回5月3日・4日
第4回6月14日・15日
第5回7月26日・27日
第6回9月20日・21日
第7回11月1日・2日
第8回12月13日・14日

先日、超タカ派のセントルイス連銀のブラード総裁の発言が注目されていましたが、FOMCメンバーのタカ派、ハト派は誰なのか?そもそも、タカ派・ハト派とは?

タカ派?ハト派?

もともとは政治の世界で使われていた用語で、タカ派は強硬派、ハト派は穏健派と言えます。
金融政策面では、ハト派は金融引締(利上げ)政策寄り、ハト派は金融緩和(利下げ)政策寄りです。

では、現在のFOMCメンバーはタカ派なの?ハト派なの?

FOMC Hawks, Doves and Voters
FOMCメンバーのタカ派、ハト派をマップしています。
最上位が最もハト派で、最下部が最もタカ派です。
右の部分が、各メンバーの投票権の有無です。

出所:https://www.itcmarkets.com/hawk-dove-cheat-sheet-2/#post/0

ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が、最もハト派と見られています。
パウエル議長は、中段に位置したタカ派寄りです。
 

FOMCメンバー 8人の中でタカ派優位に 明確なハト派は1人のみ

出所:https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20220308/se1/00m/020/021000c

金融市場では、2022年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つメンバーの構成が、顕著にタカ派寄りになったとの見方が多い。FOMCは米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長ら7人の理事と、輪番で毎年交代する地区ごとの連邦準備銀行総裁5人の計12人が投票権を持ち、多数決で金融政策を決定する。その顔触れは今後の金融政策に大きく影響する。
 22年のFOMCに参加する地区連銀総裁は、ハト派とみられたシカゴ連銀のエバンズ総裁やサンフランシスコ連銀のデイリー総裁が退出し、かねてタカ派とされるメスター(クリーブランド連銀)、ブラード(セントルイス連銀)、ジョージ(カンザスシティー連銀)の各総裁が加わった。また、投票権を得るはずのボストン連銀総裁が空席のため、同じ輪番グループに属するフィラデルフィア連銀のハーカー総裁というタカ派が暫定的に投票権を得ている。
 常に投票権を持つFRB理事は、ハト派とされたクラリダ氏が退任したことで、定員7人のうち4人のみの在籍となっており、地区連銀総裁(常に投票権を持つニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁を含む5人)に、タカ派とされるウォラー理事(セントルイス連銀出身)も加えると、現在正式に投票権を持つ8人の中ではタカ派の数的優位が目立っている。

▼FIRE資産運用▼

◆2017年億る▶︎家族持ちFIRE▶︎海外へ
◆資産:ドル、米株、FX、BTC
◆海外経験:NY、SGR、HK、BKK

★この記事が気に入ったら、フォローしよう★
  • FIRE後のポートフォリオ・出口戦略(終活)策定中!
  • トラリピの利益30万円/月を投資信託+BTCに再投資!
海外生活資金『金融資産の25%は米ドル建』(定期、年金保険、貯蓄型保険)
不労所得作り『トラリピ0.5億円運用』毎月30万円配当金
老後資金作り『S&P500+オルカン:iDeCo+NISA+α』毎月27万円積立中
夢作り『コインチェックでビットコイン積立』毎月3万円積立中
バンコクと横浜に不動産を所有。
●不労所得作り『トラリピ』 3つのプラン
プラン期間
(週)
通貨
ペア
資金
(万円)
累積利益
(万円)
利益率
(%)
毎月30万円
不労所得トラリピ

15AUD/NZD3,100-211.3-19.4%
15USD/CAD1,500193.147.1%
スイングUSD/JPY-202.1-
100万円で始める
不労所得作り
14USD/CAD10012.147.6%
主婦のへそくり37AUD/NZD504.112.2%
合計--4,750
万円
200
万円
4,950
万円
マネースクエア:トラリピの良いところは、金額にかかわらず同じ設定だと同じ運用効率が期待できることです。

読んだよのクリックが励みになります!

1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

『FIRE資産形成』最新記事はこちら

◆100万円で始める不労所得トラリピ:第12週◆利益率43.8%
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピで3つのプランを運用中(0.5億円)。 『100万円で始める不労所得トラリピ』は初心者にも安心な『USD/CAD:トラリピHalf & Half戦略』を採用。 現在、利益率43.8%で好調持続中。
◆毎月30万円の不労所得を作る資産運用:第14週は爆益35万円
バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作り『米国株積立:毎月27万円』不労所得作りに『トラリピ:0.5億円』運用中。 毎月30万円の不労所得を目指し、今週は爆益35万円❗️ 節目のFOMC経過、ターミナルレートの上振れが暗雲に…
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!