◆シスコに転職したら4,000株ストックオプション:天国から地獄

この記事は 約10 分で読めます。

バンコクで修業中(@lukehide)は海外駐在から帰国しシスコ($CSCO)に転職。
:
ITバブルのお陰で年棒は1.5倍、4,000株のストックオプションのオファー。
:
時価総額世界一を記録した最高値82ドルから一転、バブルが弾け8ドルまで暴落。

現在の米国株マーケットは、あの時と同じにおいが…

 

管理人は、ITバブルの時代にシスコシステムズ($CSCO)で働いていました。

ニューヨーク、シンガポール、香港での海外駐在を経て、帰国後に転職しました。大手電機メーカーの通信機器の海外営業で英語も問題なかったので、意外にあっさりと入社できました。

◆2017年、家族持ちFIRE
◆資産:米ドル、投資信託、FX、BTC
◆不動産:横浜とバンコクに持ち家
◆海外経験:NY、SGR、HK、BKK

★この記事が気に入ったら、フォローしよう★

 

当時のシスコは『ITバブルの主人公』のように株価は高騰し、一時期、時価総額世界一の座を獲得しました。

朝のルーチンは株価チェック

当時の同僚の多くは、出社すると最新の株価をチェックしてその値をExcelに入力しては、パソコンの画面に向かって満面の笑み。

シスコの株は、過去9回の株式分割もあり、倍々ゲームに期待がぐんぐん膨らむ、ぐふふふ🤑

資産チェック:株価80ドル

株価 $80 x ストックオプション 4,000株 x ¥130/$ = 4,160万円

しかし、2000年3月、市場回復までに13年を要したと言われる『ITバブルの崩壊』が始まりました。

NASDAQ指数は、絶頂の5,048から1,000台に下落しマーケットは気絶😭

あれよあれよと言う間にシスコの株価は下がり、一時期82ドルをつけた最高値もあっという間に10分の一以下の8ドルに急落…

資産チェック:株価8ドル

株価 $8 x ストックオプション 4,000株 x ¥130/$ = 416万円

その頃には、株価をチェックする社員は一人も居なくなりましたとさ、チャンチャン🤣

 

当時を思い出したよ…

2022年05月19日、決算を発表したシスコの株価が急落し、一瞬、当時を思い出しました。

ストックオプションの4,000株は、結局、権利を行使できませんでした。

権利行使価格は忘れましたが、入社時の価格で設定されていたので、バブルが崩壊した後では行使価格を超える事なく…

私の4,000株は、バブルと共に消えていきました。

ちなみに、勤続中は持株会制度でMax購入設定していたので、暴落した株をドルコスト平均法で仕込めました。

これはITバブル崩壊の再来だ…世界中が「米国のインフレ退治の成否」に固唾を呑むワケ

President Online

0.50ポイントの利上げは22年ぶりだ。その22年前は、0.50ポイント利上げの後、2000年9月に“インテルショック”が起き“ITバブル(株式のバブル)”が崩壊した。0.50ポイントの追加利上げは、株価の大幅下落を想起させる。1990年代以降のFRBの金融政策を振り返ると、利上げ局面の初期段階では0.25ポイント程度のペースで政策金利が引き上げられた。終盤に差し掛かると0.50ポイントなど大幅な追加利上げが実施された。

シスコ株急落、5-7月は減収見通し-中国ロックダウンや戦争が重し

Bloomberg 2022年05月19日

ネットワーク機器メーカー最大手の米シスコシステムズ株価が18日の時間外取引で一時19%下落した。5-7月(第4四半期)の売上高が減少する見通しを示したほか、通期見通しも下方修正した。中国のロックダウン(都市封鎖)やウクライナでの戦争に伴う混乱を理由に挙げた。

⭕️クリックで応援👉にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

トラリピ世界戦略

インターネットバブルの崩壊

日本で言うところのITバブルの崩壊を覚えている人も多いと思います。

当時、日本のIT大手と言われていた富士通の株価が100円近くまで下落したのを覚えています。

ウィキペディア (Wikipedia):

インターネット・バブルInternet bubble)とは、1990年代前期から2000年代初期にかけて、アメリカ合衆国の市場を中心に起こった、インターネット関連企業の実需投資や株式投資が、実態を伴わない異常な高値になったことである[1]
ハイテクバブル[2]ITバブルとも呼ばれるが、英語では「(ドットコム・バブル)」と言う[3]

NASDAQ指数は、5,048から1,000台に下落

株価

通信関連銘柄が多いNASDAQナスダック総合指数は、1996年には1000前後で推移していたが、1998年9月に1500を、1999年1月には2000を突破し、2000年3月10日には絶頂の5048を示現した。同様の傾向はアメリカの株式市場だけでなく、ヨーロッパやアジアや日本の株式市場でも見られた。
このような中で、株式を公開したベンチャー企業創業者は莫大な富を手にし、シリコンバレーを中心に、ベンチャー設立ブームに拍車をかけた。アメリカ合衆国ではドットコム・ブーム、またはドットコム・バブルと呼ぶ。
当時アメリカの経済学者は、このような現象を「ニューエコノミー」としてもてはやしたが、その後、連邦準備制度理事会の米ドル利上げを契機に、株価は急速に崩壊し、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件もあって、2002年には1000台まで下落した[5]

