... ...

◆ベトナム入国とコロナ◆感染者1,000人超で感染予防強化

この記事は 約10 分で読めます。

 

ベトナムで新型コロナの第二波が襲来。
100日以上新規感染者がでなかったベトナムで、感染者の累計が1000人超。
コロナによる死者を押さえてきたが、7月31日に初の死者を出すとダナンを中心に20人超。

◆在ベトナム日本国大使館◆家族のベトナム渡航に関する説明会

◆在ベトナム日本国大使館◆家族のベトナム渡航に関する説明会
在ベトナム日本国大使館が、企業駐在員の家族ベトナムへの渡航に関する説明会を実施。 説明会は、ウェブ会議ツール(ZOOM)を利用し先着300名限定。 日本とベトナム政府は入国規制緩和に合意しているが、具体的な説明に期待。

◆ベトナム入国◆ダナン市における社会隔離措置の継続【日本領事館】

◆ベトナム入国◆ダナン市における社会隔離措置の継続【日本領事館】
新型コロナの感染抑制成功国の一つ、ベトナムで第二波が猛威。 7月末まで死者ゼロを継続してきたが、8月に入りダナン市で感染が拡大し死亡者も増大。 ベトナム政府は、ダナン市の社会隔離措置(ロックダウン)継続を指示。

◆新型コロナ感染抑制成功国ベトナム◆約100日ぶり国内新規感染者

◆新型コロナ感染抑制成功国ベトナム◆約100日ぶり国内新規感染者
ベトナムは、新型コロナ死者ゼロの感染抑制成功国。 4月16日に途絶えていた新規感染者が、約100日ぶりに確認され国内で騒然に。 日本はベトナムとの入国規制緩和で合意し、ビジネス渡航の再開が進んでいる…

ベトナムの新型コロナ:2020年8月23日

引用先:Google検索【新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ベトナム】

感染者数:合計 1,016人、死者合計 27人

新規感染者推移

在ベトナム日本国大使館:2020年8月20

ホーチミン市における対応:対象地域の拡大

ホーチミン市当局は,ダナン市以外にも感染が拡大している現状を踏まえ,ハノイ市,ハイズオン省,バックザン省,ダナン市,クアンナム省,クアンチ省からホーチミン市に入った人に対して新たに感染予防措置を実施する旨HPで発表しました。
邦人の皆様におかれましては,引き続きベトナム政府やお住まいの地域の政府が発表する情報にご注意下さい。

ホーチミン市疾病管理センター(HCDC)は,ダナン市以外にも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大している現状を踏まえ,感染者が確認されている、または、部分的な社会隔離措置を講じている各省市(ハノイ市,ハイズオン省,バックザン省,ダナン市,クアンナム省,クアンチ省)からホーチミン市に入った人に対して新たに感染予防措置を実施する旨HPで発表しました。概要は以下の通りです。
1.    COVID-19感染患者に濃厚接触をした場合,居住する区/郡の隔離施設において医療申告を行い,郡/市の隔離施設において規定に沿った集中隔離措置及び感染検査を実施する(対象措置グループ1

2.3月16日に発出された政府首相指示「16/CT-TTg」による社会隔離が実施されている地域(注:下記参照)からホーチミン市に入った場合,居住する区/郡の隔離施設において医療申告を行い,区/郡/市の隔離施設において規定に沿った集中隔離措置及び感染検査を実施する(対象措置グループ2

3.保健省の緊急通達で言及された場所(注:下記当館HPリンク先参照。なお,情報は随時更新される可能性がありますので,詳細は各保健センターへお問い合わせください)を訪れたことがある場合,居住地を管轄する保健センターに医療申告を行い,自宅隔離を実施するほか,感染症の疑いのある症状がある場合には感染検査を実施する(対象措置グループ3

4.上記1~3項目に該当しない場合には,ベトナム保健省のHPhttps://tokhaiyte.vn/ よりオンラインで医療申告を行い,自分で健康状態をモニタリングの上,感染症の疑いのある症状がある場合には感染検査を実施する(対象措置グループ4

上記感染予防措置の実施期間はホーチミン市に入った日より14日間であり,過去に滞在した対象地域(各市省)は新型コロナウイルス感染拡大状況により随時更新される。

*政府首相指示「16/CT-TTg」による社会隔離が実施されている地域
(この情報は8月20日12時現在のものであり,随時更新される可能性がありますので,下記HCDC HPリンク先より最新情報をご確認ください)
(1)ハイズオン省ハイズオン市
対象滞在日:8月14日以降現在まで
対象措置グループ:2
 B 
対象滞在日:8月7日から13日まで

  対象措置グループ:3
(2)ハイズオン省のその他の地域(ハイズオン市を除く)

