日立製作所の大復活劇:7873億円の赤字から業界トップへの軌跡

この記事は 約4 分で読めます。

 

 

こんにちは。

新卒で日立に入社し、13年間海外営業をしていた バンコクで修業中(@lukehide)です。

最近の株価を見ていると後悔することがあります。

卒業する際に、長年持株会で買い続けた日立株を 全部 売り払ってしまったことです。

バンコク
バンコク

7000億円を超える赤字を記録したときには『巨象も倒れる時が来たか、早めに売っといて良かった』とほくそ笑んでいたのですが…

 

当時の株価1,200円位で売り切ったと思いますが、現在は3,800円超え(2024年7月9日)ですって、あーあ…

日立の株がこの新NISAの時代で大人気、『買いの優良銘柄』みたい ですね…(人ごと)

 

日立の「大復活劇」に投資家が殺到…「7873億円の大赤字企業」から「買いの優良銘柄」に変貌を遂げたワケ 総合電機メーカーから業態転換に大成功
6月27日、東京証券取引所の終値で、日立製作所の時価総額は16兆9420億円に達し、ソニーグループ(16兆8938億円)を抜いて国内第4位の時価総額企業となった。今回の動きは、日立がこれまで目指してきた、自社の業態…

 

日立製作所は、2009年3月期に7873億円という国内製造業最大の赤字を記録しました。

しかし、その後わずか15年で「買いの優良銘柄」に変貌を遂げ、投資家から注目を集めています。

この驚異的な復活を可能にした具体的な改革策を見ていきましょう。

1. 構造改革の断行

日立は、リーマンショック後の危機的状況を受けて、大胆な構造改革を実施しました。

– 子会社の売却: 不採算部門や関連性の低い事業を整理
– 事業ポートフォリオの再編: 総合電機メーカーから、脱炭素やデジタル分野を中心とする業態へ転換

2. 段階的な改革プロセス

改革は一朝一夕には成し遂げられません。日立は長期的な視点で改革を進めました。

– 第1ステージ(2008-2010年): リカバリーのための地固め
– 第2ステージ(2011-2015年): 成長の基盤づくり

3. 財務戦略の転換

大赤字からの脱却には、財務面での改革も不可欠でした。

– 利益とキャッシュフローの重視: 短期的な売上よりも、持続可能な利益創出を重視
– 積極的なM&A: 2020年以降、大型のM&Aを実施し、成長分野を強化

4. デジタル化への注力

時代の変化に合わせて、デジタル分野への投資を強化しました。

– Lumada事業の展開: 企業のDX支援を提供するLumada(ルマーダ)事業を成長の柱に
– AIの活用: AIを事業戦略の根幹に据え、新たな需要創出に注力

5. 継続的な改革

一度の改革で満足せず、常に変化を続けることで競争力を維持しています。

– スマトラプロジェクト: Hitachi Smart Transformation Projectによる経営革新
– 低収益事業の売却: 継続的な資産の入れ替え
– 上場子会社の整理: グループ経営の効率化

6. 現場と経営をつなぐソリューション提供

2022年には「コネクティブインダストリーズセクター」を発足させ、事業横断的なソリューション提供を強化しました。

– プロダクト、OT(オペレーショナルテクノロジー)、ITの3層をつなぐソリューションの提供
– 中量産プロダクトを核にした事業展開

まとめ

日立製作所の大復活劇は、危機感を持って断行された大胆な構造改革と、時代のニーズに合わせた事業ポートフォリオの再編の結果と言えます。また、改革を一時的なものではなく継続的に行い、常に変化し続ける姿勢が、持続的な成長につながっています。

この事例は、厳しい経営環境に直面している企業にとって、大きな示唆を与えるものです。変化を恐れず、顧客と市場のニーズに耳を傾け、必要な時には大胆な改革を実行する勇気が、企業の復活と持続的な成長につながるのです。

今後の日立製作所の株価を見ていきましょう。

⭕️クリックで応援👉にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

⭕️クリックで応援👉にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

トラリピ世界戦略

家族持ちFIREの資産運用

◆2017年、家族持ちFIRE
◆資産:米ドル、投資信託、FX、BTC
◆不動産:横浜とバンコクに持ち家
◆海外経験:NY、SGR、HK、BKK

★この記事が気に入ったら、フォローしよう★
  • 家族持ちFIRE後のポートフォリオ・出口戦略(終活)策定中!
  • トラリピの利益を米株投資信託+BTCに再投資!
海外生活資金『金融資産30%超、米ドル建』(ドル定期、年金保険、貯蓄型保険)
海外で暮らしたいなら米ドル資産を増やせ!FIRE+海外生活
バンコクで修業中(@lukehide)は、金融資産の20%程度を米ドルで保有・運用中。中長期的に、海外での生活を想定している人は米ドルを保有する事がおすすめ。円安で資産の目減りが気になる方、検討の時期です!
不労所得作り『トラリピ0.5億円』運用中!
ひろこのトラリピ世界戦略:安定した不労所得を目指して
トラリピは自動売買システムで、初心者でも簡単に利用できます。設定が簡単なうえリスク管理も容易で、小さな利益を積み重ねることができます。トラリピの仕組み・戦略・メリット・デメリットを詳しく紹介しています。運用を検討中の方は必見です!
老後資金作り『S&P500+オルカン:iDeCo+NISA+α』毎月27万円積立中!
◆老後資金作り毎月27万円積立◆iDeCo+NISA:10月分
バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作り『投資信託:毎月27万円積立』不労所得作りに『トラリピ:0.5億円』運用中。毎月27万円、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)/全世界株式(オール・カントリー)を買付中。
夢作り『コインチェックでビットコイン積立』毎月3万円積立中!
◆夢作りビットコイン積立◆毎日1,000円コツコツ⇒130日目
バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作りに米国株積立、不労所得作りにトラリピで0.54億円を運用、夢作りにビットコインを積立中!ビットコインを毎日1,000円だけコツコツと買い続ける単純資産運用。カナダの教職員年金基金が、FTXに預けた133億円が溶けた?
バンコクと横浜に不動産を所有。
◆タイでコンドミニアム◆投資・購入・賃貸・旅行・宿泊【第一回】
タイでは、コンドミニアムにスイミング・プールやジムがあるのは一般的です。日本で言うような高層マンションに、バンコク都内でも月々4-5万円から賃貸・レンタルができます。旅行、ロングステイ、駐在、現地採用で、タイ王国に短期・長期で滞在される際に…

『FIRE資産形成』記事はこちら

令和のミスター円:神田財務官退任で円安加速!【トラリピ世界戦略:82週目】
財務省は『令和のミスター円』神田財務官の退任を発表!投機筋は安心して円安は継続🔥 バンコクで修業中(@lukehide)の妻『ひろこ』が資金300万円で『トラリピ世界戦略』運用中。 : ドル円が絡まない #AUDNZD #USDCAD #E...
トラリピ世界戦略で実現する資金効率とリスク分散:マネースクエア
バンコクで修業中(@lukehide)は、老後資金作りに『米国株積立:毎月27万円』不労所得作りに『トラリピ:0.54億円』運用中。2022年06月、マネースクエアがトラリピ世界戦略をアナウンス。トラリピ世界戦略で資金効率とリスク分散!
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!

 

タイトルとURLをコピーしました