◆タイのコロナ◆国際線の乗り入れ禁止5月31日まで延長:人道支援+医療は除く

この記事は 約5 分で読めます。

タイに向けた国際線の乗り入れ禁止が5月末まで延長。新型コロナの感染拡大を阻止するための措置。タイ国内での新規感染者数は横ばいで、経済制限の緩和も俎上に。メディアによるとプラユット首相は5月末までの非常事態宣言を延長する見込み。

◆タイのコロナ◆国際線の乗り入れ禁止4月30日まで延長:人道支援+医療は除く

◆タイのコロナ◆国際線の乗り入れ禁止4月30日まで延長:人道支援+医療は除く
タイに向けた国際線の乗り入れ禁止が4月30日まで延長。 タイでは非常事態宣言以降、都市封鎖、夜間外出禁止、アルコール販売禁止などの厳しい対策が機能し、感染爆発を抑制。タイ正月も延期し、措置を強化。#コロナ #飛行禁止 #渡航中止勧告

◆タイのコロナ◆タイに向けた航空機の飛行禁止:4月7日〜18日

◆タイのコロナ◆タイに向けた航空機の飛行禁止:4月7日〜18日【大使館】
4月6日、タイ民間航空局はタイに向けた航空機の飛行禁止措置を4月18日まで延長すると発表。4月4日から6日までの同措置を延期。タイ発の航空機に関しては言及なし。日本への帰国便利用者は、航空会社に確認必要。

タイの新規感染者数推移:4月27日

国際線の乗り入れ禁止5月31日まで延長

記事引用先:ThaiVisa

FILE PHOTO: Passengers are seen at Bangkok’s Suvarnabhumi International airport as Thailand will temporarily ban all passenger flights from landing in the country to curb the outbreak of the coronavirus disease (COVID-19), Thailand, REUTERS/Athit Perawongmetha/File photo

Thailand extends ban on inbound passenger flights until May 31

Thailand has extended a ban on incoming passenger flights until the end of May in a bid to curb the coronavirus outbreak, the country’s aviation regulators said on Monday.
The ban which was first introduced on April 4, has been extended until May 31, the Civil Aviation Authority of Thailand confirmed on its website.
The only inbound flights permitted are state or military aircraft, repatriations, cargo and emergencies. The extension will come into effect from May 1, 2020 at 00:01 am. until May 31, 2020 at 23:59.

タイの航空規制当局者は、タイは5月末までコロナウイルスの発生を抑制するために、旅客機の入国禁止を延長したと発表した。
4月4日に最初に導入された禁止措置は5月31日まで延長され、タイの民間航空局がそのウェブサイトで確認しました。 許可されているのは、軍用機、本国送還、貨物および緊急事態です。 延長は2020年5月1日00:01 amから2020年5月31日23:59まで。

Civil Aviation Authority of Thailand

https://www.caat.or.th/th/archives/49757

在タイ日本国大使館:新型コロナウイルスに関するお知らせ(タイ行き航空機の飛行禁止措置期間の再延長)2020年4月27日

・タイ民間航空局は,4月30日23時59分までとされていた,タイ国に向けた航空機の飛行を禁止する措置を5月1日00時01分から5月31日23時59分まで再延長する旨発表しました。
・本措置は今後の発表等により変更等の可能性もありますので,最新の情報収集に努めてください。 

タイ民間航空局からの発表の日本語仮訳は以下のとおりです。

航空機のタイ向け飛行の一時的な禁止(第4号)

第1項 5月1日00時01分から5月31日23時59分まで、タイ国に向けた飛行を一時的に禁止する。
第2項 タイ民間航空局が旅客輸送のために第1項の期間について発行した、タイ国に向けた飛行許可を取り消す。
第3項 以下の航空機は、第1項の禁止事項に含まない。

1. 政府及び軍用の航空機
2. 緊急着陸を行う航空機
3. 乗客の降機を伴わない、給油目的の着陸を行う航空機
4. 人道支援目的、医療目的もしくはCOVID-19感染者を支援するための物品輸送を行う航空機
5. 本国送還のため飛行が許可されている航空機
6. 貨物輸送

第4項 第3項の航空機の乗員は、14日間の隔離といった、感染症予防に係る国内法規及び非常事態令第9条に基づく決定事項に則した措置に従わなければならない。

以上、現時点から、追加の指示があるまで適用する。
仏暦2563年4月27日
タイ民間航空局局長

(参考)タイ民間航空局HP

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?