◆タイ◆ロングステイビザVISA申請方法+TM30◆書類条件費用(04)リタイアビザ

この記事は 約10 分で読めます。

【注意】

以下の書類は、2019年3月現在です。最新はタイ王国移民局から入手して下さい。

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

みなさんは、『タイ』『バンコク』『海外移住』『ロングステイ』『ロングステイ・ビザ』『リタイアメント・ビザ』『ノンイミグラント』『申請』『移民局』『海外旅行』『ちょい住み』『年金』『税金』『健康保険』『TM30』などのキーワード検索でたどり着いた方が多いと思います。

『タイでリタイアメントビザを取得するのは簡単』です。

年齢が50歳以上で、タイで一年間生活できる程度の『不労所得(年金若しくは貯金)』があり、過去に犯罪歴がないなどの一定の条件をクリアして、必要な書類を揃え、それを移民局に持っていけば!

でも、ここはタイ、異国です。

異国には異国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。その典型的なのが、言葉でしょう。記入すべき書類は英語とタイ語の併記、移民局では多少の英語しか通じず、タイ語がメインです。

そのような状況の中でも、タイ語のできない私が、自分で移民局に出向き、自分でリタイアメントビザを取得した経験、ノウハウ、ヒントをお伝えしたいと思います。

私はタイ王国以外にも、ニューヨーク(アメリカ・米国)、シンガポール、香港に駐在した経験もあり、その点でも色々とお伝えできると思います。

タイでリタイアメント・ロングステイビザの取得を希望の方の参考になればうれしいです!

リタイアメントビザ申請方法の3つのポイント

  1. 日本でもタイでも取得可能!最初のビザは90日間、その後1年毎に延長申請
    • 日本ではタイ大使館で申請が可能
    • タイでは移民局で申請
  2. 条件は50歳以上で、80万バーツの銀行預金、犯罪歴がない事、など
    • 80万バーツの銀行預金の証明(通帳のコピー、銀行発行の証明書)以外にも、月間6万5千バーツの年金証明でも可
    • 働くことは禁止です。見つかれば、ビザの返納(没収)となるので注意しましょう
  3. 申請書類は常に最新の物を移民局で入手しましょう
    • 下記で記入する情報が判るので、情報を事前に準備して移民局で記入します

ポイントは3つです。

詳細をご覧になりたい方は、以下をご覧ください!

そもそも、ロングステイビザとは? リタイアメント・ノンイミグラントタイプ”O”と同じもの!

タイの50歳以上の人にでるビザ(VISA)は、「ノンイミグラントビザのタイプ”O”」じゃ。「リタイアメントビザ」「ロングステイビザ」「NON-O(1年)」は同じものじゃぞ!

『ノン・イミグラント・ビザ』は『移住者ではない人のビザ』と言う事で、短期から長期の滞在者向けのビザです!

リタイアメントビザ取得までの流れ

リタイアメント・ビザを手に入れるまでのステップじゃ。

90日ビザ取得後、一年ビザを取得し、その後は毎年更新することになるんじゃ。

  1. ノービザ入国
  2. NON-O(90日ビザ)申請【TM.87】
  3. NON-O(90日ビザ)受領
  4. NON-O(1年ビザ)申請【TM.7】
  5. 90日レポート提出【TM.47】
  6. NON-O(1年ビザ)受領

1. 日本人なら問題なく『ノービザ入国可能です』

最初はだれでも「ノービザ」さああ♪

まずは、ビザなしで入国できる日本人は問題なく入国できます!

2. NON-O(90日ビザ)【TM.87】申請

申請書の「TM.87」がこれじゃ! MS-WORD書類が自動でダウンロードされるぞ!

f:id:lukehide:20180910120206j:plain

おーおー、見事にタイ語だ!!!

下に英語が書いてあるので、なんとかなりそうだね。

2.1.申請書類

  1. 申請書:TM.87

  2. パスポートコピー:顔写真と入国スタンプのあるページ

  3. 出入国カード【TM6】コピー:出国の部分(Departure Card)

  4. 80万バーツの証明(銀行預金、年金、等)

  5. 外貨送金証明書:下記コメント、参照。

  6. 写真: 4cm x 6cm

  7. オプション:リエントリーパーミット【TM8】

リエントリーパーミットを同時に申請しておけば、何度も行かなくて良いぞ!

