... ...

◆タイはメディカルツーリズム先進国◆ヘルスケアサービス世界6位

この記事は 約4 分で読めます。

アメリカのエグゼクティブ向けの雑誌”CEO WORLD”の企画で、ヘルスケアが充実している国の調査でタイが6位にランキングされた。タイのメディカルツーリズムに国を挙げて取り組む成果が評価された模様。

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。
海外の医療費は高い!

タイには日本の様な『国民健康保険』がないので、医療費は高額です。

請求書:452,820バーツ(約160万円)がこちら↓
 
管理人は、2019年7月、椎間板ヘルニアの内視鏡手術をバンコクのバムルンラード病院で受けました。
 :
手術の翌日には退院したのですが、請求は452,820バーツ(約160万円)でした。日本で実施すると25万円です。6倍以上です!
 :
医療保険がなかったらと思うと怖くなりました。
https://www.escape2bangkok.com/entry/bangkok-longstay-medical-insurance-1
 
外国人価格が存在する:

日本国内での外国人への『プレミア付き自費診療』と同様に、タイでもタイ人と外国人価格には差が発生しています。

バンコクタイムズ:タイの病院で二重価格!日本でも外国人は高額自費診療!
海外に住んで居ると、病院の高額請求が気になりなす。 タイの英字メディア”ThaiVisa”が『タイの政府病院は二重価格|外国人に高額請求』と報じています。 タイの病院で二重価格|外国人に高額請求?但し日本でも外国人は自費診療!

 

駐在員御用達3大病院!

バムルンラード病院、サミティベート病院、バンコク病院などは、海外の富裕層向け専用窓口を設け、通訳を常駐している。
これらは『日本人専用ラウンジ・窓口』を準備している。

バンコク日本語対応病院:サミティベート病院『日本人医療センター』開院!
バンコクには日本人御用達の日本語通訳が常駐している病院があります。 そのなかでも『サミティベート病院』はプロンポン駅からも近いスクンビット・エリアに位置します。 バンコク日本語対応病院:サミティベート病院『日本人医療センター』開院!

 

タイはメディカルツーリズム先進国!

近年、日本もメディカルツーリズムに力を入れているが、タイは既にこのエリアでは先進国である。

2017年、世界の52カ国以上から250万人、売り上げベースで43億米国ドル(約4,600億円)を記録した。

参照:Thailand seeks to boost market share of Medical tourism in Asia

タイの医療は世界で6位 ~CEOWORLDの2019年リストでスペイン、フランス、ベルギーを破る~

記事引用先:Bangkok Post(2019/09/10)

Thailand’s healthcare ranked sixth best in the world | Beats Spain, France, Belgium in CEOWORLD’s 2019 list

Thailand is gaining worldwide recognition for the quality of its healthcare services, after the US magazine CEOWORLD placed Thailand sixth in its’ 2019 list of countries with the best healthcare systems, the Public Health Ministry said.

保健省によると、米国の雑誌CEOWORLDが最高の医療システムを備えた2019年のリストでタイを6位にした。タイは医療サービスの質で世界的に認知されつつあります。

According to CEOWORLD, which published the list early last month, Thailand was among the few Asian countries which managed to enter the top 10 in 2019, along with South Korea in second place and Japan in third place.
European countries dominate the list, with Austria leading at fourth place, followed by Denmark (5th), Spain (7th), France (8th) and Belgium (9th).

先月初めにリストを公開したCEOWORLDによると、タイは2019年にトップ10に入ることができた数少ないアジアの国の1つであり、韓国は2位、日本は3位でした。
ヨーロッパの国々がリストを支配しており、オーストリアが4位、続いてデンマーク(5位)、スペイン(7位)、フランス(8位)、ベルギー(9位)が続いています。

お願い:ランキングへの応援ポチ!

最後までお読み頂き、有難うございます。ランキングに参加しています。1日一回、下のイラストをポチッとして、応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会◆貧富の差が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会だ。 しかもその格差が縮小することはなく続くと思われる理由がある... タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税! ・タイは相続税が『ほぼゼロ』 ・タイは固定資産税が『ほぼゼロ』
◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん!
タイには約45万人のHIV感染者がいると推定されている。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★1日一回、イラストをクリックしてランキングの応援おねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,284人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。