◆ベトナム入国:JALとANA◆2020年12月のスケジュール

この記事は 約3 分で読めます。

ベトナムは、外務省が感染症危険レベルを引き下げた、コロナ感染抑制の成功国。
短期出張者の14日間隔離措置免除方針を発表したが、JALとANAも12月の通常運行はベトナム発のみ。
ビジネス渡航者には特別便はあるが、観光客受け入れ再開は…
連日、このブログに『ベトナム 入国』『ベトナム 再開』『ベトナム 2021』『ベトナム テト』『ベトナム 旧正月』と多くのベトナム・ラバーの方々からのアクセスがあります。
 :
残念ながら、2020年内は観光目的での入国は難しそうです…
 :
タイには『特別観光ビザ(STV)』という特例措置がありますが、このビザの対象国は『低度感染危険国』のみであり、タイ王国から『中度感染危険国』判定の日本は対象外となりました…
 :
ベトナムからその様な判定を頂かない様、日本の皆さん、感染抑制に努めましょう!
 :
1日も早い、ワクチンと治療薬の開発を祈ります!

◆感染症危険情報◆タイ、ベトナム、シンガポールなど9カ国引き下げ

◆感染症危険情報◆タイ、ベトナム、シンガポールなど9カ国引き下げ
タイ、ベトナム、シンガポールを含む9カ国の感染症危険情報が引き下げ。 これまでの『渡航中止勧告(レベル3)』から『渡航自粛(レベル2)』に変更。 他には、オーストラリア、ニュージーランド、中国(香港)、台湾、ブルネイ、韓国。

◆ベトナム入国:特別便◆12月+2021年1月:在ベトナム大使館

◆ベトナム入国:特別便◆12月+2021年1月:在ベトナム大使館
ベトナムへの14日以内の訪問者は『優先往来制度』が適用される。 ビジネス渡航者に限られ、承認を受けた用務以外、隔離施設(ホテル)に滞在が必要。 ANA・JALから12月+1月の特別便(ハノイ・ホーチミン行き)の計画が公開された。

◆ベトナム入国:短期出張者◆14日間の隔離措置免除の方針

◆ベトナム入国:短期出張者◆14日間の隔離措置免除の方針
ベトナム保健省は、8月31日、短期出張者の14日間隔離措置免除の方針を発表。 入国までのプロセスは従前通りで『Bluezone』という追跡アプリも義務化。 入国後の検疫料金、陽性の場合の治療費は自己負担。行動は用務限定。

◆悲報◆タイ入国:特別観光ビザ◆申請入国不可『中度感染危険国』判定

◆悲報◆タイ入国:特別観光ビザ◆申請入国不可『中度感染危険国』判定
タイ王国から日本に下された判定は『中度感染危険国』 特別観光ビザ(STV)は『低度感染危険国』のみが対象で、申請も入国も不可と… 日本はタイの感染症危険情報レベルを引き下げたのに、日本国内の感染拡大抑制が優先か…

JAL ベトナム線: 12月1日〜12月31日運行スケジュール

都市名路線便名運行日備考
ハノイ成田→ハノイJL751運休 
ハノイ→成田JL752火・木・土・日 
ホーチミンシティ羽田→ホーチミンシティJL079運休 
ホーチミンシティ→羽田JL070月・水・金 
成田→ホーチミンシティJL759運休 
ホーチミンシティ→成田JL750月・火・木・土 
 
↓↓↓ 詳細はこちらから ↓↓↓

2020年12月1日~31日 東南アジア・南アジア線路線計画変更内容

ANAベトナム線: 12月01日〜12月31日運行スケジュール

都市名路線便名運行日備考
ハノイ成田→ハノイNH897運休 
ハノイ→成田NH898水・土 
ホーチミンシティ羽田→ホーチミンシティNH891運休 
ホーチミンシティ→羽田NH892水・金・土・日 
成田→ホーチミンシティNH833運休 
ホーチミンシティ→成田NH834火・木・土 
↓↓↓ 詳細はこちらから ↓↓↓

新型コロナウイルスの影響に伴う
国際線 路線・便数計画の一部変更について(追加分51)

 

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のベトナム入国は?

◆ベトナム2021年◆祝祭日・テト(旧正月/春節)カレンダー
ハノイは北の首都。ホーチミンは南のビジネスの中心地。 全く違う趣の街、両方行けると良いのですが、直線距離で約1,200キロ、飛行機で約2時間です。 ベトナムの祝祭日は少ないですが、テト、春節、旧正月は盛大にお祝いされます。
◆ベトナム:JALとANA◆2021年2月運行情報:テト(旧正月)
ベトナムは、日本の外務省が感染症危険レベルを下げたコロナ感染抑制の成功国。 2月11日〜17日はベトナムのお正月『テト』に当たる期間ですがANAは運休あり。 ビジネス渡航者や駐在員家族の入国は可能ですが、観光客受け入れ再開は…
◆感染症危険情報◆タイ、ベトナム、シンガポールなど9カ国引き下げ
タイ、ベトナム、シンガポールを含む9カ国の感染症危険情報が引き下げ。 これまでの『渡航中止勧告(レベル3)』から『渡航自粛(レベル2)』に変更。 他には、オーストラリア、ニュージーランド、中国(香港)、台湾、ブルネイ、韓国。
◆ベトナム入国:短期出張者◆14日間の隔離措置免除の方針
ベトナム保健省は、8月31日、短期出張者の14日間隔離措置免除の方針を発表。 入国までのプロセスは従前通りで『Bluezone』という追跡アプリも義務化。 入国後の検疫料金、陽性の場合の治療費は自己負担。行動は用務限定。