※当サイトには広告を含む記事があります。

◆クレカでお得に投信積立◆SBI証券,楽天証券,マネックス証券

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事は 約4 分で読めます。

投資信託の積立やつみたてNISAの支払いに、クレジットカード利用者が急増中
*
ネット証券大手のSBI証券,楽天証券が対応済みで、マネックスが2022年初開始予定。
*
月々の積立上限は5万円で初心者にも優しく、積立金額に応じてポイントが貯まる!
我が家の財務大臣(パートナー)は、老後の生活資金を貯める目的で『SBI証券』で『つみたてNISA』を始めました。

その際に、つみたてNISAの支払いは銀行引き落としにしていたのですが、クレジットカード(三井住友ビザカード)が使えることを知り、早速切り替えました。毎月引き落としのタイミングで口座の状況確認もなくなり、クレジットカードにまとめて請求されるので管理も簡単になりました。

👇詳細をご覧になりたい方はこちら👇
◆つみたてNISAでS&P500とオルカン投資はじめてみたよ◆
NISAは、2014年開始の株式や投資信託から得られた利益が非課税になる制度。NISAには、一般NISAとつみたてNISAがあり、年間投資額上限、非課税期間が異なる。人生後半に差し掛かった40代、50代はNISAをどのように活用して老後資金を運用するか…

 

管理人は『SBI証券』で『iDeCo(個人型確定拠出年金)』を始めましたが、クレジットカード払いには対応していませんでした…

👇詳細をご覧になりたい方はこちら👇

◆iDeCoで米国株投資始めてみたよ◆個人型確定拠出年金◆
iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて2002年から運用開始した私的年金制度。国民年金(+厚生年金)に上積みして、自分の意思で拠出金を自分で運用する資産形成制度。運用益が非課税、掛金が所得控除の対象などのメリットもあるが元本保証ではない。

 

クレジットカードにまとめられるとありがたいですね。
これから投資信託の積み立てを始めたい人のハードルは下がります♪

クレジットカードでつみたてNISA、投資信託積立のメリット

  1. 積立金額の1%〜3%のポイントがたまる
  2. 貯まったポイントを株式購入手数料に使える(楽天証券,マネックス証券)
  3. 最低100円から積立可能で、引落とし銀行口座残高を気にしなくて良い
【注意】
iDeCo、ジュニアNISA口座、法人口座は、対象外ですのでご注意ください。

ネット証券大手3社比較

おすすめなネット証券大手3社がクレジットカードでの投信積立に対応しています。

  SBI証券 楽天証券 マネックス証券
クレジットカード 三井住友ビザカード 楽天カード マネックスカード
ポイント還元率 プラチナ 2%
ゴールド 1%
キャンペーン +1%
1% 1%
付与ポイント Vポイント 楽天ポイント マネックスポイント
対象口座 特定口座、
一般口座、
一般NISA、
つみたてNISA
特定口座、
一般口座、
一般NISA、
つみたてNISA
特定口座、
一般口座、
一般NISA、
つみたてNISA
月額積立上限 5万円 5万円 5万円
サービス開始 2021年06月 2018年10月 2022年01月予定

👇詳細をご覧になりたい方は、各証券会社のホームページからご覧ください👇

SBI証券:クレカ決済で資産運用しながらポイント貯まる

👇詳細をご覧になりたい方はこちら👇

【SBI証券】カード積立で最大3%Vポイントプレゼント!

👇詳細をご覧になりたい方はこちら👇
三井住友VISAゴールドカード👉『その他の実施中キャンペーン』

楽天カード:クレジット決済で積立ができる!

👇詳細をご覧になりたい方はこちら👇

マネックスカードで投信積立

2021年5月19日より、マネックスカードの申込みを受付けております。カードショッピングのご利用に応じて、還元率1.0%でマネックスポイントが付与され、貯まったポイントはマネックス証券での株式手数料に充当したり、他社提携ポイントと交換したりと活用方法はさまざまです。また、今後、マネックスカードで投資信託の積立を行うサービスを予定しています。

マネックスカードによる投信積立の開始時期について

時期 内容
今冬(2022年1月以降) マネックスカードの投信積立決済サービス開始

👇詳細をご覧になりたい方はこちら👇

管理人のつぶやき

クレカ大好きな我が家には嬉しいサービスです♪
*
複数のクレジットカードを使うことになるので、一枚にまとめられると最高なんですけどね♪
*
これから投資信託積立やつみたてNISAを始めたい人には、クレジットカードを使えるのはありがたいですね!

1日一回応援おねがいします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

『FIRE資産形成』記事はこちら

トラリピ世界戦略で実現する資金効率とリスク分散:マネースクエア
バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作りに『米国株積立:毎月27万円』不労所得作りに『トラリピ:0.54億円』運用中。2022年06月、マネースクエアがトラリピ世界戦略をアナウンス。トラリピ世界戦略で資金効率とリスク分散!
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!