  対象滞在日:8月6日以降現在まで
  対象措置グループ:4
(3)ハノイ市内E病院

A対象滞在日:8月19日以降現在まで
   対象措置グループ:2
B対象滞在日:8月12日から18日まで

   対象措置グループ:3
(4)ハノイ市内のその他の地域(E病院を除く)

   対象滞在日:8月6日以降現在まで
   対象措置グループ:4
(5)ダナン市全域

   対象滞在日:8月6日以降現在まで(以前より継続して実施中)
   対象措置グループ:2
(6)クアンナム省ホイアン市

A対象滞在日:8月14日以降現在まで
    対象措置グループ:2
B対象滞在日:8月7日から13日まで

    対象措置グループ:3
(7)クアンナム省ディエンバン郡,ダイロック郡,ズイスエン郡,タンビン郡

A対象滞在日:8月15日から現在まで
    対象措置グループ:2
B対象滞在日:8月8日から14日まで

    対象措置グループ:3
(8)上記(6),(7)以外のクアンナム省内

    対象滞在日:8月6日から現在まで
    対象措置グループ:4
(9)クアンチ省ドンハー市

A対象滞在日:8月10日から現在まで
    対象措置グループ:2
B対象滞在日:8月3日から9日まで

    対象措置グループ:3
(10)クアンチ省のその他の地域(ドンハー市を除く)

   対象滞在日:8月6日以後現在まで
   対象措置グループ:4

*ホーチミン市疾病管理センター(HCDCHPリンク先
https://hcdc.vn/

*ホーチミン市内各保健センター連絡先リンク先
https://hcdc.vn/public/img/02bf8460bf0d6384849ca010eda38cf8e9dbc4c7/images/mod1/images/tai-lieu-phong-chong-covid19/files/Danh-sach-so-dien-thoai-duong-day-nong–Viet.png

*ベトナム保健省緊急通達関連当館HPリンク先
緊急通達20号
https://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00189.html
同21号
https://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00190.html
同22号
https://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00191.html
同24号
https://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00193.html
同25号
https://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00194.html
同27号
https://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00195.html

ハイフォン市通達第5220号

【ポイント】
●ハイフォン市は、通達第5220号(8月18日付け)を発出して、ハイズオン省及びダナン市からハイフォン市内への移動の禁止等の新たな感染防止対策措置を発表しています(詳細は以下参照)。
●邦人の皆様におかれましては、引き続きベトナム政府やお住まいの地域の政府が発表する情報にご注意下さい。

【本文】
 ハイフォン市は、通達第5220号(8月18日付け)を発出し、新たな感染防止措置をとることを発表しました。このうち、邦人の皆様に関わる情報は以下のとおりです。

 8月19日以降、以下の措置をとる。
・職場・学校・病院以外の公共の場において21人以上の集会を行わない。
・労働者及び市民のハイズオン省からハイフォン市への入市を禁止する。入る場合には、集団施設隔離される。(当館注:ハイフォン市によれば、隔離期間は14日間です。)
・ダナン市及びハイズオン省からハイフォン市に移動してきた者並びに咳、発熱、喉の痛み、呼吸困難の症状がある者に対しては、PCR検査を実施する。
(当館注:ハイフォン市によれば、ダナン市からは7月18日以降、ハイズオン省からは7月15日以降に移動してきた者が対象になります。またPCR検査は、市当局が自宅を訪問して実施するそうです。)
・従前のハイフォン市の通達4827号及び5156号は引き続き継続される。
【参考】ハイフォン市の通達
通達4827号:https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/betonamuniokerushingatacoronakanrenhappyohanoihaiphongtsuutatsu.html
通達5156号:https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00269.html

在ベトナム日本国大使館:2020年8月19日

ハノイ市の通達

【ポイント】
●ハノイ市は、不要不急の外出抑制、8月19日0時以降レストラン・カフェの客席の間隔を1メートル確保すること等の感染予防策の強化を呼びかけています(詳細は以下参照)。
●邦人の皆様におかれましては、引き続きベトナム政府やお住まいの地域の政府が発表する情報にご注意下さい。

【本文】
 ハノイ市人民委員会は、指示第3906号(8月14日付)及び緊急公電第7号(8月18日付)を発出し、以下の感染予防策を強化するよう指示していますので、ご留意下さい。
●不要不急の外出を控えること。特に、既往症のある者、感染リスクの高い者及び高齢者については不要不急の外出を止めること。
●8月19日0時から、レストラン・飲食店における感染予防対策を厳格に実施すること(客席の間隔を最低1メートル確保、間仕切りの設置を推奨、従業員のマスク着用、来客時の検温、手指の消毒、よく触れる場所や備品の清浄)。
●石鹸・消毒薬を使った手洗い、公共の場でのマスク着用、公共の場では30人以上集まらない(職場、学校、病院を除く)ことを徹底し、最低1メートルのソーシャルディスタンスを取ること。
●フェスティバル、宗教儀式、スポーツ試合、競技場や公共の場で人が密集するイベント、不要不急の大規模なイベントは引続き開催を見合わせること。冠婚葬祭の参加人数は最大限制限すること。
●カラオケ、バー、ディスコ、飲み物を販売する露店の営業は一時休止すること。

