◆株は米国,為替はオージーキウイ◆不労所得トラリピ:49週

この記事は 約9 分で読めます。


管理人の資産運用は『S&P500積立毎月30万円』をベースに、不労所得獲得のためマネースクエア:トラリピで『0.55億円』を運用中。

景気後退で数年間の米国株価低迷は不可避、その間の機会損失を埋めるのに『トラリピ最強通貨オージーキウイ』がおすすめ!

 

先日、日本に見切りをつけ海外に資本を逃避する『キャピタルフライト』の記事をアップしました。

参考:◆キャピタルフライト?個人マネー8.3兆円海外流出◆S&P500積立◆

黒田総裁は、世間から強く非難されようが、健闘ばかりで何も決めない岸田内閣が黙認する限り円安容認の姿勢を崩さないでしょう。

海外資産も日本円ではなく、米ドルに傾倒しています。

米ドルの金利が1.75 -> 3.00%に上がるのが見込まれれば、ほぼ0%の日本円に投資する人はいませんね。

このてのドル高、円安に関して議論は多く見かけますが、FXで運用しようと言う人は少ないですね。

管理人は、ビジネスマン時代、外国為替や証券・債券などを取引する金融機関のディーラーが使うトレーダーフォンの海外営業をしていました。

その業務上、金融ビジネスには比較的知識と経験がありました。

ニューヨーク駐在時代に資産運用を開始、外国為替(米ドル・香港ドル)、米国株・日本株、投資信託など時間をかけて運用をしてきました。

一方、FXに対しては『短期的に資産を増やす≒短期的に資産を失う』いわゆる、ハイリスク・ハイリターンな投資という認識で、一切手を出したことがありませんでした。

ところが、なぜ、FXの自動売買なら良いと考えたのか?

管理人は、ドル円、ポンド円、ポンドルなどのメジャーな通貨ペアでは運用していません。

運用中の『0.55億円』は全て『トラリピ最強通貨ペア:マネースクエア_豪ドル/NZドル』で運用しています。

このペアに集中投下しようと考えたのは次の3つの理由からです。

豪ドル/NZドルが最強な3つの理由
  1. レンジ相場を形成しやすい
  2. ショック相場の発生源から影響を受けにくい経済圏
  3. 二国間の相場は、両国間の政策金利差にほぼ連動

豪州とNZは同じ経済圏なので為替変動が似通い、トラリピが最高のパフォーマンスを発揮するレンジ相場が続いている事です。

詳細は別途お伝えしますが、2021年8月の運用開始以来の運用実績をご覧いただけると嬉しいです。

▼家族持ちFIREの資産運用▼

◆2017年億る▶︎家族持ちFIRE▶︎海外へ
◆資産:ドル、米株、FX、BTC
◆海外経験:NY、SGR、HK、BKK

★この記事が気に入ったら、フォローしよう★
  • 家族持ちFIRE後のポートフォリオ・出口戦略(終活)策定中!
  • トラリピの利益を米株投資信託+BTCに再投資!
海外生活資金『金融資産25%以上、基軸通貨米ドル建』(ドル定期預金、社債、年金保険、貯蓄型保険)
毎月30万円不労所得作り『トラリピ0.54億円』運用中!
老後資金作り『S&P500+オルカン:iDeCo+NISA+α』毎月27万円積立中!
夢作り『コインチェックでビットコイン積立』毎月3万円積立中!
バンコクと横浜に不動産を所有。
●不労所得作り『トラリピ』 3つのプラン
プラン期間
(週)
通貨ペア資金
(万円)
累積利益
(万円)
利益率
(%)
毎月30万円
不労所得トラリピ