バブル崩壊は2000年3月11日に始まり、2年超にわたって続いた。ワールドコムやペッツ・ドット・コムといった投資家の人気を集めていた企業の破綻につながり、米株市場は回復に13年超を費やすことになった。

▶︎米ドットコムバブルのピークから間もなく20年、現在との類似点も

シスコシステムズの株価

なんか、ジェットコースターに乗っていた気分でした。

株価サマリー

最高値・最安値
  • 株価最高値:$82.00(2000年)
  • 株価最安値:$08.12(2002年)
年間騰落率
  • 株価高騰:+150%(1998年)
  • 株価下落:-53%(2001年)

株価推移(1995~2021)

始値 高値 安値 終値 前年比 前年比% 売買高(株)
2021 44.31 64.29 43.35 63.37 +18.62 +41.6 4,903,532,119
2020 48.06 50.28 32.40 44.75 -3.21 -6.7 6,333,180,918
2019 42.28 58.26 40.96 47.96 +4.63 +10.7 5,190,862,380
2018 38.67 49.47 37.35 43.33 +5.03 +13.1 6,203,070,700
2017 30.37 39.00 29.80 38.30 +8.08 +26.7 5,074,191,315
2016 26.39 31.95 22.46 30.22 +3.07 +11.3 6,254,315,158
2015 27.86 30.31 23.03 27.16 -0.66 -2.4 6,829,953,940
2014 22.17 28.59 21.27 27.82 +5.39 +24.0 8,276,683,283
2013 20.12 26.49 19.98 22.43 +2.78 +14.2 9,857,779,941
2012 18.55 21.30 14.96 19.65 +1.57 +8.68 10,439,006,668
2011 20.45 22.34 13.30 18.08 -2.15 -11 17,215,150,204
2010 24.11 27.74 19.00 20.23 -3.71 -15 15,116,839,315
2009 16.41 24.83 13.61 23.94 +7.64 +46.9 12,709,721,587
2008 27.00 27.72 14.20 16.30 -10.77 -40 15,584,911,801
2007 27.46 34.24 24.82 27.07 -0.26 -1.0 13,527,787,590
2006 17.21 27.96 17.10 27.33 +10.21 +59.6 13,256,518,298
2005 19.42 20.25 16.83 17.12 -2.20 -11 14,047,802,692
2004 24.36 29.39 17.53 19.32 -4.91 -20 13,826,425,051
2003 13.11 24.60 12.33 24.23 +11.13 +85.0 14,426,062,624
2002 18.44 21.84 8.12 13.10 -5.01 -28 19,738,578,410
2001 38.13 44.50 11.04 18.11 -20.14 -53 21,024,562,000
2000 54.97 82.00 35.16 38.25 -15.31 -29 13,954,046,000
1999 23.63 53.59 22.47 53.56 +30.36 +131 12,348,959,200
1998 9.44 24.44 8.58 23.20 +13.91 +150 16,010,998,000
1997 7.07 10.10 5.03 9.29 +2.22 +31.4 23,706,010,500
1996 4.14 7.68 3.55 7.07 +2.92 +70.5 18,043,200,000
1995 1.94 4.97 1.80 4.15 +2.19 +112 19,478,484,000

出典: https://us.kabutan.jp/stocks/CSCO/historical_prices/yearly

 

ストックオプションとは?

ストックオプションとは、株式会社の従業員や取締役が、自社株をあらかじめ定められた価格で取得できる権利。

会社が従業員や取締役に対して、あらかじめ定められた金額(権利行使価格)で、会社の株式を取得できる権利を付与。従業員や取締役は、将来、株価が上昇した時点でストックオプションの権利を行使。その時点で、会社の株式を権利行使価格で取得し、その後、時価で株式を売却。

権利行使価格と株価上昇分の価格との差が、利益として得られるという報酬制度。従業員や取締役への報酬額が、その会社の業績向上による株価上昇と連動。そのため、ストックオプションの権利を付与された側にとっては、業績向上したときの、実質上のインセンティブに。

出典:https://www.smbc-card.com/hojin/magazine/bizi-dora/finance/stockoption.jsp

 

管理人のつぶやき

当時は、米国株には興味がなかったので『ストックオプションあるんだ、ラッキー♪』程度にしか感じませんでした。

ただし、創業当時からシスコに入社していた人たちは、あっという間にマンションが立ちました。

株式分割を繰り返した上に、行使価格も低かったので、バブル期に権利を行使した億り人はあちこちにいました。

シスコ以降も外資系ITを渡り歩きましたが、こんな天国と地獄を味わうことはありませんでした。

 

⭕️クリックで応援👉にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

『FIRE資産形成』記事はこちら

令和のミスター円:神田財務官退任で円安加速!【トラリピ世界戦略:82週目】
財務省は『令和のミスター円』神田財務官の退任を発表!投機筋は安心して円安は継続🔥 バンコクで修業中(@lukehide)の妻『ひろこ』が資金300万円で『トラリピ世界戦略』運用中。 : ドル円が絡まない #AUDNZD #USDCAD #E...
トラリピ世界戦略で実現する資金効率とリスク分散:マネースクエア
バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作りに『米国株積立:毎月27万円』不労所得作りに『トラリピ:0.54億円』運用中。2022年06月、マネースクエアがトラリピ世界戦略をアナウンス。トラリピ世界戦略で資金効率とリスク分散!
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!

 

タイトルとURLをコピーしました