バンコクタイムズ:2020年1月タイからレジ袋が消える!来年からコンビニ・小売大手がレジ袋提供中止!

この記事は 約3 分で読めます。

ビニール袋大好きのタイの庶民が納得するんでしょうか?
タイの環境省が大手の小売業者との間で『2020年初からのレジ袋廃止』に合意と報道。
2019年11月23日【追記】
タイの小ネタ:世界の海洋汚染国6位から2019年は10位に改善
429 Too Many Requests
 

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。
海洋プラスチック流出量は世界6位!

タイは世界で第6位の海洋プラスチック流出国である。
参照:環境省|海洋プラスチックごみに関する状況(平成31年)
ジュゴンの赤ちゃんがお腹のプラスチックで・・・

2019年8月には、タイ南部で保護されたジュゴンの赤ちゃんが死亡した。
解剖した腹部に溜まったプラスチックが原因とされている。
インターネットで多くのアクセスを集めた人気者の死にタイ国民にショックを与えた。

参照:絶滅危惧ジュゴンの赤ちゃん死亡 胃に「20センチ」のプラごみ

企業はレジ袋削減努力をするも・・・

先日、多くの企業がプラスチックの削減に努力をしている活動状況を報告しています。しかしながら、買い物をするお客さんの意識は低いままのようです。

429 Too Many Requests

 

ついに、環境省がレジ袋禁止!

タイ政府が動きました。
大手の流通小売業社と『No more from the start of 2021』合意を取り付けたとタイ語メディアのThaiPBSが報じました。

Plastic bags: No more from the start of 2020

記事引用先:ThaiVisa(2019/09/11)

Thai Public Broadcasting Service reported that an agreement has been inked between the Ministry of the Environment and major retailers like CP Group (7-Eleven), Central and The Mall Group to stop handing out plastic bags by January 1st 2020. 
This will result in an immediate 30% reduction in the billions of bags handed out to Thais annually.

タイ公共放送局は、環境省と2020年1月1日までにビニール袋の配布を停止するというCPグループ(セブン・イレブン)、セントラル、ザモールグループなどの主要小売業者との間で合意が結ばれたと報告しました。 
これにより、毎年タイ人に渡される数十億のバッグが即座に30%削減されます。
 
大手小売業者だけではなく、一般の小売業、市場まで巻き込んだ活動になると良いですね!

読んだよのクリックが励みになります!

1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会が続く3つの理由◆贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会、上位1%の富裕層が持つ富が全体の約67%を占め、更に広がる傾向… 貧富の差はタイの政治対立を引き起こし、罪を犯した富裕層が罰を免れることも珍しくない。 格差を広げる理由は3つ、贈与税、相続税、そして日本で言う固定資産税が…
◆タイ王室は世界一裕福:保有資産4.6兆円は英国王室の80倍
話題の日本の皇室財産は国に帰属し、皇室費用は毎年予算計上し国会承認が必要。 一方、世界には裕福な王室も多く世界一のお金持ちはタイ王室で資産は約4.6兆円。 有名なイギリスのエリザエス女王でさえ約550億円で、タイ王室はその80倍以上…
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆タイのエイズ孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和@バーンロムサイ
タイには約45万人のHIV感染者(=エイズではない)がいると推定される。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…