◆シンガポール航空◆福岡便再開も4月~9月期2600億円赤字

この記事は 約3 分で読めます。

シンガポール航空が、4月~9月期2,600億円の最終赤字と発表。2019年同期は157億円の黒字。新型コロナの影響で、1,000億円超の航空機の減損処理やリストラ費用計上が影響。
11月5日から福岡線再開も急激な回復は見込めない。
先日、全従業員17,000人の約25%、4,300人のリストラ策を発表したシンガポール航空。
 :
4月〜9月期では、大型機A380などの減損処理が影響した模様…
 :
ドル箱の欧米路線をカバーする大型機のA380などの積極投資してきたが、新型コロナで足かせに…
 :
タイ航空の様に飛行機を売り出しても、この環境で売れるわけもなく…
 :
がんばれシンガポール航空!

◆タイ航空:飛行機売却◆希望者は11月13日までメール下さい!

◆タイ航空:飛行機売却◆希望者は11月13日までメール下さい!
タイ航空が、航空機の販売をウェブサイトで公開。 11月13日まで公開入札の形で34機、多くが1990年後半〜2000年初頭の機種。 新型コロナの影響で多くの航空会社が経営難の状況でタイ航空の希望は叶うのか?

◆感染症危険情報◆タイ、ベトナム、シンガポールなど9カ国引き下げ

◆感染症危険情報◆タイ、ベトナム、シンガポールなど9カ国引き下げ
タイ、ベトナム、シンガポールを含む9カ国の感染症危険情報が引き下げ。 これまでの『渡航中止勧告(レベル3)』から『渡航自粛(レベル2)』に変更。 他には、オーストラリア、ニュージーランド、中国(香港)、台湾、ブルネイ、韓国。

◆シンガポール航空◆早期退職1,900人+リストラ2,400人

◆シンガポール航空◆早期退職1,900人+リストラ2,400人
シンガポール航空経営陣が、社員との対話集会で4,300人の人員削減を発表。 内訳は、早期退職で1,900人、会社都合のリストラで2,400人。 2019年8月時点の全従業員17,000人の約25%が対象。

シンガポール航空4~9月期、2600億円の最終赤字

旧型機26機を減損処理した

記事引用先:日経新聞

シンガポール航空が6日発表した2020年4~9月期決算は、最終損益が34億6700万シンガポールドル(約2600億円)の赤字だった。前年同期は2億560万シンガポールドルの黒字。新型コロナウイルスの影響で需要の低迷が続くなか、大型機などの減損処理に伴い13億3300万シンガポールドルの特別損失を計上したことが響いた。
売上高は16億3400万シンガポールドルと同80%減った。同社は国内線を持っていない。中国やマレーシアなど一部の海外路線は再開したが、多くの国では出入国制限が続き、旅客数は99%減った。
減損対象となったのはエアバスの超大型機A380を7機含む計26機。同社は燃料効率の良い新型機へのシフトを急いでおり、環境負荷の大きい旧型機の処理は今後も続くとみられる。
また、人員削減の費用として4200万シンガポールドルを計上した。同社は新型コロナ禍でグループ全体で4300人が余剰となった。早期退職制度などを活用した自主的な離職が増えたため、会社都合によるリストラは9月に発表した2400人から2千人に減った。

↓↓↓ つづきはこちら ↓↓↓

福岡空港国際線、じわり再開 シンガポールなど

記事引用先:日経新聞

新型コロナウイルスの感染拡大で運休が続いていた福岡空港(福岡市)発着の国際線が、少しずつ再開し始めている。5日にはシンガポール便が7カ月半ぶりに運航した。日本政府の入出国条件の緩和でビジネス利用を期待するが、当面は旅客数は厳しい状況で、需要喚起やプロモーション目的の「先行投資」の意味合いが強い。

↓↓↓ つづきはこちら ↓↓↓

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

マネースクエア

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:強制隔離期間短縮◆接種済は7日,未接種は10日
在タイ日本国大使館からタイ入国時の強制隔離期間の変更についてのお知らせ。 これまでの14日間から、ワクチン接種証明書提示で7日間、ワクチン未接種者は10日間に。 プラユット首相の宣言した、強制隔離なしの入国はいつになるのか…
◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?