◆円安と暴落で買い場到来?◆長期投資が前提ビットコイン積立:30日目

この記事は 約8 分で読めます。

バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作りにSP500積立、不労所得作りにトラリピで0.47億円を運用、夢作りにビットコインを積立中!

ビットコインを毎月1万円だけコツコツと積み立てる単純資産運用。

価格変動は気にせず買い付けるので、初心者にもおすすめ!
 
2022年09月07日、24年ぶりにドル円が144円に下落しました。
管理人は、金融資産の25%はドル建て(米国株は除き、ドル定期、ドル年金保険、海外貯蓄型保険)なのでウハウハですw
150円になるとの声もありますが、日本円にオールインの皆さんは大丈夫ですか〜?
 

 
ビットコインは、1万8千ドル台に下落し2022年初来安値に接近中です。
 

 
ビットコインの買い場到来か?
 
 
さてさて、こんなことを言う人をSNSで見かけますよね…
 
ヤバイ奴
ヤバイ奴
仮想通貨って怪しいよね。
なんか、すぐに溶けちゃうんじゃね?
お前の方が、よっぽど怪しいよw
 
確かに日本円やアメリカドルの様な法定通貨ではないので、後ろ盾がありません。
ビットコインの歴史

2008年〜2010年(ビットコイン黎明期)
2011年〜2012年(世界中から注目され始める)
2013年(ビットコインバブル再び)
2014年(一転して下落相場へ)
2015年(続く停滞期)
2016年(緩やかに回復するビットコイン)
2017年(1BTCの価格が200万円を超える)
2018年(ビットコインバブル崩壊)
2019年(乱高下する相場)
2020年(コロナの影響を乗り越えて130万円まで回復)
2021年(暗号資産業界の盛り上がりが再来)

出所:https://coincheck.com/ja/article/323

ビットコインは、2008年に『サトシ・ナカモト』と名乗る匿名の人物が、インターネット上に発表した論文から開発がスタートした通貨です。

 
その後、紆余曲折を経て、14年以上経過した現在でも投資が可能なプロダクツです。
 

管理人が最初に買い付けたのが、2017年6月、BTCが25万円の時でした。

BTC:25万円

あの時に全財産を突っ込んでおけば…』と悔やんでも『あとの祭り』です。

そんな後悔をしないために、価格変動を無視して買い付けを長期的に続けていくんです。

高騰する時もあるでしょう、暴落する時もあるでしょう。

そんなの無視して、Coincheck(コインチェック)におまかせで買い付けてもらいましょう!

 

BTC:2017~2022

直近の5年間でもこんなに価格推移があります。

今が買い時とは言いませんが、宝くじとか買うよりはよっぽど夢があると思いませんか?

 
▼FIRE資産運用▼

◆2017年億る▶︎家族持ちFIRE▶︎海外へ
◆資産:ドル、米株、FX、BTC
◆海外経験:NY、SGR、HK、BKK

★この記事が気に入ったら、フォローしよう★

FIRE後のポートフォリオ・出口戦略(終活)策定中!

海外生活資金『金融資産の25%は米ドル建(定期、年金保険、貯蓄型保険)』
老後資金作り『S&P500+オルカン:iDeCo+NISA+α』毎月27万円積立中。
不労所得作り『トラリピ0.48億円運用』毎月30万円(税抜)手取り。
夢作り『コインチェックでビットコイン積立』毎月3万円積立中。
バンコクと横浜に不動産を所有。
●不労所得作り『トラリピ』 3つのプラン
プラン期間
(週)
通貨
ペア
資金
(万円)
累積利益
(万円)
年利換算
(%)
不労所得
(30万円/月)
6AUD/NZD3,10011.32.6
6USD/CAD1,50043.226.5
100万円
FIRE資産運用
5USD/CAD1002.729.7
主婦のへそくり34AUD/NZD504.113.3
合計--4,75061.34,811.3
※年利換算=累積利益率➗運用週数 x 55週
マネースクエア:トラリピの良いところは、金額にかかわらず同じ運用効率が期待できることです。
 
▼この記事でみなさんが理解すること▼
  • ビットコイン価格の推移
  • ドルコスト平均法で仮想通貨を積み立てる方法
  • 毎月1万円の投資で見られる『夢の資産形成』

 

