◆富裕層+投資家向けタイ長期滞在(LTR)ビザ受付開始◆

この記事は 約6 分で読めます。

在東京タイ王国大使館でタイ長期居住者ビザ(LTRビザ)の受付開始。

純資産100万ドル以上の富裕層、裕福な年金受給者、高度スキルの専門職などが対象。

更新可能な10年ビザ取得や90日レポート軽減などメリットも多いが…

 

日本の水際対策も緩和され、入国72時間前のコロナ検査(PCR検査)証明の提出が不要となり、日本への一時帰国者や海外に出かける人のハードルも下がり始めました。

参考:◆入国前コロナ(PCR)検査免除◆9月7日以降の入国者対象

 

タイでは、コロナ前の様に、富裕層や投資家を呼び込むために、最大10年の滞在可能なビザの発行を開始しました。

対象者
  1. 純資産100万米ドル以上の富裕層
  2. 裕福な年金受給者
  3. 海外の有力企業で働くリモートワーカー
  4. 高度なスキルを持つ専門職

 

富裕層で純資産100万ドル、現在の日本円で1.3~1.4億円程度の資産家なら普通にいるでしょう。

ただし、年間所得が8万ドル以上、日本円で1.0~1.1千万円も稼いでる人は少ないでしょうね。

日本でたくさん資産運用してる人は、タイに住めないしねw

 

主なメリット
  1. 更新可能な10年ビザ取得
  2. 90日レポートを1年に延長
  3. 再入国許可申請の免除
  4. 個人所得の免税または減税
  5. タイでの就労許可、等

主なメリットの中では、90日レポートが一年間隔になるのは嬉しいですね。

申請費用が22万円って、どうなんでしょう。

 

タイ長期居住者ビザ(Long-term Resident Visa:LTRビザ)の受付開始

出所:在東京タイ王国大使館 2022年09月01日

タイ王国は、2022年9月1日より、タイ長期居住者ビザ(Long-term Resident Visa:LTRビザ)の発給を開始します。詳しい情報は、タイ投資委員会(BOI)のホームページ(https://ltr.boi.go.th)、もしくは英語と日本語の案内を以下よりご確認ください。
■英語:https://ltr.boi.go.th/documents/LTRbrochure_EN.pdf
■日本語:https://www.boi.go.th/upload/content/LTR_JP.pdf
​LTRビザは、BOI運営の専用オンラインサイトでBOIによる書類審査の後、審査結果が申請者へ送られます。BOIより承認を受けた申請者は、60日以内にタイ王国大使館、タイ王国総領事館、またはタイ入国管理局にてビザの申請が可能です。在東京タイ王国大使館で申請する場合は、事前申請予約を取り、お越しください。LTRビザの申請料は1名につき220,000円です。
LTRビザに関するご質問は、以下のお問い合わせ先にご連絡ください。
■お問い合わせ先(タイ国内のみ):
タイ投資委員会(BOI)エクスパート・サービス部
ビザ・労働許可証のワンストップサービスセンター(OSS)
電話番号:+66-2209-1100 内線1109-1110
メールアドレス:ltr@boi.go.th

 

9月開始の長期滞在者(LTR)ビザの概要、投資委員会が説明

出所:JETRO

タイ投資委員会(BOI)は6月29日、富裕層の外国人や投資家をタイに呼び込むために新設する「長期滞在者(LTR)ビザ」に関するセミナーを行った。LTRビザの保有者は、タイに最大10年間(有効期間5年、最長5年延長可能)居住することが可能となる。また、出入国の際、空港ではファストトラックを利用可能で、90日レポート(注1)や出国時の再入国許可の取得が不要となるほか、高度専門職は所得税が17%に減税されるメリットもある。他方、同ビザ保有者は年に1度、居住地報告をする必要がある点に注意が必要だ。
LTRビザの対象となる外国人は以下の4つのカテゴリーに分類され、それぞれ以下の条件を満たす必要がある。
1.富裕層

  • 純資産額:100万ドル以上
  • 個人所得(ビザ申請前の直近2年間、以下同):年間8万ドル以上
  • タイの国債、企業・公社、ベンチャーキャピタル、不動産への投資額が50万ドル以上

2.裕福な年金受給者

  • 50歳以上で定期的な年金収入あり
  • 個人所得:年間8万ドル以上。または年間4万ドル以上8万ドル未満で、タイの国債、企業・公社、ベンチャーキャピタル、不動産投資額が25万ドル以上

3.タイで働くプロフェッショナル(専門家)

