◆老齢年金を増額する為のWPP理論と戦略とは?◆ゆたかな老後

FIREしたいなら…にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へマネースクエア
この記事は 約5 分で読めます。

老齢年金の受取額を増額する為、繰下げ受給をすると最大42%増額(5年繰下)が可能
*
65歳から受け取る場合と繰下げた場合の受け取り金額の損益分岐年齢は82歳
*
70歳までバリバリ働く人や長生きの家系の人はお得だけど、資産運用も必要

日経新聞の『目指せ、年金増額 今こそ「WPP」に注目』が気になり、ちょっと読んでみました。

この記事は『繰り下げ受給によって増額された年金を生涯受け取るために、公的年金「以外」を活用するという視点』を探った内容です。

ここで『WPP理論』と言っているのが、長く働いて(W)、その間は私的年金(P1)を活用し、公的年金(P2)の受け取りを遅らせ、最大化しようと言う理論?どちらかかといえば、戦略だと思います。

  • W:長く働く(Work Longer)
  • P1:私的年金(Private Pensions)
  • P2:公的年金(Public Pensions)
その戦略を掘り下げる前に、年金の受給を繰り下げたら、いくら増えるのか?その損益分岐年齢は幾つなのか知りたいですよね。

【Q】そもそも、年金の繰下げ受給と増額率の関係は?

「年金の繰下げ受給」は、65歳から受給することができる老齢基礎年金を、最長70歳まで遅らせることにより、年金受給額を増やすことができるという制度です。その増額率は大きく、1年で8.4%、5年繰下げると42%も受給額が増えます。

仮に70歳からの受給に繰下げた場合を想定してみましょう。先述のように満額で月の受給額が約6万5,100円の場合、受給額は9万2,500円となります。
では、65歳から受給した場合と繰下げた場合では、どちらが得になるのでしょうか?
分岐点は82歳。それ以上長生きして年金を受け取り続けるならば、65歳から受給した場合と比べて70歳から受給した場合の方が累計の受給額が増えていくことになります。年金を受給せずに70歳まで生活費を確保できれば、年金を繰下げ受給することで、将来への備えをさらに厚くすることができるでしょう。

👇詳細をご覧になりたい方はこちら👇

若い頃から、70歳まで生きれば充分だと思っている管理人にとっては、70歳から年金受け取り開始などと言う考えは1ミリもないのだが…
*
パートナーが『あなたの様なお気楽な人は長生きしてしまうのよ』といつも言うし、人生100年時代なのでちょっとねえ…

増額された年金を終身でもらうためのWPP戦略

本来の受給開始年齢である65歳ではなく、66歳以降に年金を受け取り始めることで年金額を増やす選択肢「繰り下げ」を選びたいのなら、繰り下げている期間のお金をどうやりくりするかという問題を片付ける必要があります。

受給開始を遅らせる事により増額する前提の戦略です。
でも、遅らせた期間はどうやっておまんまを食べるのか気になりますよねえ…

WPP戦略①:働く期間を純粋に延ばす

これは手元の老後資産を取り崩すこともなく、引退年齢を60歳代後半にシフトさせることで年金増額を勝ち取る、シンプルな方法です。
ただし、日々の生活やライフスタイルを維持できる程度の年収が必要となるため、65歳以降も会社から必要とされるだけのビジネススキルを有することが前提となります。
50歳でアーリーリタイアを志向してきた管理人にとって最も肌に合わない戦略ですが、日々の生活やライフスタイルを支持できる年収を得るためには必要ですね。

WPP戦略②:働かずに老後資金を取り崩す

2つめの方法は逆に「仕事を辞めて無収入になっても、あえて公的年金の受給を繰り下げる」という方法です。つまり手元の資産を取り崩しながら何年か生活をし、繰り下げ受給による年金増額を選ぶやり方です。

管理人の思考にあったやり方がこれですかね。
ただ単純に切り崩していくだけだと不安しかないので、資産運用は必須ですね。

WPP戦略③:長く働きつつ老後資金の取り崩しも使う

ここまでの方法は「働くか、取り崩すか」という二者択一で説明しましたが、組み合わせる方法も考えられます。
65歳以降はのんびり仕事を継続し、年収が下がった分、iDeCoや企業年金の受取額を組み合わせて生活費をまかないます。

WPP戦略③は、65歳以降も働き続ける前提です。
サラリーマンだけやってきた人にとっては、65歳以降も雇用してもらえるかが難しい問題だと思います。そのためには、雇用され続けるスキルや健康面のメンテも必要ですね。

WPPにはシミュレーションやアドバイザーの力が必要に

年金受け取りのアドバイザーというと今までは主に「手続き」の面に焦点が当たっていました。書類を整えて裁定請求(年金を受け取る手続き)を無事終わらせるお手伝いをするイメージですが、WPP時代にはそれでは力不足になります。

各個人に選択の余地が大きくなるのは嬉しいですが、意思決定が難しくなるのも困った話です。意思決定は慎重に

👇詳細をご覧になりたい方はこちら👇

管理人のつぶやき

そもそも、70歳まで生きれば充分と思っているので繰下げ受給などの考えは毛頭ありません。ただし、母型の家計は長生きの家計で90歳以上まで生きたお爺さん・お婆さん、おばさんも多く、私もリスクがあるのは事実です。
*
人生100年時代なので、リスクを考慮した不労所得マシーンを早めに仕込む必要があるかもしれません。
*
あなたは準備万端ですか?

