◆海外医療保険を決める3つのポイント(11)海外移住ロングステイ2019

この記事は 約6 分で読めます。

アーリーリタイアし、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

みなさんは、『海外移住』『ロングステイ』『海外駐在』『海外転職』『現地採用』『ちょい住み』『海外旅行』『ビザ』『税金』『年金』『健康保険』『海外保険』などの検索キーワードでたどり着いた方が多いと思います。

『海外移住・ロングステイするのは簡単』です。

年齢が各国の規定を超えていて、その地に移住・ロングステイするため各国の条件をクリアして、必要な書類を揃え、それを移民局に持っていけば!

でも、そこは異国です。

異国には異国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。その典型的なのが、言葉でしょう。記入すべき書類は英語とその国の言葉の併記、移民局では多少の英語しか通じず、その国の言葉がメインです。

そのような状況の中でも、タイ語のできない私が、自分でタイ王国・バンコク移民局に出向き、自分でリタイアメントビザを取得した経験、ノウハウ、ヒントをお伝えしたいと思います。

さらに、海外に住み続けるためには、日本の税金、年金、健康保険、など手間の掛かる事がたくさんあります。

しかも、海外では日本のような健康保険がないので医療費が高額です。現地で滞在ビザの更新、健康保険や生命保険に入るなど、やることがいっぱいです・・・

私はタイ王国以外にも、ニューヨーク(アメリカ・米国)、シンガポール、香港に駐在した経験もあり、その点でも色々とお伝えできると思います。

海外移住・ロングステイを希望する皆さんの参考になればうれしいです。

医療保険を検討する際の3つのポイント

  1. バンコクの医療費は「バカ高い」
  2. 医療保険も保障内容によって「バカ高い」
  3. 既往症はカバーされない

あのさあ、医療保険、どうすれば良いんだよ?

あれ、その話は、また?

このまえ、説明したよね?

タイの医療費が高いのも、タイ人の医療制度もわかった。

どういった選定基準で選べばいいかって事!

医療保険決定のポイント

  1. キャッシュレス対応か否か?
  2. 日本語若しくは、最低でも英語での対応
  3. 通院を含めるかで保険料が変わってくる
  4. 手術・入院費用を払える経済力の人は高額な保険でなくても良い

残念ながら、純粋な日本人がタイ語しか通用しない場所ではきついから、最低でも英語で会話・通信ができないと緊急時がこわいしな。

一般的な医療保険は、外来診療費をカバーしていないものが多いと聞いたよ。

そうだな、外来診療費を込々だとしても、外すと20%割引とかあるな。

Pacific Crossとは?

管理人は、パシフィック・クロス検討してるって聞いたけど?

そうだな、とりあえず、上の選定基準項目はカバーしていて、高額な物からスタンダードなものまでカバーしてるからな。

保険会社とかって、大きい方が安心なんじゃないのか?

そうだな、規模から言えば「AIA」とか「Thai Life」とかのほうが大きい、パシフィック・クロスはタイで第三位かな。

英語のサイトがわかりやすかったからね。

MAXIMとStandard Extra比較!

手厚い保障の「MAXIM」と経済的な「Standard Extra」を比較してみたよ!

 保障内容(金額:タイバーツ)

 

保障内容MAXIMAStandard Extra
病院の選択全世界の病院全世界の病院
急患の移送に関するサービスワールドワイド ワールドワイド
一傷病(年間)当たりの補償限度額一傷病当たり 5,000,000 年間 780,000
傷害補償限度額20,000,000 年間 780,000

 

日本人御用達のバムルン、サミティベ、バンコク・ホスピタルはカバーしているよ。

どちらも、キャッシュレスだと聞いて安心したよ。

Standard Extra(以下、SE)は、年間78万バーツまでしか保障されないから、手術とか一発で飛んじゃうね。

入院患者への保障(金額:タイバーツ)

 

