◆ベトナムから日本への渡航者に変異株【在ベトナム日本国大使館】

この記事は 約4 分で読めます。

厚労省は、ベトナムから日本に到着した渡航者に変異株感染が確認されたと報告。
外務省は、ベトナムを検疫強化の対象国・地域に追加したと発表。
在ベトナム日本国大使館から在住者への健康管理、感染対策の徹底に警鐘。
取り急ぎ、原文のままお知らせします。

在ベトナム日本国大使館: ベトナムからの渡航者の新型コロナウイルス感染症(変異株)の確認

【ポイント】
●本26日、厚生労働省は、ベトナムから日本の空港に到着した乗客から、英国において報告された新型コロナウイルス感染症(変異株)が確認されたことを公表しました。
●邦人の皆様におかれては、引き続き、マスク着用、手指消毒、密を避ける、日頃の健康管理など、感染対策の徹底に御留意ください。

【本文】
1 本26日、厚生労働省は、ベトナムから日本の空港に到着した乗客から、英国において報告された新型コロナウイルス感染症(変異株)が確認されたことを公表しました(詳細は、以下の厚生労働省HPを参照ください。)。
 
2 邦人の皆様におかれては、引き続き、マスク着用、手指消毒、密を避ける、日頃の健康管理など、感染対策の徹底に御留意ください。
 
3 また、緊急事態宣言の発出に伴い、本邦への全ての入国者に対する水際措置が強化されています。日本に帰国・入国される方は、出国前72時間以内の検査証明書の提出、空港検疫での検査、並びに、14日間の公共交通機関不使用と自宅・宿泊施設での待機、位置情報の保存等に関する誓約書の提出が求められており、検査証明書や誓約書の提出がない場合は、検疫所が確保する宿泊施設において待機いただくことになりますので、御留意ください。(今般の空港検疫での変異株の確認による検疫措置の追加はありません。)
 
○新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の発生について(厚生労働省HP)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16345.html    
○広域情報:新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(検疫強化対象国・地域の追加)(外務省HP)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C017.html

広域情報:新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(検疫強化対象国・地域の追加)(外務省HP)

●国内で変異ウイルスの感染者が確認された国・地域からの入国者を対象とする日本における水際対策強化に関する新たな措置(昨年12月26日決定)のうち、本年1月26日、検疫の強化の対象国・地域にアメリカ合衆国(ニュージャージー州、バージニア州)、パレスチナ及びベトナムが追加指定されました( https://www.mhlw.go.jp/content/000724992.pdf )。なお、この指定による追加の検疫強化措置はございません(緊急事態宣言発出に伴い、全ての入国者に執られている措置から変更ありません)が、日本に帰国・入国される方は、出国前72時間以内の検査証明書の提出、空港検疫での検査、並びに、14日間の公共交通機関不使用と自宅・宿泊施設での待機、位置情報の保存等に関する誓約書の提出が求められており、検査証明書や誓約書の提出がない場合は、検疫所が確保する宿泊施設において待機いただくことになりますので、御留意ください。

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

◆日本人のベトナム入国は?

◆ベトナム2021年◆祝祭日・テト(旧正月/春節)カレンダー
ハノイは北の首都。ホーチミンは南のビジネスの中心地。 全く違う趣の街、両方行けると良いのですが、直線距離で約1,200キロ、飛行機で約2時間です。 ベトナムの祝祭日は少ないですが、テト、春節、旧正月は盛大にお祝いされます。
◆ベトナム:JALとANA◆2021年2月運行情報:テト(旧正月)
ベトナムは、日本の外務省が感染症危険レベルを下げたコロナ感染抑制の成功国。 2月11日〜17日はベトナムのお正月『テト』に当たる期間ですがANAは運休あり。 ビジネス渡航者や駐在員家族の入国は可能ですが、観光客受け入れ再開は…
◆感染症危険情報◆タイ、ベトナム、シンガポールなど9カ国引き下げ
タイ、ベトナム、シンガポールを含む9カ国の感染症危険情報が引き下げ。 これまでの『渡航中止勧告(レベル3)』から『渡航自粛(レベル2)』に変更。 他には、オーストラリア、ニュージーランド、中国(香港)、台湾、ブルネイ、韓国。
◆ベトナム入国:短期出張者◆14日間の隔離措置免除の方針
ベトナム保健省は、8月31日、短期出張者の14日間隔離措置免除の方針を発表。 入国までのプロセスは従前通りで『Bluezone』という追跡アプリも義務化。 入国後の検疫料金、陽性の場合の治療費は自己負担。行動は用務限定。