◆タイ入国:エリートビザ値上◆中国人殺到で5年ビザを20%値上

この記事は 約5 分で読めます。

タイ国政府観光庁は、2021年1月からエリートビザの値上げを発表。
コロナ禍から逃れたい中国人が殺到、2020年は記録的な売上。
調子に乗った運営会社は、5年ビザを50万から60万バーツ(207万円)に値上げ。
さらに遠のく庶民のタイ…
日本は『中度感染危険国』扱いで特別観光ビザ(STV)も申請できず、プラユット首相は『ワクチンが浸透しないと観光客は入れない』とか言い出すし…
 :
ついに、最後の砦の『エリート・ビザ』まで値上げすると言い出した…
 :
実は、管理人は、初期の頃に販売していた「譲渡可能」な『無期限・エリート・ビザ』の購入を検討していた頃がありました。一時期、このビザが市中に安く出回った時期(韓国人グループがビザを売って帰国するトレンド)があり、ブローカーから価格情報を入手していたのですが、その動きも落ち着いてうやむやに…
 :
5年物のエリート・ビザに、200万円も払うつもりは毛頭ありませんので、指をくわえているしかありません…

◆悲報:タイ入国◆首相:ワクチンが行き渡れば観光客に門を開く

◆悲報:タイ入国◆首相:ワクチンが行き渡れば観光客に門を開く
タイ政府はアストラゼネカ社と2,600万回分のワクチン供給契約を締結。 契約前日、プラユット首相はスピーチの中で、ワクチンが2021年の半ばまでに製造されれば、観光客に門を開き、経済再建ができると。 ワクチンがなければ、門は閉じたままなのか…

◆悲報◆タイ入国:特別観光ビザ◆申請入国不可『中度感染危険国』判定

◆悲報◆タイ入国:特別観光ビザ◆申請入国不可『中度感染危険国』判定
タイ王国から日本に下された判定は『中度感染危険国』 特別観光ビザ(STV)は『低度感染危険国』のみが対象で、申請も入国も不可と… 日本はタイの感染症危険情報レベルを引き下げたのに、日本国内の感染拡大抑制が優先か…

Thailand hikes price of 5-year visa as foreigners seek COVID haven

A 20% price hike on the popular visa is set to go into effect in January. (Photo by Ken Kobayashi)

記事引用先:Nikkei Asia

BANGKOK — Thailand plans to raise the price of its bestselling five-year residency permit by 20% in January, after the program dubbed “elite” visas drew record new memberships this year as people sought to stay in the largely coronavirus-free country.
Starting Jan. 1, the Easy Access — one of the nine elite-visa packages — will be offered for 600,000 baht ($19,850), up from the current 500,000 baht, according to Thailand Privilege Card, the operator of the elite visas.

多くの人々が『コロナ・フリー』なタイに滞在を求め、今年『エリート・ビザ』と呼ばれるプログラムが記録的な新規会員を獲得した後、1月にベストセラーの5年間の居住許可の価格を20%引き上げる予定です。
エリートビザの運営者であるタイプリビレッジカードによると、1月1日から、9つのエリートビザパッケージの1つであるイージーアクセスが現在の500,000バーツから600,000バーツ(19,850ドル)で提供されます。

タイランドエリートとは

2003年7月29日、タイの内閣はタイ政府観光庁からの提案であるタイランド・エリート・プロジェクトを閣議決定し、それに従い2008年8月29日にタイ政府観光庁の100%出資のもと、資本金10億バーツの「Thailand Privilege Card Company Limited」という会社を設立しました。これがいわゆるエリートカードを発行し、様々なサービスを提供している運営会社となります。その目的は特別な権利とサービスを会員に提供することによって、ハイエンドの観光客やビジネスマン、投資家、そしてロングステイヤー等からの利益を生成することにあります。タイランド・エリートは移住、レジャー、ビジネス、そしてその他多くの特典を得ることができる世界初となる国家の会員プログラムです。

2021年1月1日からイージー・アクセス会員の入会金が現状の50万バーツから60万バーツに改定されます。

詳細は下記の通りです。

  1. 2020年12月31日以前に入会申請をされた方で、入会審査の所要期間の影響で2021年1月1日を超えて審査が完了した場合でも審査完了後のレター発行日から30日以内に支払いが完了すれば50万バーツ(税込み)
  2. 2020年12月31日以前に入会申請をされた方で、審査完了後のレター発行日から30日を超えた場合でも2020年12月31日までに支払いが完了すれば50万バーツ(税込み)
  3. 2021年1月1日以降に入会申請をされた方は無条件で60万バーツ(税込み)
  4. 追加で1,498,000バーツ(税込み)の支払いによりアルティメット・プリヴィレッジ会員(20年期限)にアップグレード可能
  5. 追加で400,000バーツ(税込み)の支払いによりスーペリオリティ・エクステンション会員(20年期限)にアップグレード可能

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

マネースクエア

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:強制隔離期間短縮◆接種済は7日,未接種は10日
在タイ日本国大使館からタイ入国時の強制隔離期間の変更についてのお知らせ。 これまでの14日間から、ワクチン接種証明書提示で7日間、ワクチン未接種者は10日間に。 プラユット首相の宣言した、強制隔離なしの入国はいつになるのか…
◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?