◆老後資金2000万円◆iDeCo(個人型確定拠出年金)始めてみた…

この記事は 約4 分で読めます。

iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて2002年から運用開始した私的年金制度。
国民年金(+厚生年金)に上積みして、自分の意思で拠出金を自分で運用する資産形成制度。
運用益が非課税、掛金が所得控除の対象などのメリットもあるが元本保証でないので…
管理人さん、暇してるんなら、iDeCo(個人型確定拠出年金)って使えるのか調べて見て〜
別に、暇してるわけじゃないけど、日本の最近の年金事情とかに疎いから、調べてあげましょう〜

iDeco(個人型確定拠出年金)とは?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、自分が拠出した掛金を、自分で運用し、資産を形成する年金制度です。掛金を60歳になるまで拠出し、60歳以降に老齢給付金を受け取ることができます。
年金って色々あってわかりにくいんだけど、三井住友カードの『iDeCoとは?』のイメージがとてもわかりやすい!

出典:三井住友カード

企業型の確定拠出年金までは理解していたんだけど、iDeCoとは『個人で賭け金を運用して資産を作る』仕組みなのね。

iDeCo(個人型確定拠出年金)公式サイトhttps://www.ideco-koushiki.jp/
詳しく知りたい人は、公式サイトで確認してね。

iDeCo(個人型確定拠出年金)の対象者は?

  • 日本在住の20歳以上60歳未満
  • 国民年金や厚生年金などの公的年金に加入している人
管理人は、現時点で住民票が横浜市にあって、60歳未満なので加入する権利がある模様。
◆海外在住者の一時帰国で住民票◆マイナンバーと健康保険は即日交付可能!
海外在住の日本人にとって、日本に住民票を残すかどうかは悩みの種です。 一旦転出した後に、一時帰国で住民票を戻したいと思う方も多いと思います。 住民票が受理されると、市民税(住民税)、年金保険料の支払い義務も発生します。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)の拠出上限額は?

職種月額年額
自営業68,000円816,000円
会社員※23,000円276,000円
専業主婦(夫)23,000円276,000円
公務員12,000円144,000円
iDeCoは、企業年金と併用ができないので、会社員の場合は上限額が下がります。
 :
管理人は、無職ですが国民年金は任意で納めているので、トップの自営業扱いです。
◆海外在住者の年金◆任意継続がおすすめ:口座振替+クレカ引落し
海外在住で日本の年金をどうしようか、迷ってる人は多い… ある程度保険料納付済みの場合、掛捨てはもったいないので任意継続がおすすめ! 資産の長期運用という観点から、日本は安全な投資先だと思います。 人生100年の時代らしいですし…

iDeCo(個人型確定拠出年金)のデメリットは?

  • 60歳まで引き落とすことができない
  • 元本割れするリスクがある
  • 各種手数料がかかる
とりあえず、使わない現金資産をゼロ金利のまま放置するよりは良いかと。元本割れするリスクがあるのは、どんな運用方法にもつきまとうリスク…

iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリットは?

  • 運用益が非課税
  • 掛金が所得控除の対象
  • 受け取る時の税制優遇
株式や投資信託で得た運用益には20%課税されますから、メリットの一番大きな点は『運用益が非課税』ですね。
 :
正直、20%の課税には腹が立って仕方がないんだけど…

iDeCo(個人型確定拠出年金)の運用を任せる金融機関は?