  • 個人所得:年間8万ドル以上。または年間4万ドル以上8万ドル未満で、修士号以上の学位取得者、知的財産の所有者、シリーズA資金(注2)の調達者のいずれかに該当
  • 雇用主の場合:出身国で証券取引所に上場している公開会社(または創業3年以上の会社)かつ、申請日までの直近3年間の売上高の合計が1億5,000万ドル以上
  • 申請日までの直近10年間に、現在の雇用に関連する分野での実務経験が5年以上

4.高度専門職

  • 個人所得:年間8万ドル以上。または4万ドル以上8万ドル未満で、科学技術分野の修士号以上の学位、またはタイでの職務に関連して高度な専門知識を有する者
  • タイのターゲット産業(注3)に従事、またはタイ政府機関、タイ国内の高等教育機関、研究機関、専門教育機関のいずれかに勤務(ただし、タイ政府機関、タイ国営組織に勤務する場合は所得条件なし)

1~4のいずれも、5万ドル以上の健康保険、またはタイ国内での入院・治療費を保証する有効な社会保障、または10万ドル以上の銀行預金を有している必要がある。なお、扶養家族は、20歳までの子供を含む最大4人まで認められる。
9月1日以降、LTRビザの取得希望者はオンラインで申請できる。ビザ取得の許可が出た者は、各国にあるタイ大使館・領事館、またはタイ国内の移民局でLTRビザを取得できる。または、バンコク市内のチャムチュリースクエア内/各県労働局内にあるワンストップサービスセンター(OSS)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますでビザやデジタル労働許可証を受け取ることができる。

(注1)駐在員やその家族など90日以上タイに継続して滞在する者は、90日ごとに居所などを通知する「TM47」フォームを入国管理事務所に提出することが義務付けられている。

(注2)投資家が企業に投資する段階(投資ラウンド)の1つで、呼び名によって、企業の成長段階がわかる。

(注3)タイの国家指針「タイランド4.0」の下、政府は電気自動車やロボット、バイオなど12の産業を投資促進すべきターゲット産業に指定している。

(北見創、シリンポーン・パックピンペット)

 

管理人のつぶやき

毎年更新しなければならないとか、90日レポートはあっても、毎年1,900バーツで更新できるリタイアメントビザで十分な気もしますが、皆さんはご興味ありますか?

それよりも早めにFIREして海外移住しましょう!

▼FIRE資産運用▼

◆2017年億る▶︎家族持ちFIRE▶︎海外へ
◆資産:ドル、米株、FX、BTC
◆海外経験:NY、SGR、HK、BKK

★この記事が気に入ったら、フォローしよう★

FIRE後のポートフォリオ・出口戦略(終活)策定中!

海外生活資金『金融資産の25%は米ドル建(定期、年金保険、貯蓄型保険)』
老後資金作り『S&P500+オルカン:iDeCo+NISA+α』毎月27万円積立中。
不労所得作り『トラリピ0.48億円運用』毎月30万円(税抜)手取り。
夢作り『コインチェックでビットコイン積立』毎月3万円積立中。
バンコクと横浜に不動産を所有。
●不労所得作り『トラリピ』 3つのプラン
プラン期間
(週)
通貨
ペア
資金
(万円)
累積利益
(万円)
年利換算
(%)
不労所得
(30万円/月)
6AUD/NZD3,10011.32.6
6USD/CAD1,50043.226.5
100万円
FIRE資産運用
5USD/CAD1002.729.7
主婦のへそくり34AUD/NZD504.113.3
合計--4,75061.34,811.3
※年利換算=累積利益率➗運用週数 x 55週
マネースクエア:トラリピの良いところは、金額にかかわらず同じ運用効率が期待できることです。

読んだよのクリックが励みになります!

1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

 

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会が続く3つの理由◆贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会、上位1%の富裕層が持つ富が全体の約67%を占め、更に広がる傾向… 貧富の差はタイの政治対立を引き起こし、罪を犯した富裕層が罰を免れることも珍しくない。 格差を広げる理由は3つ、贈与税、相続税、そして日本で言う固定資産税が…
◆タイ王室は世界一裕福:保有資産4.6兆円は英国王室の80倍
話題の日本の皇室財産は国に帰属し、皇室費用は毎年予算計上し国会承認が必要。 一方、世界には裕福な王室も多く世界一のお金持ちはタイ王室で資産は約4.6兆円。 有名なイギリスのエリザエス女王でさえ約550億円で、タイ王室はその80倍以上…
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆タイのエイズ孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和@バーンロムサイ
タイには約45万人のHIV感染者(=エイズではない)がいると推定される。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…

 

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

トラリピ®とは「トラップリピートイフダン®」という注文方法の略称です。

マネースクエア社が特許を取得したFXの自動売買の仕組みで『安定した収益確保』が魅力です。