◆FIRE達成者インタビュー◆資産形成のコツと海外移住で節約?

この記事は 約4 分で読めます。

バンコクで修業中(@lukehide)に某資産運用会社さんからインタビュー取材!

FIRE(経済的自立と早期リタイア)、資産形成、老後資金、海外生活などについて。

後半の記事では、具体的なFIRE資産形成、必要資金、考え方を回答!

投稿日:2022年06月08日

昨今、日本でも注目されている「FIRE」。FIREとは「Financial Independence, Retire Early(経済的自立と早期リタイア)」の略称で、生活費を資産運用で賄うという早期リタイアの1つの方法です。
「自由な時間を謳歌する」と聞くと魅力的に感じますが、具体的にどういった生活なのでしょうか。また、資産運用の方法として、なぜFXを選んだのでしょうか。
本記事では、タイ・バンコクでのFIRE生活を実現させた「バンコクで修業中(@lukehide)」さんにインタビューを行いました。FIRE生活やFXが気になる方は、ぜひ参考にしてください。

FIRE資金の準備に必要な考え方|まずどれくらいの金額を目指すべき?

FIRE生活におけるお金に対する考え方について教えてください。

若い方と違って、私のような50代は時間を味方につけられませんので、本来であれば資産は減らしてはいけない、リスクは取ってはいけないタイミングなんですよね。

ですが、私の場合は死ぬ時までに持っているお金をゼロにするという『DIE WITH ZERO:ダイ・ウィズ・ゼロ』で生きていこうと考えていました。

1億円の資産を持っていて残りの人生が20年と考えた場合、年間500万円で生活して死ぬまでに使い切るという計画ですね。

なので私はお金をどんどん使うつもりでいたんですが、妻はお金を減らしたくないという考えで。

「これから何があるか分からない」「老人ホームに入るのにもお金が必要」だということらしいです。

私は70歳くらいまで生きれば十分と思っているので、今からもっとお金が欲しいとは思っていませんでした。

妻には「あなたのようなお気楽な人は、意外と長生きするのよ」と言われています(笑)。

バンコクで修業中(@lukehide)さんと奥様

それに、歳を重ねるにつれて遊びとかの活発な行動が減るので、そもそもその分のコストが減ります。

加えて、FIRE前は海外旅行に年5、6回ほど行っていたんですが、FIREしてタイに行ったら毎日が旅行という感じなので、海外旅行に行く機会も激減しました。

年間の旅行コストがかかっている人は、私のように旅行コストが減ることも海外にいるメリットの1つかもしれません。

古くからの友人は「管理人、海外旅行の回数を減らしたら、5年は早く引退できたのに」と…

海外に住んでみると、その旅行のコストさえももうプラスに転じてしまうところがありますね。

 

FIREしたいと思っている若い世代はどれくらいの資金を目指したらいいのでしょうか?

これは私もそうだったんですが、20代・30代でFIREを考えている方は、準富裕層を目指しませんか、と言いたいです。

野村総合研究所の調査の中で言及されていることなんですが、5,000万円以上1億円未満の資産を持っている方を準富裕層と呼ぶらしいです。

野村総合研究所ニュース
引用元: https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2020/cc/1221_1

運用資金が5,000万円あれば、年間利回り5%で回せば250万円です。月々20万円もあれば、もうセミリタイアは目の前ですよ。

最近は、YouTubeの資産運用指南動画に触発されて若い人が資産運用を始めるケースが多いらしいです。実は、私もどっぷりハマっていて、すごく勉強になっています。

 

米国株とトラリピでFIRE資産運用

管理人のメインは、S&P500インデックス積立(毎月30万円)投資です。
加えて、マネースクエア社のトラリピ『0.55億円』運用しています。景気後退局面でも円安など為替変動があれば『収益確保』が可能です。

▶︎NYC駐在時代、超円高を契機に資産運用開始。
▶︎2017年資産1億円到達、家族持ちFIRE+海外移住!

★この記事が気に入ったら、フォローしよう★

プラン
運用
期間
投下
資金
累積
利益
年間
利益率
不労所得トラリピ47
週間
4,600
万円
762.7
万円
19.8%
資産形成トラリピ34
週間
120
万円
19.2
万円
25.9%
へそくりトラリピ22
週間
40
万円
3.9
万円
24.3%
総合計4,760
万円
785
万円
5,545
万円
全資金を集中投資している『トラリピ史上最強通貨ペア:豪ドル/NZドル』がおすすめです。

読んだよのクリックが励みになります!

1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

『トラリピで不労所得』最新の記事はこちら

◆景気後退局面でも平均利益69万円◆不労所得トラリピ:11カ月
バンコクで修業中(@lukehide)は、毎月30万円のS&P500積立をメインに、トラリピで『0.55億円』運用中。 景気後退局面でも不労所得トラリピは11ヶ月間の累積利益762万円、月平均利益69万円。
◆次の買い場を待てない人の資産運用◆不労所得トラリピ:47週
リセッションが近づき、次の買い場到来を待てとの消極的な意見が目につく。 チャンスに買い迎えるように現金比率を上げろという人も。 管理人は相場に左右されない米国株積立をメインに、トラリピで『0.55億円』を運用中。
◆株価急落でも為替が動けば桶屋が儲かる◆不労所得トラリピ:46週
バンコクで修業中(@lukehide)は不労所得トラリピで『0.55億円』運用中 連日の株価下落局面でも、為替が動けば収益を上げるトラリピは強い。 運用46週間の累積利益760万円、毎週平均16万円、利益率20%
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!
◆はじめてのトラリピ◆100万円を利益率20%で10年運用したら?
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 少額の売買利益をコツコツと貯める仕組みなので長期投資が必須!

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

トラリピ®とは「トラップリピートイフダン®」という注文方法の略称です。

マネースクエア社が特許を取得したFXの自動売買の仕組みで『安定した収益確保』が魅力です。