ビットコイン価格推移:1ヶ月

ここまでの1ヶ月のビットコインの価格推移を見てみましょう。

価格推移

この1ヶ月の最低、最高はこちら。

High/Low
  • Highest : 3,307,500円
  • Lowest:2,729,246円

2022年09月06日午後のビットコインの価格は、2,793,310円でした。

ビットコイン積立:定点観測

2022年08月8日の買付開始から、約10日ごとの定点観測をしています。

Coincheck積立
  • 積立資産額:27,323円
  • 内訳日本円:  1,000円
  • 内訳BTC:   26,323円

現在、1日1,000円、1ヶ月で30,000円の積み立てをしています。

月の初めに、指定口座から30,000円が自動で引き落とされます。その中から、毎日1,000円分のBTCを買付します。

積立30日目

・毎日1,000円、毎月30,000円の積み立て
・不定期に定点観測中

定点観測
日付
積立金額
(円)
評価額
(円)
評価損益
(円)
買い付け
BTC
08/081,000984-150.00031
08/1810,0009,518-4820.00300
08/2720,00017,521-2,4790.00629
09/0630,00027,620-2,3800.00977

毎日、1,000円分のBTCを買付しています。

30日間の積み立てを継続していますが、連日の下落で、09月06日現在は評価損が発生しています。

下落しているということは多く買えるということですので、気楽に考えましょう。

 

メインアカウントの定点観測

メインのアカウント(ウォレット)は『Coinchekつみたて』画面とは別に管理されます。

メインアカウント

まだ、売らずに残っているのは1 x BTCのみです。
 
これはずっと売らずに残しておこうと思います。
 

仮想通貨積み立てに興味があれば

 
もし、興味があるなら、宝くじでも買うつもりで毎月1万円程度、ビットコイン積み立てをすれば良いと思います。
いきなり100万円とか、1,000万円とかお金を突っ込むのは無謀です。
 
1万円だと年間12万円しか積み上がらないので、毎日積み立てようと考えました。
 
30日で割ると、1日333円 x 30日の計算なので、1日1,000円ならキリが良いし毎月3万円なら良しとしました。
 
すでにCoincheck(コインチェック)に口座をお持ちの方なら簡単に始められます。
 
 
アカウント画面を開くと『Coincheckつみたて』が出てきます。
『Coincheckつみたて』設定
●『Coincheckつみたて』をクリック


●『設定』をクリック。

●『履歴』をクリック。



●管理人は『毎月:30,000円』『毎日積み立て』を選択しています。
 
積み立ての設定は簡単なんですが、開始までに時間がかかるのがちょっとうざいです。
 
積み立てスケジュール
管理人が、積み立てを申し込んだのが7月中旬なんですが、引き落としが開始されたのが7月27日です。そして、買い付けが開始するのが8月8日になります。
 
8月8日以降、毎日1,000円、ビットコインの買い付けが開始されます。
積立開始までに時間がかかるので、始めたい人は手続きをお早めに!
 
年月申込/変更期間引落日買付日
2022/98/14 ~ 9/99/2710/7
2022/109/10 ~ 10/1110/2711/7
2022/1110/12 ~ 11/1111/2812/7
2022/1211/12 ~ 12/1112/271/10
2023/112/12 ~ 1/131/272/7
2023/21/14 ~ 2/102/273/7
2023/32/11 ~ 3/103/274/7

 

おすすめの設定

設定する項目は3点です。

  1. 積立する通貨:16通貨
  2. 積立金額:毎月、最低1万円から
  3. 買い付けタイミング:毎月、もしくは毎日
積立可能な通貨は、16通貨ありますが、ビットコイン一択でしょう。

昔は、XRP(リップル)やETH(イーサ)を保有したこともありますが、最後はBTCに落ち着きました。

積立対応通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)※一時停止中
  • LSK(リスク)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XLM(ステラルーメン)
  • XEM(ネム)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • MONA(モナコイン)
  • SAND(サンド)
買い付けのタイミングですが、自分が毎日チェックしたい人か、1ヶ月間放置してても気にならない人かで決めれば良いと思います。

 

最後に:投資は自己責任で!

管理人は、仮想通貨は投資ではなく投機だと考えています。

法定通貨のように、国という後ろ盾がない限り、バブルのように消えてしまいかねません。

やはり、投資の王道は、米国株のインデックス投資です。長い時間をかけて、じっくりと育て上げるのが投資だと考えています。

読んだよのクリックが励みになります!

1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

 

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

『FIRE資産形成』最新記事はこちら

◆100万円で始めるFIRE資産運用:第07週で利益率27.6%
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピで3つのプランを運用中(0.48億円)。:『100万円ではじめる資産形成トラリピ(FIRE資産運用)』は初心者にも安心な『USD/CAD:トラリピHalf & Half戦略...
◆毎月30万円の不労所得を作る資産運用:第08週は13.6万円
バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作りに『米国株に毎月27万円積立』と不労所得作りに『トラリピ:0.5億円』運用中。 毎月30万円の不労所得を目指し、今週は13.6万円の利益。 日銀の24年ぶりの円買い介入で市場は大混乱、あなたの運用成績は?
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!

 

 

 

 
 
 
▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

トラリピ®とは「トラップリピートイフダン®」という注文方法の略称です。

マネースクエア社が特許を取得したFXの自動売買の仕組みで『安定した収益確保』が魅力です。