リエントリーパーミットは、タイで発行されるビザのオプションで、ビザの有効期限内に出国しても無効にならないという許可証のことだよ。

マルチプルは何度でも使えるけど、シングルは期間を明記する必要があるので、マルチプルだね。

 

急に帰国する必要ができても、とっておけば安心だ!!!

リエントリー・パーミットの取り方は下の記事をチェック!

外貨送金証明書」とは、日本からタイの銀行に送金する際に、「生活費」とか「家の購入」とか申告が必要なんじゃが、これをタイ側の銀行が送られてきたお金を「生活費」として受け取りました、等の証明をしてくれるんじゃ。

2.2. 申請

  1. 申請期限:ノービザが切れる15日前

  2. 申請費用:2,000バーツ

  3. サイン:すべてのコピーには、青インクのボールペンで自筆のサイン

サインする時には、コピーとの見分けがつかなくなるので「青のインク」でないと戻されるぞ!

3. NON-O(90日)受領

申請日から15日の審査期間後に受け取れるんじゃ。

4. NON-O(1年)申請【TM.7】

延長申請書類「NON-O(1年)」【TM.7】がこれじゃ!なぜか、今度はPDFが自動でダウンロードされるぞ!

APPLICATION FOR EXTENTION OF TEMPORARY STAY IN THE KINGDOM

f:id:lukehide:20180910184542j:plain

こちらも英語が下に書いてあるから、なんとかなりそう!!!

4.1. 申請書類

  1. 申請書:TM.7

  2. パスポートコピー:顔写真と入国スタンプのあるページ+【追加】NON-O(90日)ビザ+リエントリーパーミット

  3. 出入国カード【TM6】コピー:出国の部分(Departure Card)

  4. 80万バーツの証明(銀行預金、年金、等)

  5. 写真: 4cm x 6cm

「外貨送金証明書」も念のため持って行った方が良いかもね。一回提示しているから問題ないと思うけどね。

4.2. 申請

  1. 申請期限:NON-O(90日)が切れる30日前

  2. 申請費用:1,900バーツ

  3. サイン:すべてのコピーには、青インクのボールペンで自筆のサイン

先日、移民局のInformationでもらってきたメモは、この「NON-O(1年)」の説明書だったみたいだよ。

【注意】

書類は、2019年3月現在です。最新はタイ王国移民局から入手して下さい。

5. 90日レポート提出【TM.47】:受領90日後

NON-O(1年)受領の前に、90日レポートがあるんじゃぞ!

タイでビザを取得した人は、90日間に一度「タイにちゃんと滞在してますよ」と報告に行くのが義務化されてて、これを怠ると「罰金 2,000バーツ」払わないといけないんだよ。

申請書の「TM.47」がこれじゃ!

MS-WORD書類が自動でダウンロードされるぞ!

 

FORM FOR ALIEN TO NOTIFY OF STAYING LONGER THAN 90 DAYS

f:id:lukehide:20180910192459j:plain

5.1. 申請書類

  1. 申請書:TM.47

  2. パスポートコピー:顔写真と入国スタンプのあるページ、NON-O(90日)ビザ+リエントリーパーミット

  3. 出入国カード【TM6】コピー:出国の部分(Departure Card)

5.2. 申請

  1. 申請期限:期限日前15日から期限後7日以内

  2. 申請方法:

  • 移民局窓口申請
  • インターネット申請
  • 郵送申請

郵送も有りますね。でも、インターネットも郵送も不安だなあ。

オンラインレポートの記事は、こちらをチェック!

窓口の申請も不安だけど、三つの中でしか選べないなら「窓口申請」かな。各個人のこのみで選べるのは良い事じゃ!

詳細は、移民局のホームページ(英語)参照ください!!!

【注意】

書類は、2019年3月現在です。最新はタイ王国移民局から入手して下さい。

6. NON-O(1年)受領

リエントリーパーミットの申請もお忘れなく!!!

取り方の記事、もう一回、貼っておくよ!

90日レポートも忘れるなよ、罰金刑じゃぞ!!!

実際のレポート記事はこちらをチェック!

