... ...

◆ベトナムフェスティバル2020◆11月7日~8日@代々木公園

この記事は 約2 分で読めます。

 

ベトナムフェスティバル2020の開催が決定!
例年、初夏に開催されてきたお祭りが11月7日〜8日@代々木公園で!
新型コロナでベトナムを訪れることができないベトナム愛好家におすすめのイベント!

◆ベトナム2021年◆祝祭日・テト(旧正月/春節)カレンダー

◆ベトナム2021年◆祝祭日・テト(旧正月/春節)カレンダー
ハノイは北の首都。ホーチミンは南のビジネスの中心地。 全く違う趣の街、両方行けると良いのですが、直線距離で約1,200キロ、飛行機で約2時間です。 ベトナムの祝祭日は少ないですが、テト、春節、旧正月は盛大にお祝いされます。

公式ウェブサイト: ベトナムフェスティバル2020-ベトナム・アジアの心

  • 日時:11月7日(土)~8日(日) 10:00~19:00
  • 会場:代々木公園イベント広場
  • 入場:入場無料
    • ※雨天決行、荒天中止
    • ※感染症対策を施入場者の安全を最優先に開催するため、入り口で体温の測定、 マスクの着用依頼を実施させていただきます。
  • 出店:営業許可を持つベトナムおよびアジアに関連する料理店、店舗、企業他各団体

ベトナムフェスティバル2019

公式ウェブサイト:2019

6月8日と9日に東京・代々木公園イベント広場で「ベトナムフェスティバル2019」を開催する(写真は2018年開催時)

ベトナムフェスティバル2019、代々木公園で6月8日~9日開催。ベトナムグルメや雑貨など約145ブース

記事引用先:トラベル Watch

ベトナムフェスティバルは2008年の初開催から11回目を迎える、ベトナム政府が海外で唯一公認する日本最大規模の交流イベントで、「食」「伝統芸能」「音楽」「観光」などさまざまなベトナムの「今」を体験できる。

◆日本人のベトナム入国は?

◆ベトナム入国:特別便◆12月+2021年1月:在ベトナム大使館
ベトナムへの14日以内の訪問者は『優先往来制度』が適用される。 ビジネス渡航者に限られ、承認を受けた用務以外、隔離施設(ホテル)に滞在が必要。 ANA・JALから12月+1月の特別便(ハノイ・ホーチミン行き)の計画が公開された。
◆感染症危険情報◆タイ、ベトナム、シンガポールなど9カ国引き下げ
タイ、ベトナム、シンガポールを含む9カ国の感染症危険情報が引き下げ。 これまでの『渡航中止勧告(レベル3)』から『渡航自粛(レベル2)』に変更。 他には、オーストラリア、ニュージーランド、中国(香港)、台湾、ブルネイ、韓国。
◆ベトナム入国:JALとANA◆2020年11月の運休情報
菅総理の訪問が、10月中旬に予定されているベトナムは、コロナ感染抑制の成功国。 短期出張者の14日間隔離措置免除の方針を発表しているが、ベトナム航空は年内はハノイ発成田行きのみしか運行せず。 JALとANAも11月は、ベトナム発のフライトのみ…
◆ベトナム航空:冬の運行計画◆2020年内はハノイ発成田行きのみ
ベトナム航空、2020年内の運行スケジュールを発表。 10月25日から12月31日までの運航路線はハノイ発成田行きのみで、それ以外は運休。 ベトナム保健省は、短期出張者の14日間隔離措置免除の方針を発表しているが…
◆ベトナム入国:短期出張者◆14日間の隔離措置免除の方針
ベトナム保健省は、8月31日、短期出張者の14日間隔離措置免除の方針を発表。 入国までのプロセスは従前通りで『Bluezone』という追跡アプリも義務化。 入国後の検疫料金、陽性の場合の治療費は自己負担。行動は用務限定。

お願い:ランキングでの応援!

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイのコロナ:PCR検査◆バンコクの日本語の通じる3大病院+治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症の場合の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?

★お願い:参考になったら、クリック!タイ情報ランキングの応援おねがいします!


★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,915人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ ベトナムナビ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。