◆最高値から70%下落!始めるなら今だ◆ビットコイン積立◆

この記事は 約5 分で読めます。

ビットコインを毎月1万円だけドルコスト平均法で積み立てる単純資産運用。

いつか始めたいと思いながら上がり続けるうちに…

最高値から70%下落して、買い場が訪れた今が積立開始のビックチャンス!
 
お笑い芸人がFXや仮想通貨で7億円を超える詐欺をやらかしたとかで世間をざわ付かせていますね。
 
自分が理解してないことにお金を突っ込むのは、投資ではなく投機なので騙されないように、自分の身は自分で守りましょう♪
 
みなさん、仮想通貨って怖いよねとか言いながら、ビットコインが最高値更新とか、800万円を超えたとか、ニュースを見るたびに悔しい思いをしてる人多くないですか?
 
いきなり100万円とか、1,000万円とかお金を突っ込むのは無謀です。
 
もし、興味があるなら、宝くじでも買うつもりで毎月1万円程度、ビットコイン積み立てをすれば良いと思います。
 
管理人も知り合いから薦められて、安い時にビットコイン運用を開始しました。
 
現在は、1 x BTCだけ保有しています。
管理人は、Coincheck(コインチェック)を利用しています。
 
2022年07月28日現在、300万円を超えていますね。
Coincheck ウォーレット

 
ビットコイン積み立て開始
2022年に入り、米国金融市場のスローダウンと同調して、ビットコインも根を崩してきました。
 
これまでは、株式市場の下落が起きるとビットコインの値段が上がるという補完機能があったのですが、最近はその傾向が見られなくなりました。
 
2022年6月、最高値から70%以上も下落したので買い場到来と考えたのですが、この状況で大きく買いに行くのはリスクが大きすぎるので様子を見ていました。
 
そこで、毎日1,000円、毎月3万円のビットコイン積み立てを開始しました。
 
Coincheck(コインチェック)では、毎月1万円から積み立てが可能です。
 
1万円だと年間12万円しか積み上がらないので、毎日積み立てようと考えました。
 
30日で割ると、1日333円 x 30日の計算なので、1日1,000円ならキリが良いし毎月3万円なら良しとしました。
 
すでにCoincheck(コインチェック)に口座をお持ちの方なら簡単に始められます。
 
 
アカウント画面を開くと『Coincheckつみたて』が出てきます。
『Coincheckつみたて』設定
●『Coincheckつみたて』をクリック


●『設定』をクリック。

●『履歴』をクリック。



●管理人は『毎月:30,000円』『毎日積み立て』を選択しています。
 
積み立ての設定は簡単なんですが、開始までに時間がかかるのがちょっとうざいです。
 
積み立てスケジュール
 
管理人が、積み立てを申し込んだのが7月中旬なんですが、引き落としが開始されたのが7月27日です。そして、買い付けが開始するのが8月8日になります。
 
8月8日以降、毎日1,000円、ビットコインの買い付けが開始されます。
 
年月申込/変更期間引落日買付日
2022/76/12 ~ 7/107/278/8
2022/87/11 ~ 8/138/299/7
2022/98/14 ~ 9/99/2710/7
2022/109/10 ~ 10/1110/2711/7
2022/1110/12 ~ 11/1111/2812/7
2022/1211/12 ~ 12/1112/271/10
2023/112/12 ~ 1/131/272/7
2023/21/14 ~ 2/102/273/7
2023/32/11 ~ 3/103/274/7
早く始めたい人は、日程を確認の上、お早めに。
管理人はせっかちなので、正直、イラつきましたw
 
おすすめの設定

設定する項目は3点です。

  1. 積立する通貨:16通貨
  2. 積立金額:毎月、最低1万円から
  3. 買い付けタイミング:毎月、もしくは毎日

 

積立可能な通貨は、16通貨ありますが、ビットコイン一択でしょう。

昔は、XRP(リップル)やETH(イーサ)を保有したこともありますが、最後はBTCに落ち着きました。

積立対応通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)※一時停止中
  • LSK(リスク)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XLM(ステラルーメン)
  • XEM(ネム)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • MONA(モナコイン)
  • SAND(サンド)

積み立ての金額は、お財布への相談ですが、一気に大金を突っ込むのは避けましょう。

最初は数万円、大暴落しても泣かない程度がおすすめです。

買い付けのタイミングですが、自分が毎日チェックしたい人か、1ヶ月間放置してても気にならない人かで決めれば良いと思います。

はい、管理人は我慢できないタイプですw

 

最後に

管理人は、仮想通貨は投資ではなく投機だと考えています。

法定通貨のように、国という後ろ盾がない限り、バブルのように消えてしまいかねません。

やはり、投資の王道は、米国株のインデックス投資です。
長い時間をかけて、じっくりと育て上げるのが投資だと考えています。

 

米国株とトラリピでFIRE資産運用

資産運用ベースは、S&P500インデックス投資(毎月30万円積立)です。

不労所得確保の為、マネースクエア社のトラリピ『0.48億円』運用中です。景気後退局面でも為替変動があれば『収益確保』が可能です。

▶︎NY駐在時代、超円高契機に資産運用開始。
▶︎2017年金融資産1億円、家族持ちFIRE+海外移住!

★この記事が気に入ったら、フォローしよう★
プラン期間
(週)
通貨
ペア
資金
(万円)
累積利益
(万円)
年利換算
(%)
不労所得3AUD/NZD3,1006.22.9
3USD/CAD1,50014.117.3
100万円2USD/CAD1000.515.7
へそくり30AUD/NZD404.119.0
合計--4,74024.94,764.9
不労所得/100万円の両プランはリバランスし、2022年08月運用開始。

読んだよのクリックが励みになります!

1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

 

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

『FIRE資産形成』最新の記事はこちら

◆個人投資家が法人を設立するメリットは?◆FIRE資産形成
リタイア後の生活費を資産運用するFIRE・ハッピーリタイア組にとっては増税は悩みの種。 個人投資家が法人を設立して、社会保険料や税金を節約できれば嬉しいけど… 資産管理会社とかマイクロ法人とかメリット有るの?
◆不労所得が月平均60万円で1年経過◆FIRE資産トラリピ
管理人の資産運用は『S&P500積立毎月30万円』をベースに、不労所得獲得のためマネースクエア:トラリピで『0.55億円』を運用中。 運用開始からほぼ1年経過、累積利益772万円、月間平均利益60万円。 FIRE生活には十分だと思いませんか?
◆毎週15万円収益で50週間経過◆FIRE支える不労所得トラリピ
管理人の資産運用は『S&P500積立毎月30万円』をベースに、不労所得獲得のためマネースクエア:トラリピで『0.55億円』を運用中。 運用開始から50週間を経過、累積利益771万円、週間平均利益15万円。 FIRE生活には十分だと思いませんか?
◆次の買い場を待てない人の資産運用◆不労所得トラリピ:47週
リセッションが近づき、次の買い場到来を待てとの消極的な意見が目につく。 チャンスに買い迎えるように現金比率を上げろという人も。 管理人は相場に左右されない米国株積立をメインに、トラリピで『0.55億円』を運用中。
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!
◆はじめてのトラリピ◆100万円を利益率20%で10年運用したら?
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 少額の売買利益をコツコツと貯める仕組みなので長期投資が必須!

 

 

 
 
 
▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

トラリピ®とは「トラップリピートイフダン®」という注文方法の略称です。

マネースクエア社が特許を取得したFXの自動売買の仕組みで『安定した収益確保』が魅力です。