管理人の個人的まとめ

 私は、2017年3月に会社の手配で、ビジネス用の「NON-B(1年)」を取得しました。

リタイアメント・ビザの取得のプロセスは同じです。

2018年10月に、ビジネス用の「NON-B(1年)」からリタイアメント・ビザの『NON-O(1年)』に切り替えました。90日間ビザの取得は不要で、直接『NON-O(1年)』に切り替えが可能でした。

この切り替えは、自分自身ですべての書類を準備して、自分の手で移民局で申請してきました。皆様の参考になればうれしいです。

 

【注意】

情報は2019年03月現在です。最新はタイ王国移民局から入手して下さい。

みなさまの参考になればうれしいです。


 

【参考】2018年9月に移民局のINFORMATIONでもらった案内書

【注意】2018年9月9日時点の書類じゃ。最新版は、自分で移民局から入手するんじゃ!!!

タイのルールはしょっちゅう変更するからね…

f:id:lukehide:20180908172848j:plain

リタイアメントビザ申請条件

申請の条件は、5項目!

  1. Applicant must obtain “NON-IMMIGRANT VISA” Type ”O”
  2. The applicant must be 50 years of age or older.
  3. The applicant is not be prohibited to enter Thailand
  4. Having evidences to verify financial status of not less than 65,000 Baht per month or 800,000 Baht per year.
  5. The applicant is prohibited from working in Thailand.

日本語で簡単にまとめてみたぞ!

  1. 「ノンイミグラントビザのタイプ”O”」を取得
  2. 年齢50歳若しくはそれ以上
  3. タイへの入国が禁止されている者は申し込めない
  4. 月々65,000バーツ若しくは年間800,000バーツの収入証明
  5. タイでの就業は禁止されている

いたってシンプルだね、簡単、簡単。

説明がシンプルだけど、中身が大変なのは知ってるだろ(笑)

リタイアメントビザの提出書類

日本語で簡単にまとめてみたぞ!

  1.  申請者の写真付きのロングステイ延長申請書(TM.7)
  2. パスポート
  3. ファイナンシャル・ステイタスの証明書
  • 3か月以上、800,000バーツを保持していた事を証明するタイの銀行通帳
  • タイの銀行から800,000バーツのセービング/デポジットを保持する証明

もしくは、

  • タイの日本領事館からの月々65,000バーツ以上の年金を証明する書類
  • 銀行預金と年金を併せて、年間800,000バーツの収入がある事の証明
申請費用 1,900バーツ
書類は原本+本人がサインしたコピーを提出の事

慎重に準備するんじゃぞ!この書類の条件を満たさないと付き返されるぞ!

 注意事項

 銀行口座を作るのが難しい

そもそも、タイに住んでない人は銀行に口座作れないだろ!

そうなんじゃよ!

最近はマネーロンダリング対策で厳しくなってるからね。

管理人
管理人

タイ在住でなくても銀行口座を作る方法はまだある。方法をまとめている人がいるので、「タイ、銀行口座、日本在住」でググってみればでてくるよ。

日本の年金をタイの日本大使館で保証してもらう方法

そもそも、日本に居てビザ申請しようとしてる人が、タイの銀行に3ヶ月保持は難しいだろう。

そういう人のために、「年金の証明」をタイにある日本大使館で年金郵便はがきの英文証明をもらって、その代わりとするんだってさ。

申請は英語で

 申請書類や窓口業務も全部英語だけど、大丈夫かな?

ある程度、海外の経験があって、簡単なコミュニケーションができれば大丈夫じゃないかな。

実は、度胸も重要じゃ! タイの役所は時間がかかる。順番飛ばされたりもするので、問い合わせをしたり、文句を言ったり、日本人の不得意な部分に障害が無いのも重要だぞ!

日本でも申請ができる

日本でもリタイアメントビザ申請できるって知ってた?

タイ王国大阪総領事館のホームページに詳しくでてるぞ!

『タイ王国大阪総領事館 ビザ』でググれ!!!

管理人の個人的なまとめ

良く調べてみると自分で申請できると確信しました。ただし、タイのお役所は確認と忍耐が求められます。確認しても、各オフィサー毎に言う事が違うので、通わないといけない事も多々発生します。そんな時、「マイペンライ」と言えることが肝要かと(笑)

おすすめ『老後資金・保険の見直し』3選

老後の資金を貯めるのに払いすぎている生命保険などの保険料の見直しをして、余計な部分を削り老後に備えましょう!

『タイでビザとりタイ』シリーズの記事はこちら!

ランキングに参加しています。下の写真をポチッとしてくれると、更新の励みになって、涙を流して喜びます❤️
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント