◆米国株下落+円安でもS&P500積立投資を続けるべきか?

この記事は 約5 分で読めます。
 

米国株が下落しているのに、20年ぶりの円安なのに、米国株(S&P500)インデックス積立を続けても良いのかと悩む投資家は多い。

S&P500はこれまで右肩上がりだったけど、過去は未来を保証してくれない。

毎月30万円S&P500インデックス積立を継続する管理人が自分を納得させるために…

 

連日の米国株下落報道に心を痛める、S&P500インデックス積立をメインに運用する管理人です。

2022年に入ってからは、一時137円をつける24年ぶりの円安を記録しています。

本当に、米国株式に投資して良いのかと自問自答する『米国株インデックス』投資家も多いと思います。

MONEY PLUSで気になる記事を見つけました。

出所:円安でもS&P500への積立投資を続けるべき?

ポイントはこちらです。

  • 円安・円高関係なく海外投資を続けるべき
  • 米国株『S&P500』に投資を続けるべき
  • 長期視点で時間を味方につけ、ドルコスト平均法で

 

【結論】為替レートは気にする必要はない

記事では、為替レートは気にする必要はないと結論づけています。

為替レートは、日々上下に変動しています。リーマンショック発生後の2008年9月以降のドル/円の為替レートと、米国市場の値動きをもとに算出されるS&P500の動きは、次のようになっています。

ドル/円の為替レートとS&P500の推移(2008年9月~2022年5月)


出所:Investing.comのデータをもとに(株)Money&You作成

たしかにリーマンショック以降、円安局面でもS&P500は関連性はなさそうです。

 

リーマンショックからS&P500に月1万円ずつ投資した場合


出所:Investing.comのデータをもとに(株)Money&You作成

2022年5月時点の資産総額は約504万円。積立元本165万円の3倍以上に増えていることがわかります。2014年11月~2016年1月の円安だった期間も、資産が減るような事態にはなっていません。さらに、リーマンショックだけでなく、コロナショックの下落も、短期間で乗り越えています。長期間の積立投資によって、着実に資産を増やせています。

開始地点をリーマンショック後のS&P500の直近でも最下点から開始しているので、上がるのは当たり前ですが、円高・円安に関わらず収益を上げているようです。

 

円安・円高関係なく海外投資を続けるべき

為替レートが円安になると、円建ての資産の価値が下がる一方で、海外の資産の価値は上がります。円安とドル高はセットで起こります。ドルに限った話ではありませんが、海外の資産を持っているのであれば、円安が進むことで資産が増える(為替差益が得られる)ことになるので、投資を続けても問題ないでしょう。
さらに、もしも今後円高の局面がやってきたときにも、長期積立投資を続けていれば、海外資産を安く(多く)買い付けることが可能。そうすることで、平均購入単価が引き下げられますので、その後値上がりしたときに得られる利益も大きくなります。また、円安局面を迎えたときには為替差益を得ることもできるようになります。

長期投資前提のS&P500インデックス積立投資にとっては、

  • 円安なら海外資産価値が上がる
  • 円高なら安く買いつけられる

どちらに転んでも美味しいということですね。

まあ、S&P500インデックス積立を始めたばかりの人にとっては、株価下落で評価損が下がっていくのは心臓に良くありませんが、なが〜〜〜い目でみてね。

『人生、谷あり谷あり』だと困りますが『山高ければ、谷深し』と良い時もあれば悪い時も交互に訪れます。

 

米国株「S&P500」に投資を続けるべき?

そもそも、S&P500に投資を続けるべきかが問われると思いますが、米国株が値上がりする理由を5つ挙げています。

  • 米国株が値上がりする理由1:米国は世界最大の経済大国であり続けるから
  • 米国株が値上がりする理由2:「高配当銘柄」「連続増配銘柄」が多くあるから
  • 米国株が値上がりする理由3:世界的な大企業がたくさんあるから
  • 米国株が値上がりする理由4:優秀な経営者が多いから
  • 米国株が値上がりする理由5:株式市場のスケールが大きいから

たしかに、リストアップされるとわかりやすいですね。

でも、管理人が納得したのはじっちゃまの解説でした。

じっちゃま
じっちゃま
アメリカのサラリーマンは、入社と同時に401Kに加入する。社員が積立するのと同額を企業が拠出し、それがズンズンズンズンと株式市場に流れ込む。

アメリカ人の金融知識はそんなに高くないけど、株式投資している認識もなく資産運用をしていて、引退するときに大きく育っている。内容を入力してください。

景気が悪くなろうが、良くなろうが401Kの投資は株式市場にズンズンズンズンと流れ込むわけですから、株価を下支えするわけですよ。

 

市場の値下がりにはどう対処したらいい?

値下がり局面がやってきても、これまで同様、長期積立投資を続けていきましょう。値動きのある商品を一定額ずつ積立購入すると、徐々に商品の平均購入単価を下げられる「ドルコスト平均法」の効果が得られます。商品の平均購入単価を下げられれば、少しの値上がりでも利益を出せるようになります。

長期投資が前提ですのだ、下落局面でも上昇局面でも『コツコツ』『粛々』と積立すれば『ドルコスト平均法』の効果を得られるので、気にするなということです。

さあ、あなたは納得できましたか?

日々のマーケットに上げ下げに一喜一憂せず、粛々とS&P500インデックス積立を続けましょう!

読んだよのクリックが励みになります!

1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

 

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

『FIRE資産形成』最新の記事はこちら

◆個人投資家が法人を設立するメリットは?◆FIRE資産形成
リタイア後の生活費を資産運用するFIRE・ハッピーリタイア組にとっては増税は悩みの種。 個人投資家が法人を設立して、社会保険料や税金を節約できれば嬉しいけど… 資産管理会社とかマイクロ法人とかメリット有るの?
◆不労所得が月平均60万円で1年経過◆FIRE資産トラリピ
管理人の資産運用は『S&P500積立毎月30万円』をベースに、不労所得獲得のためマネースクエア:トラリピで『0.55億円』を運用中。 運用開始からほぼ1年経過、累積利益772万円、月間平均利益60万円。 FIRE生活には十分だと思いませんか?
◆毎週15万円収益で50週間経過◆FIRE支える不労所得トラリピ
管理人の資産運用は『S&P500積立毎月30万円』をベースに、不労所得獲得のためマネースクエア:トラリピで『0.55億円』を運用中。 運用開始から50週間を経過、累積利益771万円、週間平均利益15万円。 FIRE生活には十分だと思いませんか?
◆次の買い場を待てない人の資産運用◆不労所得トラリピ:47週
リセッションが近づき、次の買い場到来を待てとの消極的な意見が目につく。 チャンスに買い迎えるように現金比率を上げろという人も。 管理人は相場に左右されない米国株積立をメインに、トラリピで『0.55億円』を運用中。
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!
◆はじめてのトラリピ◆100万円を利益率20%で10年運用したら?
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 少額の売買利益をコツコツと貯める仕組みなので長期投資が必須!

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

トラリピ®とは「トラップリピートイフダン®」という注文方法の略称です。

マネースクエア社が特許を取得したFXの自動売買の仕組みで『安定した収益確保』が魅力です。