... ...

ロンドンブリッジの後はあのディケンズ・インへ!ろんろん出張日記(02)

この記事は 約4 分で読めます。

久々のロンドン出張!某米国系外資系のグローバルミーティングがロンドンで開催の2日目!昼の会議もちょっとだけ、遅い午後からロンドン・ブリッジ観光!そして、ディナーはあの小説家チャールズ・ディケンズのひ孫が開いた『ディケンズ・イン』へ!
写真は、1700年代から残る歴史的な『The Dickens Inn』の景観です!

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。
現在、アーリーリタイアしてバンコクでロングステイ中の管理人は、東京にいる時は外資系企業に勤務していました。自己紹介はこちら!
 :
 :
ろんろん出張も2日目!
ホテルのミーティングルームでの各国のビジネス状況レポートも早々に・・・
入社30日で、日本のビジネス状況報告も減ったくれもないんですが(笑)
 :
遅い午後からのロンドン・ブリッジ付近の観光へ!
相変わらず天気の悪いロンドン… しとつく雨も思い出か。
 :
ディナーは、あの小説家チャールズ・ディケンズのひ孫が開いたといわれる、1700年代後半からのこる歴史的な建築物でもある、The Dickens Inn Grillへ!

ロンドン・ブリッジへ!




The Dickens Inn Grillへ!

The Dickens Inn is an original warehouse building near Tower Bridge, Tower of London and the Shard. As an original warehouse building, it’s thought to have housed tea or to have been owned by a local brewery. It certainly existed at the turn of the 18th century and may well have been born in the 1700’s. During the early years as a pub “The Tavern Bar” used to feature sawdust strewn floors and no bottled or canned beer was stocked. Diners also enjoyed candlelit meals on the balconies; this practice has been phased out due to modern fire safety regulations!

 

ロンドンで食べたものは、とても美味しかったですよ!
それよりも、ここは雰囲気が良い!ワインを飲みましたが、ビールも飲めばよかった(笑)

 

お店情報

『ろんろん出張日記』その3へつづく!

アップの予定は未定です(笑)

『ロンドンナビ』はこちら!

お願い:ランキングへの応援ポチ!

最後までお読み頂き、有難うございます。ランキングに参加しています。1日一回、下のイラストをポチッとして、応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

海外旅行シリーズはこちら!

海外旅行したい
私が初めて海外に出たのは入社三年目の米国アトランタへの出張でした。 初めて手にしたパスポートと淡い期待を込めて降り立ったハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港は世界最大の空港でした。地下鉄が走っていて、どこにイミグレーションがある...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★1日一回、イラストをクリックしてランキングの応援おねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,915人の購読者に加わりましょう

海外旅行したい
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。