◆ロングステイ希望国2020◆マレーシア14年連続+タイ9年連続2位

この記事は 約3 分で読めます。

ロングステイ財団が、恒例の『ロングステイ希望国・地域2019』を発表。
マレーシアが14年連続で首位をキープし、われらがタイは9年連続で2位に…
ベトナムが初めて7位に登場し、アメリカ本土がトップ10圏外に。
あなたの好きな国は?
管理人は、タイにロングステイ先を決めるまでには、ロングステイ財団の主催するイベント『ロングステイ・フェア』に足繁く通っていました。
 :
この『ロングステイ・フェア』の存在を知るに至ったのが、毎年恒例の『ロングステイ希望国・地域20XX』調査でした。
 :
シンガポールに駐在していた1990年代には、マレーシア、バリ島、タイのホアヒンをロングステイ先として自分の足で回っていたのですが、2,000年の本帰国以降はウェブとこのロングステイ財団のイベントで調査をしてきました。
 :
当然、日本への帰国以降も各国の調査は怠りませんでしたが(笑)、ロングステイ財団の調査やイベントも参考になりました。

関連記事:◆ロングステイ希望国ランキング2019◆マレーシア・タイ・ハワイ◆

◆ロングステイ希望国ランキング2019◆マレーシア・タイ・ハワイ◆
『いつかは海外でのんびりとロングステイしたい』と夢見る多くの人から支持されたのは、13年連続選出にマレーシアでした。 ロングステイ希望国・地域 ランキング2019◆マレーシア・タイ・ハワイ◆海外移住
去年もランキングが公開された時につぶやいてるんですが、マレーシアも良いんですけど、タイも素敵ですよ。
 :
マレーシア、イスラム国なのでお酒が高いんですよお…
 :
とくに、マツコさんのような『お●まさん』には『LGBT天国のタイ』がおすすめですって!!!

関連記事:◆マツコさんが『LGBTの楽園』タイに移住すべき5つの理由◆

◆マツコさんが『LGBTの楽園』タイに移住すべき5つの理由◆
マツコ・デラックスが『マツコ&有吉 かりそめ天国』の番組の中で『マレーシアのクアラルンプールに移住することを考えている』と明かした。 マツコさんはタイ・バンコクに移住すべき! その5つの理由を明かそう!
タイでのロングステイにご興味のある方は、こちらの記事をご覧ください!
◆タイビザ基本情報◆リタイアメント・ロングステイ◆申請方法・書類条件費用◆
タイでリタイアメント・ビザを取りたかったらどうしたら良いと思いますか? 実際にタイで、自分で採った経験のある人のブログを見るのをおすすめします。  : 実は、このブログがそうです! タイでリタイアビザ取得は簡単です。 50歳以上で80万バーツの預金を準備できれば問題ありません。

「ロングステイ希望国・地域2019」トップ10を発表 マレーシア14年連続1位!初ランクインはベトナム

1位は14年連続でマレーシアとなりました。ロングステイ希望国トップとしてのイメージの定着により、幅広い世代に評価されているようです。
また、今回の調査で初めてトップ10にベトナムがランクイン。新しいロングステイ先として注目されていることがわかる結果となりました。このような動向からもロングステイ先として、アジアの人気はさらなる高まりをみせています。

 

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

応援お願いします!更新の励みになります!

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会◆貧富の差が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会だ。 しかもその格差が縮小することはなく続くと思われる理由がある... タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税! ・タイは相続税が『ほぼゼロ』 ・タイは固定資産税が『ほぼゼロ』
◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和(バーンロムサイ)さん!
タイには約45万人のHIV感染者がいると推定されている。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…