◆シンガポール◆コロナ接触追跡端末全住民配布で570万人カバー

この記事は 約3 分で読めます。

シンガポール政府は、コロナ接触追跡端末を全住民に無料配布へ。
スマホアプリ『トレース・トゥギャザー』は4割強の普及率。スマホを持たない高齢者などを補完。ただし、国民は行動履歴を把握される恐れがあるとの不安や懸念が根強い。
管理人は、1990年代、シンガポールに駐在していました。
 :
当時から、国民を政府の管理下におこうとがんじがらめの法律で『明るい●朝鮮』と揶揄されるシンガポールですが、今回の施策は流石と唸りました…
 :
日本の様に、行動履歴を把握されることに不安はあるものの、全住民をカバーするために『コロナ接触追跡』デバイスを全住民に配る、素晴らしい!
 :
『ア●ノマスク』に追跡デバイスを仕込んで配れば、もっと喜んでもらえたかも(笑笑)

◆シンガポール入国◆強制隔離無し+接触確認アプリで入国許可開始

◆シンガポール入国◆強制隔離無し+接触確認アプリで入国許可開始
新型コロナの感染拡大初期に、厳格な措置により成功国となったシンガポールも外国人労働者の寄宿舎の感染拡大で急増。 その後の徹底した管理によって、再度抑制に成功。 政府は、接触確認アプリの導入で強制隔離無しでの外国人入国を推進。

Trace Together:コロナ接触追跡アプリ

【公式サイト】TraceTogether, safer together

iOS:アップストア

Android:グーグルストア

コロナ接触追跡の端末、全住民に配布へ シンガポール

記事引用先:日経新聞

シンガポール政府は9日、新型コロナウイルスの感染者と接触した人を追跡する携行端末を全住民に無料配布することを決めた。大規模イベントなどに入場する際、携行端末か追跡アプリで入退場を記録する手法も検討し、濃厚接触者を特定しやすくする。
政府は3月に、新型コロナの感染者と至近距離にいた人を特定するスマートフォンのアプリ「トレース・トゥギャザー」を開発し、無料で配布した。これまで人口570万人の4割強に相当する約240万回ダウンロードされたものの、アプリを常時稼働させていない住民も多く、実効性が課題になっていた。
政府はアプリを補完するため、同じ機能を持つ新端末を開発し、6月末からスマホを持たない高齢者などに限定配布していた。14日から対象を全住民に広げ、11月までに配り終える計画だ。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?