ベトナム高級ホテル、非感染入国者の隔離専用に転換

一部の部屋が隔離専用になった高級ホテル「ソフィテル・レジェンド・メトロポール・ハノイ」(ハノイ市)

記事引用先:日経新聞

ベトナムの高級ホテルが新型コロナウイルスの影響で激減した利用者の穴を埋めるため、非感染入国者の隔離専用ホテルに切り替えている。首都のハノイや商業都市のホーチミン市のホテルは開店休業状態が続き、損益分岐点を大きく下回る。コロナの収束が見通せない中、すでに200以上のホテルが隔離向け施設となった。
ベトナムでは海外からの入国者に14日間の施設隔離を義務付けている。自宅での自主隔離は許されておらず、ベトナム人の場合は自治体などの専用施設、外国人はホテルを利用するケースが多い。厳格に運用されているため、短期出張や観光での入国が事実上できない状況が続いている。

ベトナム統計総局(GSO)によると、7月に同国を訪れた外国人旅行者は前年同月比98.9%減の約1万4千人だった。大都市圏の外資系5つ星ホテルの稼働率は5~10%程度まで落ち込んでいるという。それでもホテルが営業を続けるのは一旦閉鎖すると再開時に顧客を確保しづらくなるためだ。高級ホテルほど維持費用が大きく、簡単に一時閉鎖できない事情もある。

お願い:ランキングへの応援ポチ!

最後までお読み頂き、有難うございます。ランキングに参加しています。1日一回、下のイラストをポチッとして、応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

◆日本人のタイ入国は?

◆タイの特別観光ビザ◆10月の結果次第で強制隔離7日間に短縮
タイの特別観光ビザ(STV)の詳細が9月末に公開の予定。 10月の最初の300人で14日間に感染なければ、11月から隔離期間を7日に短縮を検討。 隔離期間中は、政府指定のホテルで外出禁止、禁酒、禁煙など強制されるだけに短縮は朗報。
◆タイ入国:特別観光ビザ(最長270日)◆申請方法・条件・検疫
タイ政府が、9月15日、外国人観光客の入国を承認。 最長270日間の特別観光ビザ(通称:STV)を許可し、10月から発給の予定。 ただし、これまでのビジネス渡航者と同様の申請プロセス、保険加入、検疫義務は継続見込み。
◆速報◆タイ入国:長期滞在者と永住者◆CCSAが入国許可グループに推奨か
タイの新型コロナ管理センター(CCSA)長官が、長期滞在者と永住者を次のタイ入国許可のグループに推奨すると発言。高い購買力を持つことが推薦の理由。14日間の検疫隔離は必須。 今後、政府の承認プロセスに掛かるのかは、現時点では未定。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。
◆タイ入国:居住証明証◆ピンクのIDカードで入国許可証申請可能か?
7月の時点でタイへの入国が許可されている日本人は、労働許可証保有者とその家族、タイ人の家族がいる人、そして『有効な居住証明書を有するか、居住を許可された人』など。 『有効な居住証明書』とはなにか、ピンクのIDカードで証明できるとの一報が…
『ビジネス渡航者向けPCR検査+陰性証明書発行』協力医療施設リスト
ビジネス渡航者向けのPCR検査と陰性証明書発行に協力する医療機関が公開された。 日本政府が、ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドとの往来再開を進める中、陰性証明書の取得がネックとなっていた。 ようやく準備が整いつつある模様…

厚生労働省 公式 LINE アカウント

◆新型コロナ:厚生労働省◆感染症情報 LINE公式アカウント:QRコード
LINE株式会社は、厚生労働省の要請を受け、新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を広く提供するため、「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」LINE公式アカウントを開設したことをお知らせいたします。

タイの新型コロナ、感染者数、推移

Thailand Coronavirus: 3,506 Cases and 59 Deaths - Worldometer
Thailand Coronavirus update with statistics and graphs: total and new cases, deaths per day, mortality and recovery rates, current active cases, recoveries, tre...

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイのコロナ:PCR検査◆バンコクの日本語の通じる3大病院+治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症の場合の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆タイのコロナ:日本人差別◆梨田大使からタイ国民の皆様への手紙◆
タイで日本人に対する差別が発生している。 『日本人は出て行け』『刺身はバイ菌だらけ』などの風評被害。 これを危惧した在タイ日本国大使館の梨田大使が『梨田大使からタイ国民の皆様への手紙』を出した。
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★1日一回、イラストをクリックしてランキングの応援おねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,915人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。