◆シンガポール航空◆早期退職1,900人+リストラ2,400人

この記事は 約4 分で読めます。

シンガポール航空経営陣が、社員との対話集会で4,300人の人員削減を発表。
内訳は、早期退職で1,900人、会社都合のリストラで2,400人。
2019年8月時点の全従業員17,000人の約25%が対象。
シンガポール最大の新聞のThe Straits Timesの記事で『2,400 SIA staff affected by job cuts amid Covid-19 fallout』と出ていたので、2,400人もリストラするのか、と思ったら4,300人とは…
 :
管理人は、1990年代のシンガポール駐在時代、出張は全てシンガポール航空(以後、SQ)にお世話になっていたし、プライベートでアメリカの西海岸やヨーロッパに行く時も欠かさずSQを利用してきた…
 :
だって、SQは『満足度ナンバー・ワン』の一番大好きな航空会社なんですから…
 :
しかし、狭いシンガポールでは国内線のサービスがないため、国際線を厳しく制限している環境では手も足も出ない。
 :
1日も早い終息を祈るばかりです。

2,400 SIA staff affected by job cuts amid Covid-19 fallout

記事引用先:The Straits Times

The airline said in a statement: “The Singapore Airlines (SIA) Group today announced the difficult decision to cut around 4,300 positions across its airlines. After taking into account a recruitment freeze, natural attrition and the take-up of voluntary departure schemes, the potential number of staff impacted will be reduced to about 2,400 in Singapore and in overseas stations.

『シンガポール航空(SIA)グループは本日、航空会社全体で約4,300のポジションを削減するという難しい決定を発表しました。採用凍結、自然減損、および自主退職スキームの採用を考慮した後、 影響を受ける可能性のあるスタッフの数は、シンガポールと海外のステーションで約2,400人に減少します。』

シンガポール航空、グループで2400人を削減ヘ

記事引用先:日経新聞

シンガポール航空、短距離のシルクエア、格安航空会社(LCC)のスクートとグループ全体で実施する。新型コロナの影響により、今年3月以降、早期退職制度を実施するなどすでに1900人減ったという。今回の2400人は会社側の都合によるリストラだ。

シンガポール航空の4~6月、最終赤字857億円

記事引用先:日経新聞

シンガポール航空が29日発表した2020年4~6月期決算は、新型コロナウイルスによる旅客減が響いて最終損益が11億2300万シンガポールドル(約857億円)の赤字(前年同期は1億1100万シンガポールドルの黒字)だった。赤字幅は四半期ベースで開示を始めた2003年以降で最大。

シンガポール航空、1兆円超の資金調達急ぐ 最終赤字

記事引用先:日経新聞

シンガポール航空が14日発表した2020年3月期(通期)の最終損益は、2億1200万シンガポールドル(約160億円)の赤字となった。1972年にマレーシア航空と分離し、現在の企業体になって以来、初の最終赤字。国際線しか持たない同社の経営は厳しい。今後、新株の発行などで総額150億シンガポールドル(約1兆1270億円)を調達する予定。第1弾で88億シンガポールドルを、6月までに調達する。

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイのコロナ:PCR検査◆バンコクの日本語の通じる3大病院+治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症の場合の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?
★お願い:参考になったら、クリック!タイ情報ランキングの応援おねがいします!


★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,915人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ シンガポールナビ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。