◆キャピタルフライト?個人マネー8.3兆円海外流出◆S&P500積立◆

この記事は 約4 分で読めます。

2021年、日本の個人マネー8.3兆円が投資信託を介し海外に流出。

日本に見切りをつけ海外に資本を逃避する『キャピタルフライト』の恐れも。

更なる利上げで下落続きの米国株、資本が逃げる日本株、あなたの投資はどこへ?

日経新聞が、2000年代から2022年5月の『世界株式 vs. 日本株式』への個人投資家のマネー流入・流出を調査しています。

データは、日興リサーチセンター、モーニングスター・ダイレクトなどからの集計です。

個人投資家の投資信託経由での海外株式投資額が、2019年には売り越しでしたが、2020年には買越しに転じ、2021年には8兆3千億円の買越しを記録しています。

そのうちの9割程度は米国株に流入している模様で、約7.4兆円が米国株に投入されています。

2021年の日本株への投資額が280億円でしたので、日米間の投資額の差は260倍に及びます。

資本効率などで優れる海外企業を選好しているためだ。家計の資金が海外に逃避する「キャピタルフライト」の気配もあるようで、危うさが見え隠れする。
『キャピタルフライト』とは聞きなれない言葉でしたので、調べてみました。
キャピタルフライト:野村証券より

資本逃避。政治や経済の混乱などにより信任を失った国から、他国へ資金を一斉に移動させることを示す場合が多い。

日本から資本が逃げ出していると言うことでしょうか?

日本人でさえ日本株を買わずに米国株を選考すると言うことは、海外投資家はさらにそれを加速することでしょう。

2022年に入り、米国の利上げが盛んに議論され米国株の下落基調が鮮明になった際には、日本株の下落が軽微なので日本株に注目が集まりましたが…

円安の状況で海外投資家にとっては日本株を買いやすい環境が整ったにもかかわらず、海外からの資金流入はあまり聞きませんね。

 

じっちゃま
じっちゃま
「日本株だけに投資していてもダメ!日本経済は残念ながらダイナミックではない。日本ではいわゆる「勝ち組」という大企業がいつまでもトップにのさばっている。そのリストをみると古色蒼然とした企業ばかり。日本の株式市場が世界全体に占める割合は8%。そこに集中投資するのはキチガイ沙汰」

じっちゃまも言ってますね。

 

個人マネー、海外株に年8兆円 日本から「逃避」の気配

出所:日経新聞 2022年6月6日

日本の個人マネーが海外株に殺到している。国内の投資信託を経由した海外株への投資額は2021年に8兆3000億円に膨らんだ。日本株への投資額(280億円)の300倍近くにのぼる。資本効率などで優れる海外企業を選好しているためだ。家計の資金が海外に逃避する「キャピタルフライト」の気配もあるようで、危うさが見え隠れする。

出所:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB02BR70S2A600C2000000/

 

米国株の高いROEを好んで米国株に投資していると言うのが理由らしいですが、果たしてそれだけでしょうか?

海外流出の理由

個人マネーが海外に向かう直接的な理由は企業の競争力の差だろう。どれだけ効率的に利益を出したかを示す自己資本利益率(ROE)で、QUICK・ファクトセットのデータを基に試算すると、過去20年間のTOPIX採用銘柄平均は1桁台後半。かたや、S&P500のROEは10%台後半で推移する。

過去20年のTOPIX採用銘柄のROE平均が1桁代後半って、終わってますね…

 

2022年06月の国内の投資信託の資金動向が日経新聞で報告されています。

6月の投信、8310億円の資金流入 「米国株式(S&P500)」が首位

出所:日経新聞 2022年7月7日

6月の国内公募の追加型株式投資信託(上場投資信託=ETFを除く)の資金動向は、設定額から解約・償還額を差し引いて8310億円の資金流入超過だった(QUICK資産運用研究所推計)。前月の7812億円(確報値)を上回り、高水準での資金流入が継続している。設定額が解約・償還額を上回るのは19カ月連続。

出所:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB00004_V00C22A7000000/

 
資金流入額の最も大きかったのは、2ヶ月連続で『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』でした。同シリーズの『eMAXIS Slim 全世界株式(オール)』も3位につけています。
6月:資金流入 vs. 流出 Top10
今後、さらなる利上げにより株価低迷が予測される米国市場、円安による短期的な物価上昇しか起こらない『キャピタルフライト』を引き起こしかねない日本株市場…

懸命なるインデックス積立投資家の皆さんは、どの国に投資を続けるのでしょうか?

 
▼家族持ちFIREの資産運用▼

◆2017年億る▶︎家族持ちFIRE▶︎海外へ
◆資産:ドル、米株、FX、BTC
◆海外経験:NY、SGR、HK、BKK

★この記事が気に入ったら、フォローしよう★
  • 家族持ちFIRE後のポートフォリオ・出口戦略(終活)策定中!
  • トラリピの利益を米株投資信託+BTCに再投資!
海外生活資金『金融資産25%以上、基軸通貨米ドル建』(ドル定期預金、社債、年金保険、貯蓄型保険)
毎月30万円不労所得作り『トラリピ0.54億円』運用中!
老後資金作り『S&P500+オルカン:iDeCo+NISA+α』毎月27万円積立中!
夢作り『コインチェックでビットコイン積立』毎月3万円積立中!
バンコクと横浜に不動産を所有。
●不労所得作り『トラリピ』 3つのプラン
プラン期間
(週)
通貨ペア資金
(万円)
累積利益
(万円)
利益率
(%)
毎月30万円
不労所得トラリピ

2064,800229.413.1%
100万円で始める
資産形成トラリピ

18USD/CAD10013.543.8%
ひろこの
トラリピ世界戦略
03AUD/NZD
USD/CAD
EUR/GBP
3002.918.0%
合計--5,200
万円
245
万円
5,445
万円
マネースクエア:トラリピの良いところは、金額にかかわらず同じ設定だと同じ運用効率が期待できることです。さらに、初心者でも設定が簡単な戦略リストで安心運用可能です。
 

1日一回応援おねがいします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へPVアクセスランキング にほんブログ村

『FIRE資産形成』最新記事はこちら

◆トラリピ世界戦略で実現する資金効率とリスク分散:マネスク◆
バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作りに『米国株積立:毎月27万円』不労所得作りに『トラリピ:0.54億円』運用中。 2022年06月、マネースクエアがトラリピ世界戦略をアナウンス。 トラリピ世界戦略で資金効率とリスク分散!
◆ルークの100万円ドルカナダ:第18週◆利益率43%好調持続
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピで3つのプランを運用中(0.5億円)。 『100万円でドルカナダ』はレンジ相場で安定している『USD/CAD:トラリピHalf & Half戦略』を採用。利益率43.1%で好調持続中。
◆CPI発表前に相場急伸?◆毎月30万円不労所得トラリピ:第20週
バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作り『米国株積立:毎月27万円』不労所得作り『トラリピ:0.5億円』運用中。 米国FOMCを筆頭に中央銀行週間での市場の大きな変化を期待していましたが、想定ほどのボラティリティなく年末を迎えそう… 今週の不労所得は14.6万円。
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!