◆タイのコロナ:保健省3月11日発表◆在タイ日本国大使館からの報告

この記事は 約5 分で読めます。

3月11日、世界保健機構(WHO)が新型コロナウィルスの世界的な感染拡大について『パンデミック』と宣言した。大規模感染は中国やイタリア、韓国、イランなどに拡大し、世界の感染者数は約12万人、死者は約4千人を超えた。
タイでも連日、タイ保健省が対策を発表している。

在タイ日本国大使館:新型コロナに関するお知らせ(3月11日)

3月11日夜,タイ保健省は,タイ感染症法に基づく新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策の内容について以下のとおり発表しました。

日本を含む感染が拡大している地域(現時点では,日本,台湾,シンガポール,ドイツ,フランス及びスペイン)からの渡航者は,観察下に置かれるが,必ずしも自宅待機は要請されていない。
危険感染症地域(韓国,中国,イタリア及びイラン)からの渡航者は,自宅等における自己検疫となり,外出が禁止される。

詳細は,保健省の公表資料から確認できますが,概要は以下のとおりです。
なお,今回のタイ保健省からの発表内容については,以下のリンク先から確認できます。
・措置の概要
https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/img/main/Measures110363.pdf
・Q&A
https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/img/main/q_a_travelers110363.pdf

1 渡航者が,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者,またはそれが疑われる者(※)である場合
 ※ 37.5度以上の発熱があり,咳,鼻水,のどの痛み,息切れのいずれかの症状がある者
 ・ 職員は,厳格に法律を適用し,検査,治療,臨床診断,隔離,検疫のために渡航者を医療施設へ移送する。
2 上記1に該当しない場合で,危険感染症地域(現時点では,韓国,中華人民共和国(含:マカオ,香港),イタリア及びイラン)からの渡航者
 ・ 自宅等において最低14日間の自己検疫を実施しなければならず,自宅等を離れてはならない。
 ・ 当該期間中は,報告システム(※)に症状を記録し症状を観察しなくてはならない。
 ・ サーベイランスの担当官が渡航者の症状をモニターする。
3 上記1に該当しない場合で,地域での感染が拡大している地域(現時点では,日本,台湾,シンガポール,ドイツ,フランス及びスペイン)からの渡航者
 ・ 最低14日間の自己観察を行うための観察下に置かれる(検疫なしの監督)。
 ・ 上記2と同様に,当該期間中は,報告システム(※)に症状を記録し症状を観察しなくてはならない。
   ※なお,この報告システムについては,現在開発中であるとのことです。
 ・ サーベイランスの担当官が渡航者の動きや誰と接触したかをモニターするために,渡航者は疾病管理官に訪問先を通知しなくてはならない。
上記2と3の者が,14日の間に発熱や症状がある,または疑われる場合には,すぐに疾病管理官に連絡しなければならない。

また,保健省が公表している「Q&A」には,例えば以下のような記載があります。
 ・ 危険感染症地域(Disease Infected Zones)とは,1,000人以上の感染者が報告され,地域での感染拡大の事案が14日間連続して報告されている国や地域。
 ・ 地域での感染が拡大している地域(Ongoing Local Transmission Area)とは,2週間連続して感染者が報告されている国や地域。
 ・ 自己観察(Self-Monitoring)とは,タイに到着してから14日間,1日2回検温を行い,呼吸器症状と発熱がある場合には,すぐに地域の保健当局に報告すること。
 
上記のとおり,現時点では,日本からの渡航者については,危険感染症地域からの渡航者とは異なり,一律に外出が禁止されているものではありませんが,日本を含めた各国の感染者数等の状況等を踏まえ,今後「危険感染症地域」が見直されることもありますので,引き続きタイ政府からの発表等の最新の情報収集に努めて下さい。
また入国時や病院受診時など,必要な場合にはきちんと日本等への渡航歴をご申告いただくようお願いします。
なお,現時点ではタイ教育省の措置は変更されておりません。

○外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
○在タイ日本国大使館ホームページ
https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
○タイ保健省 疾病管理局(Department of Disease Control)

https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/news.php

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500,696-3000
FAX:(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り,ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?