  • 運営管理機関(銀行、証券会社)は1社のみ
  • 運営管理機関により、手数料が違う
  • 運営管理機関により、運用商品(投資信託)が違う
iDeCoを取り扱う金融機関を『運営管理機関』と呼ぶらしいんですけど、各機関によって手数料や賭け金を運用する商品が違うので、そこが選定のポイントです。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)申し込んでみました!

iDeCo(個人型確定拠出年金):ネット証券3社比較

証券会社加入手数料口座維持手数料
(月額)
投資信託
(本数)
SBI証券2,829円171円37
楽天証券2,829円171円32
マネックス証券2,829円171円27
【参考】ゆうちょ銀行2,829円430円26
【参考】野村証券2,829円459円27
管理人は、SBI証券でiDeCoを運用することにしました。
選んだ理由は、『毎月の口座維持手数料が安い』ことと『投資信託本数の多さ』と『信託報酬が安い、安定した商品』があったからです。

個人型年金加入申出書

加入者掛金配分設定届

管理人のつぶやき

正直言えば、管理人が積み立てられるのは数年間です。ただし、他の株式や投資信託で運用すれば運用益に20%を奪われてしまうことを考えれば…
 :
老後資金もそうですが、早い時期から始めるに越したことはありません。そして、税金の優遇の受けられる制度を利用しない手は無いと思います。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

老後資金2000万円:資産運用に困ったら?

◆老後資金2000万円◆投資初心者にロボットアドバイザーがおすすめ!

◆老後資金2000万円◆投資初心者にロボットアドバイザーがおすすめ!
老後資金の運用に困っている人いませんか? 銀行預金しかしてこなかった人にいきなり資産運用しろと言われても… そんなあなたには『ロボットアドバイザー』がおすすめ! あなたのリスク許容度に適したポートフォリオを提案、自動運用してくれるシステム!

◆老後資金2000万円◆iDeCo(個人型確定拠出年金)始めてみた…

◆老後資金2000万円◆iDeCo(個人型確定拠出年金)始めてみた…
iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて2002年から運用開始した私的年金制度。 国民年金(+厚生年金)に上積みして、自分の意思で拠出金を自分で運用する資産形成制度。 運用益が非課税、掛金が所得控除の対象などのメリットもあるが元本保証でないので…

◆老後資金2000万円◆1000円から投資ができるPayPay証券

◆老後資金2000万円◆1000円から投資ができるPayPay証券
老後資金の運用に株式の売買を始めてみたい人も多いけど、経験ないからなあ… そんな時は、小額から始められて、スマホのアプリで簡単取引のネット証券がおすすめ! 今回の管理人の老後資金2000万円チャレンジのネタはPayPay証券(ペイペイ証券)。

 

『老後資金2000万円』の気になる記事をチェック!

◆老後資金2000万円◆あなたの死ぬまでの老後生活費はいくら必要?

◆老後資金2000万円◆あなたの死ぬまでの老後生活費はいくら必要?
【死ぬまでに必要なコスト】 1. 年間の生活コストを詳細まで見直す 2. 親族の平均寿命から自分がいつ頃まで生きるかを推定し、現状から何年生きるかを想定 3. 年間の生活コスト x (推定寿命 - 現在の年齢)=死ぬまでに必要なコスト

◆老後資金1億円◆え?アーリーリタイアに1億円じゃ足りないの?

◆老後資金1億円◆え?アーリーリタイアに1億円じゃ足りないの?
憧れのアーリーリタイア、でも、現実的に可能なのか?いくら必要なのか? アーリーリタイアするのに1億円でも足りないという人がいるけど、どんな生活をする気なの? 現在の資産、リタイア後に必要なコストがわかれば、いくら準備すれば良いか明確!

◆老後資金2000万円◆50代のこんな人は狙われるから投資はやめとけ!

◆老後資金2000万円◆50代のこんな人は狙われるから投資はやめとけ!
老後資金2000万円問題が話題となり、炎上してから何年経過したことか。 世の中で話題となっていなくても、老後の資金に不安を抱えながら生きる50代以降は多い。 そんな時に優しい言葉で『絶対安心』『絶対儲かる』などと言葉をかけてくる奴がいたら…

おすすめ『老後資金作りに保険の見直し』3選

老後の資金を貯めるのに払いすぎている生命保険などの保険料の見直しをして、余計な部分を削り老後に備えましょう!