... ...

◆アメリカ:抽選で永住権◆DV2022:移民多様化ビザプログラム

この記事は 約7 分で読めます。

今年も『DV2022:移民多様化ビザプログラム』申請の季節がやってきた。
正式名称は『Diversity Immigrant Visa Program』抽選でアメリカ永住権が取れる移民施策。今年は5.5万人が永住権(グリーンカード)を獲得予定。締切は、2020年11月10日。
今年もアメリカの永住権(グリーカード)が手にできる『永住権宝くじ』とも呼ばれる『移民多様化ビザプログラム(グリーンカード抽選プログラム)』の申請受付が開始しました。
 :
実は管理人は、数年間にわたってこのプログラムに申請してきました。
抽選に当たったら、日本の全てを投げ出してアメリカに移住しようと考えていたのですが…
 :
なぜか、いまはバンコクにロングステイ…
いまでも、お金があればニューヨークに住みたい管理人でした…
【注意喚起:詐欺に注意】

ここ数年、大使館は、移民多様化ビザ抽選プログラム(抽選によるグリーンカード)の応募者に対し、Eメールや電話で様々な当選通知が送られていることを認識しています。このようなEメールや電話は、大使館や国務省あるいはその他米国政府機関とは一切関係ありません。これまでDVプログラムに応募するための費用が要求されたことはありません。米国政府は、DVプログラムの運営にあたり、外部コンサルタントや民間サービスを雇用することはありません。応募代行やビザ申請書類等の準備を申し出ている仲介業者やサービスは米国政府の許可や同意を得ず行っています。DVプログラムの応募に際して、外部仲介業者への依頼や援助を求めるのは応募者の自由です。ただし、当選者はケンタッキー・コンシュラーセンターで、コンピューターにより無作為に抽選されるため、応募者が自分で直接電子的に送付しても、費用を支払って仲介業者に応募用紙の作成を依頼しても、当選のチャンスは全く同じです。当選者に、米国内のケンタッキー・コンシュラーセンターから手紙で当選通知が郵送されることはありません
在日米国大使館・領事館

Electronic Diversity Visa Program

申し込みをお急ぎの人はこちらから!
  • 応募期間
    • 開始:2020年10月7日(水)12:00(東部夏時間)
    • 締切:2020年11月10日(火)12:00(東部標準時間)
  • 応募方法:

抽選で米国永住権

記事引用先:週間NY生活

米国務省は9月30日、永住権抽選プログラムDV2022を発表した。移民数が年5万人以下の少ない国からの移民を増やす目的で毎年行われているもの。正式名称はDiversity Immigrant Visa Program(移民多様化ビザプログラム)で、今回は抽選で5万5000人に永住権(グリーンカード)を与える。2019年は約1470万人が応募し、約10万人が当選した。辞退する人や不適格者、写真や提出書類の不備も多いため倍近い当選者数にしていると見られる。日本も対象国に入っており、2018年は日本人2万8595人が応募し、263人が当選した。
 応募期間は、10月7日(水)正午(東部夏時間)から11月10日(火)の正午まで(東部標準時間)。応募は一つのみで、2つ以上応募した場合はすべて無効となる。応募資格は本人または配偶者が対象国で生まれた人。対象国生まれでなくても両親のいずれかが対象国生まれであれば応募できる。学歴は高校卒業か、中学卒業後、過去5年以内に国務省が定めた職業の経験が2年以上ある人。また犯罪歴がないことなどが条件となる。

在日米国大使館・領事館: 移民多様化ビザプログラム(グリーンカード抽選プログラム)

1. 概要

移民多様化ビザ抽選プログラムは米国議会により発動され、国務省が年間ベースで管理するプログラムで、これにより抽選による移民(DV移民)として知られる新たなカテゴリーが作られています。米国への移民の率が低かった国々の人々を対象に年間で5万件の永住ビザが発行されます。
毎年行われるこのDVプログラムにより、簡素かつ厳格な資格要件を満たした人々に永住ビザが発行されます。DVビザの当選者は、コンピューターによるランダムな抽選により選出されますが、ビザは、6つの地域で移民の率の低い順位に多くの数が配分されます。過去5年間に5万人以上の移民を送った国には与えられません。各地域内に年間配分された多様化ビザの7%以上が1つの国に集中することはありません。

2. 申請方法

  1. E-DV ウェブサイト (www.dvlottery.state.gov)より応募
    (例:DV-2018の応募期間は10/4/2016 ~ 11/7/2016)
  2. 当選したら
    E-DVウェブサイトを通じてインストラクションを受け取る。
    申請を続ける前にDVビザの資格を満たしているか確認して下さい。
  3. 必要書類をKCCに提出 (チェックリストは国務省ウェブサイトを参照)
  4. つづく
↓↓↓ つづきはこちら ↓↓↓

3. 面接

Diversity Visa Processの手順に従って必要な移民ビザ申請書(DS-260)を提出すると、ケンタッキー・コンシュラー・センター (KCC) から面接に関するEメールが届きます。Eメールの指示に従い、Electronic Diversity Visa (E-DV) のウェブサイトにあるEntrant Status Checkに、DV 応募の際に発行された確認番号を使ってログインすると、面接日、面接時間及び場所が確認できます。詳細は、国務省のウェブサイトDiversity Visa – Interview(英文)でご確認頂けます。

4. 審査状況確認

移民ビザ面接の終わりに領事は申請の許可または却下をお知らせします。
ビザ申請の中には領事との面接後に追加手続きのための期間が必要となるケースがあります。追加手続きが必要な場合は面接時に領事よりその旨説明があります。多くの追加手続きは60日以内に終了しますが、追加手続きに要する期間は個々のケースにより異なります。

管理人は、結果発表になるとこのサイトから確認していたのですが…
詳細はこちら!

5. 面接後の手続き

面接時にビザが許可された方は、パスポートの返却方法と時期について説明があります。通常面接後、約7日~10日でビザのついたパスポートが郵送でお手元に届きます。
通常、ビザが貼られたパスポートと一緒に、開封厳禁の封筒Immigrant Visa Packetが届きます。しかしながら発給された移民ビザ上に“IV Docs in CCD”と表記されている場合は、デジタル化されているためパスポートのみお手元に届きます。 “IV Docs in CCD” と表記されていても、例外的にImmigrant Visa Packetをこちらから送る場合もあります。Immigrant Visa Packetが届いた場合は、開封無効になりますので開けずに、渡米の際、入港地のCBP審査官に渡してください。

お願い:ランキングへの応援ポチ!

最後までお読み頂き、有難うございます。ランキングに参加しています。1日一回、下のイラストをポチッとして、応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

『海外在住日本人』の気になる記事をチェック!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★1日一回、イラストをクリックしてランキングの応援おねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,916人の購読者に加わりましょう

ニューヨークナビ 海外で暮らしたい
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。