◆ベトナム入国:短期出張者◆14日間の隔離措置免除の方針

この記事は 約3 分で読めます。

ベトナム保健省は、8月31日、短期出張者の14日間隔離措置免除の方針を発表。
入国までのプロセスは従前通りで『Bluezone』という追跡アプリも義務化。
入国後の検疫料金、陽性の場合の治療費は自己負担。行動は用務限定。
9月7日から閉鎖されていたダナン市の公共交通機関も再開され、外国人の入国も緩和が進んでいます。
 :
ただし、対象は依然として、短期出張者(投資家、専門家、高技能労働者、経営者、各国と合意した対象者、外交目的のため入国する訪問者)に限られており、観光客への開放はまだ遠い見込み…

◆ベトナム入国とコロナ◆感染者1,000人超で感染予防強化

◆ベトナム入国とコロナ◆感染者1,000人超で感染予防強化
ベトナムで新型コロナの第二波が襲来。 100日以上新規感染者がでなかったベトナムで、感染者の累計が1000人超え。 コロナによる死者を押さえてきたが、7月31日に初の死者を出すとダナン を中心に20人超え。

◆新型コロナ感染抑制成功国ベトナム◆約100日ぶり国内新規感染者

◆新型コロナ感染抑制成功国ベトナム◆約100日ぶり国内新規感染者
ベトナムは、新型コロナ死者ゼロの感染抑制成功国。 4月16日に途絶えていた新規感染者が、約100日ぶりに確認され国内で騒然に。 日本はベトナムとの入国規制緩和で合意し、ビジネス渡航の再開が進んでいる…

短期出張者、14日間の隔離措置免除の方針

記事引用先:ジェトロ ベトナム

ホーチミン発
2020年09月04日
ベトナム保健省は8月31日付の公文書4674/BYT-MTにおいて、ベトナムに入国する14日間未満の外国人短期出張者(以下、短期出張者)の入国に関するガイドラインを出し、14日間の隔離措置を免除する方針を示した。同ガイドラインは、政府がベトナム保健省に対し、短期出張者に関するガイドラインを作成するよう指示した8月29日付首相府公文書313/TB-VPCPに基づいて作成された。
同ガイドラインによると、短期出張者とは、投資家、専門家、高技能労働者、経営者、各国と合意した対象者、外交目的のため入国する訪問者などと規定される。短期出張者はベトナムに入国する3日から5日前までにPCR検査を受け、陰性であることが求められる。また、滞在期間中は2日に1回のペースでPCR検査を受ける必要がある。万が一、PCR検査で陽性となった場合、その治療費については、国際医療保険または招聘(しょうへい)企業などが責任をもって支払うこととされる。
加えて、入国前に安全を確保するための行動計画を立てる必要があり、入国後の具体的なスケジュール、宿泊施設、輸送手段、連絡先などを当局に報告し、事前に許可を取得する必要がある。入国後の行動についても必要最低限とされ、入国後の行動は用務に限られ、事前に提出した行動計画に従わなければならない。また、入国前においてはオンライン医療申告 の実施を、滞在中においては感染者追跡を目的とするブルーソーン(Bluezone)と呼ばれるアプリを使用することが義務付けられる。
その他、短期出張者と接触した人のうち、発熱やせき、喉の痛みなどの症状が出た場合は、保健当局に報告し、自身で健康状態をモニタリングする必要があるとしている(注)。
ベトナム政府は、今回の短期出張者の入国を制限付きで一部認めることにより、新型コロナウイルスの感染拡大防止策の徹底と、経済活動の推進とを両立したい考えだ。
(注)保健省公文書4674/BYT-MT
(小川士文、ダン・ティ・ゴック・スオン)
(ベトナム)
ビジネス短信 440da746b0f538a7

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

応援お願いします!更新の励みになります!

◆日本人のベトナム入国は?

◆ベトナム2021年◆祝祭日・テト(旧正月/春節)カレンダー
ハノイは北の首都。ホーチミンは南のビジネスの中心地。 全く違う趣の街、両方行けると良いのですが、直線距離で約1,200キロ、飛行機で約2時間です。 ベトナムの祝祭日は少ないですが、テト、春節、旧正月は盛大にお祝いされます。
◆ベトナム:JALとANA◆2021年2月運行情報:テト(旧正月)
ベトナムは、日本の外務省が感染症危険レベルを下げたコロナ感染抑制の成功国。 2月11日〜17日はベトナムのお正月『テト』に当たる期間ですがANAは運休あり。 ビジネス渡航者や駐在員家族の入国は可能ですが、観光客受け入れ再開は…
◆感染症危険情報◆タイ、ベトナム、シンガポールなど9カ国引き下げ
タイ、ベトナム、シンガポールを含む9カ国の感染症危険情報が引き下げ。 これまでの『渡航中止勧告(レベル3)』から『渡航自粛(レベル2)』に変更。 他には、オーストラリア、ニュージーランド、中国(香港)、台湾、ブルネイ、韓国。
◆ベトナム入国:短期出張者◆14日間の隔離措置免除の方針
ベトナム保健省は、8月31日、短期出張者の14日間隔離措置免除の方針を発表。 入国までのプロセスは従前通りで『Bluezone』という追跡アプリも義務化。 入国後の検疫料金、陽性の場合の治療費は自己負担。行動は用務限定。