◆マツコさんは『LGBTの楽園』タイに移住すべき5つの理由◆

この記事は 約6 分で読めます。

マツコ・デラックスさんは、タイ・バンコクに移住すべきと主張したい!
マツコさんは、TV番組の中で度々、ガクトさんのマレーシア移住に憧れていると…
しかし、マツコさんがLGBT天国・タイに移住すべき5つの理由を解説しよう!
投稿日:2019年10月 ⇒最終更新日:2021年8月16日
 

マツコさんは、『マツコ&有吉 かりそめ天国』のなかでガクトさんのマレーシア移住のVTRをみては、なんども『クアラルンプールへの憧れ』を口にし、検討していると…
 :
それに対し、管理人も参加しているFacebookのマレーシアの会で『マツコ、マレーシアに来るな!』と叫んでいる輩がなんと多いことか…
 :
マツコさん、マレーシアなんか行かなくていいよ、タイがあなたを包んでくれますよ、と伝えたい…

2020年10月23日【追記】
マツコデラックス、バンコクが『最後の砦』と…

10月9日(金)放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』でマツコが『最後の砦』と叫んでました!
 :
『バンコクがね最後だと思ってる。聖地だしね、行っちゃったら戻ってこれない』『人種のるつぼってニューヨークじゃないのよ、バンコクよ』とバンコクで最後を迎えるつもりらしい。
 :
バンコクに行ったら、タイ中の綺麗どころを集めて、ショーの最後にマツコの周りに侍らせると…
 :
新型コロナが落ち着いたら、一度、バンコクにお出でください、私が案内します(笑笑)

マツコ、マレーシアに来ないでくれ!

先日、フェイスブックのマレーシアのグループで『マツコ、マレーシアに来ないでくれ!』とのコメントがあり、見ると『マツコ、憧れの移住先を明かす』クアラルンプールへの移住を希望とある。
 :
たしかに、マレーシアは13年連続でロングステイ先ランキング希望国ナンバー1だけど…
👇詳細はこちら👇
◆ロングステイ希望国2020◆マレーシア14年連続だったけど…
ロングステイ財団が、恒例の『ロングステイ希望国・地域2019』を発表。 マレーシアが14年連続で首位をキープし、われらがタイは9年連続で2位に… ベトナムが初めて7位に登場し、アメリカ本土がトップ10圏外に。 あなたの好きな国は?

マレーシアはLGBTにはきつい国

マレーシアはLGBTにはきつい国です。
 :

マレーシアはモスリムの国なので人々は穏やかですが、LGBTコミュニティには厳しい態度をとります。

マレーシアにおいてLGBTの権利は広範囲において認められていない
マレーシア国民は概ねLGBT個人に対して寛容であり受け入れも進んでいるが、植民地時代から続く刑法によりソドミーを犯罪として規制している。
国教であるイスラム教の影響により、LGBTコミュニティに対する厳しい社会的態度が取られている。

 

マツコさんにタイ移住をおすすめする理由は5つ!

  1. タイは『LGBTの楽園!』
  2. タイのオカマは顔がでかいので、マツコさんの大顔が目立たない!
  3. タイにもモスリムが多いので、マツコさんのロングドレスが目立たない!
  4. タイは辛くて美味しい物が多いので、辛い物好きのマツコさんには天国!
  5. タイ人は韓国が嫌い

タイは『LGBTの楽園』!

ウィキペデイア(Wikipedia):タイ王国におけるLGBTの権利

タイ王国は、世界においてLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)に対して比較的寛容な国の一つであるが、法的課題も残っている。男性間および女性間の性的な関係は違法ではないが、同性間カップルやその家族に対しては異性カップルが享受できるものと同一の法的保護は受けられない。

タイでLGBTの国会議員が4人誕生、同性婚実現にはずみ

記事引用先:OUT JAPAN(2019/06/16)

タイで3月に実施された総選挙(下院議員選挙)の結果が5月に発表され、タイ史上初となるLGBTの国会議員が4人も誕生しました。
反軍政を掲げ若者に絶大な支持を得て第三党に躍り出た新未来党から、タンワーリン・スカピシット議員をはじめ、4人のLGBT議員が誕生しました。

LGBTとは?

記事引用先:ウィキペデイア(Wikipedia)

LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)とは、女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)の各単語の頭文字を組み合わせた表現である。

マツコさんは辛い物が大好き!

TBS系『マツコの知らない世界』2019年7月9日放送、見ました。
私も辛い物が好きで、タイに居るので、マツコさんの気持ち好くわかります。でも、あれは食べられない級の辛い物ばかりで…

マツコの知らない世界:唐辛子の世界

記事引用先:唐辛子の世界

唐辛子には数多くの種類がある事、また自分が知る唐辛子がその中のほんの一部だった事に驚きました。
また唐辛子本来のうまみを感じられる、辛くて旨い唐辛子料理をご紹介いただき、
ただ辛いだけじゃない唐辛子のおいしさを知ることができました。
皆さんも暑い夏を辛くて旨い唐辛子料理で乗り切ってみては!?

マツコさん、タイには辛くて美味しい物がいっぱいです!
きっと、満足して頂けます!

マツコさん同様、タイ人も韓国が嫌いです!

近年、タイと韓国の関係は悪化しています。
昔からタイ人は韓国が嫌いだったようですが、この10年間で更に嫌韓感情が増幅したようです。
タイ国立公園が韓国女優を刑事告訴!タイと韓国関係悪化!バンコクタイムズ
日本では日テレ『イッテQ』の『タイ・カリフラワー祭り』などのやらせが問題になってますが、今度はタイを舞台にした韓国のテレビ番組のやり過ぎが問題に。 タイの国立公園内で絶滅危惧種のオオシャコガイを不正採取した罪で、韓国人の女優を刑事告訴した模様。 近年、タイと韓国の関係は悪化していた。
 
マツコさんも以前テレビの番組で韓国の方と言い合いになり、伝説の『出ていけ!日本が嫌いだったら出ていけ!』と叫んだのを思い出しました。
マツコさん、安心してください。
タイ人も韓国人、大嫌いです!

マツコ、憧れの移住先を明かす「本当に早く…」クアラルンプールへ

記事引用先:ETALENTBANK(2019年6月21日)

6月19日、テレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』に出演したマツコ・デラックスが移住について語った。(中略)
マツコは「色々どこに移住したらいいんだろうって調べたらクアラルンプールが住みやすいってよくやってるから」とマレーシアのクアラルンプールに移住することを考えていると明かした。

【参考】タイ「LGBTの楽園」の裏に性差別 仕事に就けない人も…門閉ざす企業や官公庁

物事には表があれば、裏側もあります・・・

記事引用先:西日本新聞(2018/8/20)

タイは性的少数者(LGBT)の楽園だと言われる。男装の「トムボーイ」、女装の「カトゥーイ」。街の至る所で、生き生きと働く彼や彼女を見かける。本当の自分を公にすることに壁はないのか。取材を進めると、「寛容な国」の意外な一面が

 

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

マネースクエア

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会が続く3つの理由◆贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会、上位1%の富裕層が持つ富が全体の約67%を占め、更に広がる傾向… 貧富の差はタイの政治対立を引き起こし、罪を犯した富裕層が罰を免れることも珍しくない。 格差を広げる理由は3つ、贈与税、相続税、そして日本で言う固定資産税が…
◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆タイのエイズ孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和@バーンロムサイ
タイには約45万人のHIV感染者(=エイズではない)がいると推定される。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…