2064,800229.413.1%
100万円で始める
資産形成トラリピ

18USD/CAD10013.543.8%
ひろこの
トラリピ世界戦略
03AUD/NZD
USD/CAD
EUR/GBP
3002.918.0%
合計--5,200
万円
245
万円
5,445
万円
マネースクエア:トラリピの良いところは、金額にかかわらず同じ設定だと同じ運用効率が期待できることです。さらに、初心者でも設定が簡単な戦略リストで安心運用可能です。
▼この記事でみなさんが理解すること▼
  • 株価下落局面でも収益確保【リターン】
  • トレンド相場で発生する評価損の実態【リスク】
  • トラリピに最適なレンジ相場の多い『豪ドル/NZドル』

不労所得トラリピ:週間利益確定

この項目では

毎週月曜から土曜日の朝までの1週間の確定利益、平均利益をトラック。

  • 週間利益:13,143
  • 週平均利益:15.6万円

開始日週間
利益
週利
年換算
3203/07過去最高
944,460
129.9%
4506/06183,07921.9%
4606/1338,5094.9%
4706/2022,9062.7%
4806/2732,2233.9%
4907/0413,1431.8%
週間利益年換算=週間利益➗投下資金 x 55週間
トラリピ
トラリピ
過去最高の週間収益は、2022年03月07日週に記録した『944,460円』

06月06日週、長いトンネルを抜け『0』に終止符を打ちました。
07月04日週もわずかでしたが利益確定しました。
わずかでも収益上がるのは、生きている感じです(^^♪

 

不労所得トラリピ:累積利益

この項目では

2021年08月の運用開始以来の各週の『累積利益・評価損益・合計損益』をトラック。

  • 累積利益:7,673,039円
  • 年換算利益率:18.7%

トラリピ
トラリピ
2021年11月28日週につけていた評価損を一気に決済した翌週からプラスに転じました。以降は合計損益もプラス基調に好転しました。
累積
利益
累積
利益率
年利
換算
評価
損益
合計
損益
2021年
08月
637,4721.59%19.1%-1,000,000-362,528
2021年
09月
650,6671.6%9.8%-1,500,000-849,333
2021年
10月
1,610,4794.0%16.1%-1,952,981-342,502
2021年
11月
2,433,7886.0%18.3%-4,637,190-2,203,402
2021年
12月
3,252,9838.1%17.7%14,7173,267,700
2022年
01月
4,160,05710.4%20.8%-1.284,1682,875,889
2022年
02月
5,303,82413.3%22.7%-1,229,4564,074,368
2022年
03月
7,383,21918.5%27.7%-2,975,8565,532,060
2022年
04月
7,383,21917.2%24.2%-8,904,602-1,521,383
2022年
05月
7,383,21916.1%20.1%-14,800,978-7,417,759
4506/067,566,29816.4%20.1%過去最悪
-15,334,493
-7,768.195
4606/137,604,80716.5%19.8%-10,952,738-3,347,931
4706/207,627,71316.6%19.4%-11,163,687-3,535,974
4806/277,659,93616.7%19.1%-10,296,908-2,638,982
4907/047,673,03916.7%18.7%-14,462,854-6,789,775

累積利益率=累積利益➗投下資本
年利換算=累積利益率➗運用週数 x 55週

トラリピ
トラリピ
06月06日週、過去最悪の評価損益を更新『-1,533万円』…😭
06月13日週、評価損が1週間で500万円も減りました♪♪♪
06月20日週、また評価損が増えた…
06月27日週、すこし減りました(^^♪
07月04日週、評価損が一気に400万円急増!

