◆ニューヨーク:コロナ規制ほぼ解除◆18歳以上の70%ワクチン接種済

◀︎お願いします
1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
この記事は 約5 分で読めます。

ニューヨーク州は、18歳以上の州民70%ワクチン接種済を受け、規制をほぼ解除。
クオモ州知事は『コロナを打ち負かした』と宣言、医療従事者へ感謝の花火を打ち上げ。
接種を受けていない人は、米疾病対策センターの指導に従いマスク着用など規制続く。
管理人の第二の故郷、ニューヨークが輝きを取り戻しました。
 :
管理人は、ジュリアーニが市長を務めていた頃にニューヨークに駐在していました。コロナ感染拡大時期のニューヨークの惨状に涙を流していました。住んでいたマンションの裏が大きな病院で、ニュースで繰り返し流れる映像に心を痛め…
 :
世界中でワクチン接種に懐疑的な人は、集団免疫を獲得してコロナ前に近い生活を取り戻した地域をもう一度見直してください。

 

クオモ州知事のTwitter:

関連記事:

◆体験談:前編◆3日間強制隔離対象のニューヨークから一時帰国
日本は変異株が確認された国からの入国者に対し厳しい検疫措置(強制隔離)を実施。 ベトナム、マレーシア、タイ、米国(一部)、ドイツからの入国者は3~6日間の隔離対象。 日本への一時帰国に際しては、現地の大使館、外務省、厚生労働省の情報確認が必須。
◆体験談:後編◆3日間強制隔離対象のニューヨークから一時帰国
ベトナム、マレーシア、タイ、米国(一部)、ドイツからの入国者は3、6日間の隔離対象。 政府の指定するホテルで待機する期間中、外出禁止、アルコール禁止など厳しい措置。 海外での強制隔離とは違い、ホテル代、食事代、PCR検査費用などは政府の負担。
◆ニューヨーク治安悪化◆NYPDから外出時の安全対策注意点
ニューヨークの治安が悪化している。 コロナ以降、拳銃発砲事件、殺人、強盗、強姦などの重大犯罪件数が増加しているとの報告あり。NYPDが外出時の安全対策に関する注意点を公開し、NY日本総領事館が在留邦人に注意を喚起している。
◀︎お願いします
1日1回応援お願いします▶︎にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

コロナから472日目の復活

エッセンシャル・ワーカーと医療従事者の働きを讃えニューヨーク湾などの数か所の会場で花火も上げられた。

記事引用先:週刊NY生活

クオモ・ニューヨーク州知事は15日、18歳以上のニューヨーク州民の70%が新型コロナウイルスのワクチンについて一回の接種を受けたことを踏まえ、新型コロナウイルスに関する規制を直ちに解除すると発表した。これにより社交場の制限や収容人数の制限、ソーシャルディスタンス、清掃・消毒、健康診断、追跡のための接触記録といった、州の保健に関するガイダンス、各産業別のガイドラインが、小売業、飲食業、オフィス、ジムやフィットネスセンター、娯楽施設やファミリー向けエンターテイメント、ヘアサロン、理髪店、パーソナルケアサービスなどの商業施設においてほとんどの制限が解除された。同日、州内13か所の主要ビルが復活を記念しブルーとゴールドにライトアップされた。エッセンシャル・ワーカーと医療従事者の働きを讃えニューヨーク湾など数か所で花火も上げられた。この日はニューヨーク州がコロナとの戦いを宣言してから472日目の「サバイブからの復活」となった。

 一方、ワクチン接種を受けていない人については、米疾病対策センター(CDC )のガイダンスに従い、マスクの着用が求められている。また、州の健康に関するガイドラインでは大規模な屋内行事、幼稚園から高校までの学校、公共交通機関、ホームレスシェルター、矯正施設、老人ホーム、医療機関などにおいては、CDCのガイドラインに従って州のガイドラインが引き続き適用される。各事業者は従来の規制を継続するか、解除するかについて選択することができる。

ニューヨーク州における新型コロナウイルスに関する規制の解除について

在ニューヨーク日本国総領事館:2021年6月15日

クオモ・ニューヨーク州知事は、18歳以上の州民の70%がワクチン接種を受けたことを踏まえて、新型コロナイルスに関する規制を解除する旨発表しました。

クオモ・ニューヨーク州知事発表
 https://www.governor.ny.gov/news/governor-cuomo-announces-covid-19-restrictions-lifted-70-adult-new-yorkers-have-received-first

1 本日15日(火)、クオモ・ニューヨーク州知事は、18歳以上のニューヨーク州民の70%が新型コロナウイルスのワクチンについて一回の接種を受けたことを踏まえて、新型コロナウイルスに関する規制を直ちに解除する旨を発表しました。
2 これにより 社交場の制限、収容人数の制限、ソーシャルディスタンス、清掃・消毒、健康診断、追跡のための接触記録といった、州の保健に関するガイダンス、各産業別のガイドラインが小売業、飲食業、オフィス、ジムやフィットネスセンター、娯楽施設やファミリー向けエンターテイメント、ヘアサロン、理髪店、パーソナルケアサービスなどの商業施設において任意のものとなりました。
3 他方、ワクチン接種を受けていない人については、CDCのガイダンスに従い、マスクの着用が求められています。また、州の健康に関するガイドラインでは大規模な屋内行事、幼稚園から高校までの学校、公共交通機関、ホームレスシェルター、矯正施設、老人ホーム、医療機関などにおいては、CDCのガイドラインに従って州のガイドラインが引き続き適用されます。
4 各事業者は従来の規制を継続するか、解除するかについて選択することができます。また、各事業者は、ワクチン接種の有無に関係なく、事業者の敷地内においてマスクの着用や6フィートのソーシャルディスタンスについて求めることができます。

【問い合わせ先】
在ニューヨーク日本国総領事館
299 Park Avenue、 18th Floor、 New York、 NY 10171
TEL:(212)-371-8222
HP: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/

マネースクエア

トラリピ®とは「トラップリピートイフダン®」という注文方法の略称です。

マネースクエア社が特許を取得したFXの自動売買の仕組みで『安定した収益確保』が魅力です。