◆緊急損切200万円!AUD/NZD再建への道◆不労所得トラリピ

この記事は 約9 分で読めます。


管理人の資産運用は『S&P500積立毎月30万円』をベースに、不労所得獲得のためマネースクエア:トラリピで『0.53億円』を運用中。

運用開始からほぼ1年経過、大きな利益を上げてきた豪ドル/NZドルに暗雲が…

大手術でAUD/NZD再建へ!

 

2021年08月から運用を開始した『不労所得トラリピ』が、ほぼ1年経過しました。

こんな日を迎えるとは…

 

 

いつも、じっちゃまの言葉に背中を押されるw

 

AUDNZD雲行きが怪しい

順調そうに見えたこの投資に激震が走ったのは、『スリーミリオン倶楽部』コンサルタント『K氏』のメッセージからだった。

見るからに緊迫感あふれるメッセージに、慌てて携帯を手に取った管理人でした…

ざっくりと概要を聞き、翌日の緊急ZOOMミーティングをセットした。

 

トラリピ史上最強通貨ペア:AUDNZD

管理人が集中投資する、豪ドル/NZドル(オージーキウイ)はレンジ相場を形成するマネースクエア:トラリピに最適な『史上最強通貨ペア』と呼ばれています。

豪ドル/NZドル(月足)

2013年以降、1.00-1.15の間を行ったり来たりして『オージーキウイ愛好家』に莫大な利益を生み続けてきました。

豪ドル/NZドル間の政策金利差によりレンジ相場が形成され、狭い経済圏で同様な政策を実施する両国間の関係はまだまだ継続する見込みだった。

 

AUDNZDが金利差に連動していない

両国間の金利差が下がれば、豪ドル/NZドルも下がるというのがこの戦略のシナリオでした。

豪ドル/NZドルと政策金利差(月足)

ところが、上のチャートのように両国間の金利差が右肩下がりにもかかわらず、豪ドル/NZドル(オージーキウイ)が上昇しています。

この点が、K氏の『これまでのシナリオでは説明がつかない』状態ということです。

 

AUDNZD撤退もしくは縮小

出された提案は、

AUDNZD撤退もしくは縮小

 

いきなり、撤退と言われても、5,000万以上も突っ込んでて撤退となれば数千万円の損失…

目一杯にリスクを孕んだ管理人の『不労所得トラリピ』は、これまでの安全圏といわれた『1.15』を越えれば、一気にロスカットになりかねない状態でした。

いくらなら損切りできるかとの単刀直入な質問、

これまでの利益700万円までなら…

 

損切り開始

ミーティングでは、様子を見ながら、リスクを下げるために徐々にポジションを落とすことに。

このタイミングで即決したのは200万円の損切りでした。

そして、来週、さらに突っ込んだ損切りの相談を約束してZOOMを切りました。

管理人が、マネースクエアをパートナーに選んだのは、このコンサルティングサービスがあるためでした。

その日の夜には、K氏の担当する『スリーミリオン倶楽部』メンバーに向けてのグループミーティングが開催され、急な招集にもかかわらず数十人が参加した。

 

AUDNZD縮小とリスク分散

リスク分散は『K氏』から見直しを提案されてきた課題でもあり、これを機会に大手術を決断しました。

AUDNZDの大胆なポジションカットと他の通貨ペアへのリスク分散。

悩ましい夜は続く…

 

米国株とトラリピでFIRE資産運用

資産運用ベースは、S&P500インデックス投資(毎月30万円積立)です。

不労所得確保の為、マネースクエア社のトラリピ『0.48億円』運用中です。景気後退局面でも為替変動があれば『収益確保』が可能です。

▶︎NY駐在時代、超円高契機に資産運用開始。
▶︎2017年金融資産1億円、家族持ちFIRE+海外移住!

★この記事が気に入ったら、フォローしよう★
プラン期間
(週)
通貨
ペア
資金
(万円)
累積利益
(万円)
年利換算
(%)
不労所得3AUD/NZD3,1006.22.9
3USD/CAD1,50014.117.3
100万円2USD/CAD1000.515.7
へそくり30AUD/NZD404.119.0
合計--4,74024.94,764.9
不労所得/100万円の両プランはリバランスし、2022年08月運用開始。

 

▼この記事でみなさんが理解すること▼
  • 戦略には賞味期限があり、永続するものではない
  • トレンド相場で発生する評価損の実態【リスク】
  • トラリピに最適なレンジ相場が続いた『豪ドル/NZドル』の現状

 

不労所得トラリピ:利益確定

この項目では

毎週月曜から土曜日の朝までの1週間の確定利益、平均利益をトラック。

  • 週間利益:-2,036,214
  • 週平均利益:10.9万円
  • 月間利益:-1,935,717
  • 月平均利益:47.4万円

開始日週間
利益
週利
年換算
3203/07過去最高
944,460
129.9%
4606/1338,5094.9%
4706/2022,9062.7%
4806/2732,2233.9%
4907/0413,1431.8%
5007/1137,0545.1%
5107/1818,0770.1%
※緊急損切り対応200万円
5207/252,036,214-5.1%
週間利益年換算=週間利益➗投下資金 x 55週間
トラリピ
トラリピ
高い勉強代ですね…

 