読んだよのクリックが励みになります!

FIREしたいなら…👉にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へマネースクエア
👇不労所得におすすめ資産運用👇
マネースクエア
👇待つだけ資産運用👇
クラウドバンク
FIRE投資家@バンコクで修業中。 - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

セミリタイアしたら、海外でロングステイ

◆ロングステイ希望国2020◆マレーシア14年連続だったけど…

◆ロングステイ希望国2020◆マレーシア14年連続だったけど…
ロングステイ財団が、恒例の『ロングステイ希望国・地域2019』を発表。 マレーシアが14年連続で首位をキープし、われらがタイは9年連続で2位に… ベトナムが初めて7位に登場し、アメリカ本土がトップ10圏外に。 あなたの好きな国は?

◆タイビザ基本情報◆リタイアメント・ロングステイ◆申請方法・書類条件費用◆

◆タイでロングステイ◆リタイアメントビザ:申請方法,書類条件費用
日本人がロングステイしたい国、人気No.2の座を長らくキープしてきたタイ王国。 * リタイアメント・ビザ取得は、犯罪歴のない50歳以上で80万バーツの銀行預金が条件。 * 2021年11月現在、80万バーツは、日本円で約278万円。

◆悲報!マレーシアから一斉帰国◆MM2H改悪,月収条件100万円

◆悲報!マレーシアから一斉帰国◆MM2H改悪,月収条件100万円
日本人のロングステイ希望国人気No.1、マレーシアは外国人を締め出すつもりか? MM2Hの取得条件が大幅に改悪、定期預金は約2,600万円、収入月額100万円に… 新規条件は2021年10月以降の新規申請、延長申請(条件は1年間の猶予)から適用。

『ゆたかな老後』の気になる記事をチェック!

◆ゆたかな老後◆あなたの死ぬまでの老後生活費はいくら必要?

◆ゆたかな老後◆死ぬまでの生活費はいくらかを理解するのが第一歩
【死ぬまでに必要なコスト】 1. 年間の生活コストを詳細まで見直す 2. 親族の平均寿命から自分がいつ頃まで生きるかを推定し、現状から何年生きるかを想定 3. 年間の生活コスト x (推定寿命 - 現在の年齢)=死ぬまでに必要なコスト

◆ゆたかな老後◆え?アーリーリタイアに1億円じゃ足りないの?

◆ゆたかな老後◆え?アーリーリタイアに1億円じゃ足らんの?
憧れのアーリーリタイア、でも、現実的に可能なのか?いくら必要なのか? アーリーリタイアするのに1億円でも足りないという人がいるけど、どんな生活をする気なの? 現在の資産、リタイア後に必要なコストがわかれば、いくら準備すれば良いか明確!

◆ゆたかな老後◆50代のこんな人は狙われるから投資はやめとけ!

◆ゆたかな老後◆50代こんな人は損するから投資はやめとけ!
老後資金2000万円問題が炎上しても取り巻く環境が状況が好転するわけもなく… 巷で話題となっていなくても、老後資金に不安を抱えながら生きる人々は多い。 そんな時に優しい言葉で『絶対安心』『絶対儲かる』などと言葉をかけてくる奴がいたら…

老後資金作り:資産運用に困ったら?

◆貯める資産運用◆iDeCo(個人型確定拠出年金)始めてみた…

◆貯める資産運用◆iDeCo(個人型確定拠出年金)始めてみたよ
iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて2002年から運用開始した私的年金制度。 国民年金(+厚生年金)に上積みして、自分の意思で拠出金を自分で運用する資産形成制度。 運用益が非課税、掛金が所得控除の対象などのメリットもあるが元本保証ではない。

◆貯める資産運用◆NISA(ニーサ)で小額投資利益が非課税!

◆貯める資産運用◆つみたてNISA(少額投資非課税)始めました
NISAは、2014年開始の株式や投資信託から得られた利益が非課税になる制度。 NISAには、一般NISAとつみたてNISAがあり、年間投資額上限、非課税期間が異なる。 人生後半に差し掛かった40代、50代はNISAをどのように活用して老後資金を運用するか…

◆増やす資産運用◆仮想通貨急落で買い時:コインチェック一択

◆老後資金作り:仮想通貨急落で買い時◆コインチェック一択
仮想通貨に興味を持ちながら手を出せないうちに価格が高騰して後悔している人は多い。 ビットコインの価格が700万円を超えた辺りから、米中の取引規制が強化され価格急落。 これを仮想通貨の終わりと捉えるか、あるいは買い時と捉えるかが勝負の分れ目…

GMOコイン

おすすめネット証券7社比較

株式の取引を始めるなら、100円から始められるネット証券がおすすめです。総合証券会社と比較すると手数料が格安になっています。
 :
管理人は、以前購入した株は野村証券に保管していますが、最近はネット証券が中心です。

2021年09月現在

証券会社
公式サイト
1約定あたりの手数料(成行)サービス
~20万円~50万円~100万円NISAIPO投資
信託
SBI証券115円275円535円
楽天証券115円275円535円
松井証券 0円0円1,100円
マネックス証券198円495円1,100円
GMOクリック証券 107円265円479円X
LINE証券198円484円869円XX
PayPay証券1,100円2,750円5,500円