◆S&P500積立◆タカ派FRBがベア招き,3指数が年初来安値

この記事は 約5 分で読めます。

バンコクで修業中(@lukehide)S&P500投信を毎月27万円,非課税で積立中。

6月13日週、主要3指数ともに年初来安値。

  • S&P500、20%以上下落でベアマーケット(弱気相場)
  • 6月に75bps利上観測加速
  • 米金利急騰で更なる円安加速
今週の米国株は3指数共に急落、年初来安値をつけて始まりました。
注目のFOMCでは、75bps利上げと見る金融機関が増えています。ドル円では、米金利の急上昇を受けドル買いが進む懸念が高まっています。

2022年06月14日:米国マーケット定点観測

今日の主要3指数

今日の株価


Source: CNBC

年初来推移


Source:後藤さん Note

S&P500は、年初来高値から今年度2度目の20%以上下落してベアマーケット(弱気相場)入りです。NASDAQに関しては、年初来高値から31%下落しています。

 

今日のS&P500 マーケットヒートマップ

今日のヒートマップ

Source:Trading View Heatmap

米国時価総額上位20社

Source:後藤さんNote

全てのセクターで真っ赤っかです。
米国株時価総額Top20、昨日は全て下落です。
 

今日のVIX指数動向

じっちゃま
じっちゃま
VIXが40になるか見て!
40になったら株式市場はぐっちゃぐちゃだと思う。
VIXが30になってない局面で底入れはありえない。
今日のVIX


Source:後藤さんNote

一時期安定してきたVIXもCPI上昇を受け急反転しました。

今日の金利

じっちゃま
じっちゃま
10年債利回り-2年債利回り=0 ⇒景気後退シグナルが点灯

長短金利差が「0」になっても直ちにリセッション(景気後退)入りするのではなく、しばらく時間があります。1年…場合によっては2年後にならないと景気後退が来ないときも。

長短金利差「0」がリセッション(景気後退)の前兆であることはわかった。でも、それじゃなぜリセッションの到来を心配する必要がある?
⇒リセッションの直前に、鈍器でガツンと殴られるような酷い弱気相場が普通来るから。

10年債
米2年債と10年債

Source:後藤さんNote

2022年度、2度目の逆イールドに限りなく近づいています。
 

FED、75bpsで市場を驚かせる

『75bps投下』の市場の反応を見るために、パウ爺が番記者に提灯記事を書かせた模様。
FED番記者、Nick Timiraos『FED、75bpsで市場を驚かせる』

Fed 番記者: Nick Timiraos

6/12: 75bpsの利上げは依然として可能性は低い 中央銀行のこれまでの政策運営からの 顕著な逸脱となるから

6/13: Fedは予想以上の75bpsの利上げで 市場を驚かせる事を検討中

タカ派FRBが強気相場にとどめ刺す、経験不足の株投資家に痛い教訓

投資家が最も忠実な盟友と見なしていたパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のタカ派的発言などを背景に、S&P500種株価指数はこの数カ月間下げ局面にあった。13日には今年1月に付けた最高値からの下げ率が20%を超え、弱気相場入りした。米史上有数の力強さを示した約2年間の強気相場に終止符が打たれた。

FRB、年末の利上げ見通しを上方修正へ 14日からFOMC

米連邦準備理事会(FRB)は14~15日に開く米連邦公開市場委員会(FOMC)で、年末時点の政策金利見通しを上方修正する見込みだ。約40年ぶりのインフレが加速しており、市場ではこの会合で0.75%の利上げに踏み込むとの見方が急速に強まっている。

後藤さんまとめ

ひろこ
ひろこ
07月以降、後藤さんのNoteは有料になります。
毎月500円程度ですので、必ず購入しましょう!
 

管理人のつぶやき

管理人のようなインデックス積み立て投資家にとっては、株価が下がるのは辛いんですけど地味に積み重ねていくしかありませんね。

バイデンさん、支持率最低に落ち込んでるみたいですね。

 

米国株とトラリピでFIRE資産運用

管理人のメインは、S&P500インデックス積立(毎月30万円)投資です。
加えて、マネースクエア社のトラリピ『0.55億円』運用しています。景気後退局面でも円安など為替変動があれば『収益確保』が可能です。

▶︎NYC駐在時代、超円高を契機に資産運用開始。
▶︎2017年資産1億円到達、家族持ちFIRE+海外移住!

★この記事が気に入ったら、フォローしよう★

プラン
運用
期間
投下
資金
累積
利益
年間
利益率
不労所得トラリピ47
週間
4,600
万円
762.7
万円
19.8%
資産形成トラリピ34
週間
120
万円
19.2
万円
25.9%
へそくりトラリピ22
週間
40
万円
3.9
万円
24.3%
総合計4,760
万円
785
万円
5,545
万円
全資金を集中投資している『トラリピ史上最強通貨ペア:豪ドル/NZドル』がおすすめです。

読んだよのクリックが励みになります!

1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

『トラリピで不労所得』最新の記事はこちら

◆景気後退局面でも平均利益69万円◆不労所得トラリピ:11カ月
バンコクで修業中(@lukehide)は、毎月30万円のS&P500積立をメインに、トラリピで『0.55億円』運用中。 景気後退局面でも不労所得トラリピは11ヶ月間の累積利益762万円、月平均利益69万円。
◆次の買い場を待てない人の資産運用◆不労所得トラリピ:47週
リセッションが近づき、次の買い場到来を待てとの消極的な意見が目につく。 チャンスに買い迎えるように現金比率を上げろという人も。 管理人は相場に左右されない米国株積立をメインに、トラリピで『0.55億円』を運用中。
◆株価急落でも為替が動けば桶屋が儲かる◆不労所得トラリピ:46週
バンコクで修業中(@lukehide)は不労所得トラリピで『0.55億円』運用中 連日の株価下落局面でも、為替が動けば収益を上げるトラリピは強い。 運用46週間の累積利益760万円、毎週平均16万円、利益率20%
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!
◆はじめてのトラリピ◆100万円を利益率20%で10年運用したら?
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 少額の売買利益をコツコツと貯める仕組みなので長期投資が必須!

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

トラリピ®とは「トラップリピートイフダン®」という注文方法の略称です。

マネースクエア社が特許を取得したFXの自動売買の仕組みで『安定した収益確保』が魅力です。