不労所得トラリピ:累積利益

この項目では

2021年08月の運用開始以来の各週の『累積利益・評価損益・合計損益』をトラック。

  • 累積利益:5,691,996円
  • 年換算利益率:13.1%

トラリピ
トラリピ
2021年11月28日週につけていた評価損を一気に決済した翌週からプラスに転じました。以降は合計損益もプラス基調に好転しました。
累積
利益
累積
利益率
年利
換算
評価
損益
合計
損益
2021年
08月
637,4721.59%19.1%-1,000,000-362,528
2021年
09月
650,6671.6%9.8%-1,500,000-849,333
2021年
10月
1,610,4794.0%16.1%-1,952,981-342,502
2021年
11月
2,433,7886.0%18.3%-4,637,190-2,203,402
2021年
12月
3,252,9838.1%17.7%14,7173,267,700
2022年
01月
4,160,05710.4%20.8%-1.284,1682,875,889
2022年
02月
5,303,82413.3%22.7%-1,229,4564,074,368
2022年
03月
7,383,21918.5%27.7%-2,975,8565,532,060
2022年
04月
7,383,21917.2%24.2%-8,904,602-1,521,383
2022年
05月
7,383,21916.1%20.1%-14,800,978-7,417,759
2022年
06月
7,659,93616.7%19.1%-10,296,908-2,638,982
※緊急損切対応200万円
2022年
07月
5,691,99612.4%13.1%-13,902,204-8,210,208

累積利益率=累積利益➗投下資本
年利換算=累積利益率➗運用週数 x 55週

トラリピ
トラリピ
来週、さらに利益を吐き出さないと😭

 

不労所得トラリピ:運用状況(証拠金維持率)

この項目では

2021年08月の運用開始以来の各週の『有効証拠金』『証拠金維持率』をトラック。

  • 投下 資金:46,000,000円 
  • 有効証拠金:37,789,792円
  • 証拠金維持率:212%

開始日有効
証拠金
証拠金
維持率
2212/2743,227,117過去最高
4,319%
:
4506/0638,232,316過去最悪
195%
:
4706/2042,464,026219%
4806/2743,363,028228%
4907/0439,210,225198%
5007/1140,817,485218%
5107/1839,221,971196%
※緊急損切対応200万円
5207/2537,789,792212%
有効証拠金:預託証拠金+受渡前損益+評価損益、口座の時価
証拠金維持率:有効証拠金÷必要証拠金×100、ロスカットを判定
トラリピ
トラリピ
損切りで証拠金維持率は改善しましたが、リスク耐性はまだまだ低いです。

不労所得トラリピの運用方針と設定サマリー

不労所得トラリピ:口座サマリー

  • 運用開始:2021年8月
  • 投下資金:4,600万円
  • 戦略:AUD/NZD+コア集中
  • ロスカット想定高値/安値:1.15/0.99

2021年8月に入金した2,000万円を皮切りに、現在は4,600万円で運用しています。

トラリピで不労所得(4,600万円):設定一覧

初期設定【2021年08月】
通貨ペア売買レンジ注文トラップ数利益金額
AUD/NZD1.10 – 1.071万45040
AUD/NZD1.07 – 1.041万25040
AUD/NZD1.06 – 1.051万10040
AUD/NZD1.05 – 1.041万10080
AUD/NZD1.04 – 1.011万5080

▼変更後はこちら▼

現在の設定【2022年05月以降】
通貨ペア売買レンジ注文トラップ利益額
AUD/NZD1.115 – 1.0850.3万13240
AUD/NZD1.085 – 1.0701万5140
AUD/NZD1.080 – 1.0701万20040
AUD/NZD1.075 – 1.0701万20040
AUD/NZD1.065 – 1.0601万5040
AUD/NZD1.070 – 1.0651万20040
AUD/NZD1.070 – 1.0601万10040
AUD/NZD1.070 – 1.0401万20040
AUD/NZD1.040- 1.0101万5080

※ちょいちょい設定を見直しています。

 

では、また来週〜

読んだよのクリックが励みになります!

1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

 

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

『FIRE資産形成』最新の記事はこちら

◆個人投資家が法人を設立するメリットは?◆FIRE資産形成
リタイア後の生活費を資産運用するFIRE・ハッピーリタイア組にとっては増税は悩みの種。 個人投資家が法人を設立して、社会保険料や税金を節約できれば嬉しいけど… 資産管理会社とかマイクロ法人とかメリット有るの?
◆不労所得が月平均60万円で1年経過◆FIRE資産トラリピ
管理人の資産運用は『S&P500積立毎月30万円』をベースに、不労所得獲得のためマネースクエア:トラリピで『0.55億円』を運用中。 運用開始からほぼ1年経過、累積利益772万円、月間平均利益60万円。 FIRE生活には十分だと思いませんか?
◆毎週15万円収益で50週間経過◆FIRE支える不労所得トラリピ
管理人の資産運用は『S&P500積立毎月30万円』をベースに、不労所得獲得のためマネースクエア:トラリピで『0.55億円』を運用中。 運用開始から50週間を経過、累積利益771万円、週間平均利益15万円。 FIRE生活には十分だと思いませんか?
◆次の買い場を待てない人の資産運用◆不労所得トラリピ:47週
リセッションが近づき、次の買い場到来を待てとの消極的な意見が目につく。 チャンスに買い迎えるように現金比率を上げろという人も。 管理人は相場に左右されない米国株積立をメインに、トラリピで『0.55億円』を運用中。
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!
◆はじめてのトラリピ◆100万円を利益率20%で10年運用したら?
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 少額の売買利益をコツコツと貯める仕組みなので長期投資が必須!

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

トラリピ®とは「トラップリピートイフダン®」という注文方法の略称です。

マネースクエア社が特許を取得したFXの自動売買の仕組みで『安定した収益確保』が魅力です。