 

不労所得トラリピ:運用状況(証拠金維持率)

この項目では

2021年08月の運用開始以来の各週の『有効証拠金』『証拠金維持率』をトラック。

  • 投下 資金:46,000,000円 
  • 有効証拠金:39,210,225円
  • 証拠金維持率:198%

開始日有効
証拠金
証拠金
維持率
2212/2743,227,117過去最高
4,319%
::::
3704/1141,699,649220%
3804/1842,348,783 224%
3904/2541,488,896223%
4005/0237,038,063197%
4105/0937,916,114208%
4205/1639,753,021217%
4305/2341,254,220223%
※4,300⇒4,600万円に増資
4405/3037,592,520197%
4506/0638,232,316過去最悪
195%
4606/1342,652,069220%
4706/2042,464,026219%
4806/2743,363,028228%
4907/0439,210,225198%
有効証拠金:預託証拠金+受渡前損益+評価損益、口座の時価
証拠金維持率:有効証拠金÷必要証拠金×100、ロスカットを判定
トラリピ
トラリピ
2021年12月26日週には、証拠金維持率が4,319%をつけていました。

06月06日週、過去最悪の証拠金維持率195%を記録しました。

07月04日週、過去最悪の維持率に近づきそう…

不労所得トラリピの運用方針と設定サマリー

この項目のポイント
トラリピは、設定を同じにすれば同じ収益率を再現できます。投入金額次第でおおきな利益を獲得することが可能です。

不労所得トラリピ:口座サマリー

  • 運用開始:2021年8月
  • 投下資金:4,600万円
  • 戦略:AUD/NZD+コア集中
  • ロスカット想定高値/安値:1.15/0.99

2021年8月に入金した2,000万円を皮切りに、現在は4,500万円で運用しています。

トラリピで不労所得(4,600万円):設定一覧

初期設定【2021年08月】
通貨ペア売買レンジ注文トラップ数利益金額
AUD/NZD1.10 – 1.071万45040
AUD/NZD1.07 – 1.041万25040
AUD/NZD1.06 – 1.051万10040
AUD/NZD1.05 – 1.041万10080
AUD/NZD1.04 – 1.011万5080

▼変更後はこちら▼

現在の設定【2022年05月以降】
通貨ペア売買レンジ注文トラップ利益額
AUD/NZD1.115 – 1.0850.3万13240
AUD/NZD1.085 – 1.0701万5140
AUD/NZD1.080 – 1.0701万20040
AUD/NZD1.075 – 1.0701万20040
AUD/NZD1.065 – 1.0601万5040
AUD/NZD1.070 – 1.0651万20040
AUD/NZD1.070 – 1.0601万10040
AUD/NZD1.070 – 1.0401万20040
AUD/NZD1.040- 1.0101万5080

※ちょいちょい設定を見直しています。

 

トラリピバンコクのつぶやき

ひろこ
ひろこ
止まらない円安にもFXを!
◆止まらない円安にFXを外貨預金代わりに◆不労所得トラリピ:48週
24年ぶりに137円台を記録したドル円、日銀の方針も頑固で円安が収まる気配なし。 取引手数料の安いFX会社で『レバレッジx1倍』で外貨預金代わりにドルを買う人が増加中。 FXの自動売買以外の活用法も。

では、また〜

1日一回応援おねがいします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へPVアクセスランキング にほんブログ村

『FIRE資産形成』最新記事はこちら

◆トラリピ世界戦略で実現する資金効率とリスク分散:マネスク◆
バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作りに『米国株積立:毎月27万円』不労所得作りに『トラリピ:0.54億円』運用中。 2022年06月、マネースクエアがトラリピ世界戦略をアナウンス。 トラリピ世界戦略で資金効率とリスク分散!
◆ルークの100万円ドルカナダ:第18週◆利益率43%好調持続
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピで3つのプランを運用中(0.5億円)。 『100万円でドルカナダ』はレンジ相場で安定している『USD/CAD:トラリピHalf & Half戦略』を採用。利益率43.1%で好調持続中。
◆CPI発表前に相場急伸?◆毎月30万円不労所得トラリピ:第20週
バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作り『米国株積立:毎月27万円』不労所得作り『トラリピ:0.5億円』運用中。 米国FOMCを筆頭に中央銀行週間での市場の大きな変化を期待していましたが、想定ほどのボラティリティなく年末を迎えそう… 今週の不労所得は14.6万円。
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!