入院時の保障内容MAXIMAStandard Extra
病室・食費の一日限度額8,000バーツ4,000バーツ(Max 45日)
集中治療室(ICU)補償限度額請求額8,000バーツ(Max 15日)
手術費用請求額入院・手術関連費用合計で100,000バーツ

 

 Standard Extraの場合は、金額と日数の制限があるね。

持病とか長引くと困るわね・・・

 

外来診療

 

外来MAXIMStandard Extra
問診、薬、検査、小手術、等請求額2,000バーツ

 

外来は、Standard Extraは一回で2,000バーツだから、風邪ぐらいしか対応できないね。

タイの医療費は高額だから、検討する時は、この記事をよく見てね!

年齢レンジ別 年間保険料(金額:タイバーツ)

 年間保険料金は年齢別にクラス分けされています。

年間保険料MAXIMAStandard Extra
31歳 – 35歳39,68118,349
36歳 – 40歳44,09020,388
41歳 – 45歳48,44922,427
46歳 – 50歳55,11325,485
51歳 – 55歳59,52227,523
56歳 – 60歳68,34031,601
61歳 – 65歳81,56737,717

年間の保険料は、経済的なStandard Extraとはいえ、結構するね。

年間3万バーツだと、日本円で10万円かあ・・・

年齢に応じてあがるのは、万国共通だから、文句言わないように(笑)

年をとればとるほど、医療費は上がるからね・・・

MAXIMの場合、外来を外すと20%割引だね。

そうそう、そういう人は、入院・手術への保険と考えればね。

タイは、風邪とか熱とかでは病院行かずに薬局で薬を買う、民間治療が発達してるからね!!!

 管理人の個人的まとめ

私は、既往症があって継続的に薬を飲んでるんですが、タイの医療保険会社は既往症に厳しくサポートしません。申込時に各病院に確認を取っていますので、嘘をついてもばれます。

 

タイ全土でものすごい数の病院あるからすべてを調べらえないのではとも考えましたが、医療保険にはいる様なお金のある人の行く病院はだいたい決まってるので、調査する手間もかからないなと納得しました。

 

現在、保険に入るのは、まさかの場合の手術、緊急な入院に対応できればよいかと考えています。

 

皆様も検討に当たっては、ご自身で保障内容、金額をご確認ください。

参考になったら応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「海外移住・ロングステイ・ナビ」の気になる記事をチェック!

『おすすめカテゴリー』こちら!

タイに住みタイ!

タイに住みタイ
『タイ・バンコクに住むのは簡単』です。タイ王国への海外旅行にビザを取得する必要はありませんし、親日国で日本人には優しいし、タイ人の日本という国への興味は年々高まっていて、日本人には優しいし、気候は温暖で過ごしやすいし、ご飯は美味しいし… 良い事ばかりですね。

タイ旅行しタイ!

タイ旅行しタイ
『タイ・バンコクに旅行するのは簡単』です。タイ王国への海外旅行にビザを取得する必要はありませんし、親日国で日本人には優しいし、タイ人の日本という国への興味は年々高まっていて、日本人には優しいし、気候は温暖で過ごしやすいし、ご飯は美味しいし… 良い事ばかりですね。でも、ここはタイ、異国です。

タイ以外の海外旅行を楽しみたい人はこちら!

海外旅行したい
私が初めて海外に出たのは入社三年目の米国アトランタへの出張でした。 初めて手にしたパスポートと淡い期待を込めて降り立ったハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港は世界最大の空港でした。地下鉄が走っていて、どこにイミグレーションがある...

キャリアをかえて(天職を求めて)人生を好転させたい人はこちら!

キャリアアップしたい
普通に大学を卒業して、何も考えずに入社してしまった大手電機メーカー。 ニューヨーク、シンガポール、香港に海外駐在に出してくれたことには感謝以外の言葉はない。 でも、転職しました『天職』を探すために・・・

参考になったら応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で