◆ワクチン接種義務化とシノバック◆東南アジアのワクチン接種

この記事は 約9 分で読めます。

Singapore allows the Sinovac COVID-19 shot at private clinics but does not include it in its vaccination tally, which only counts people who participated in the national immunization program using the Moderna and Pfizer shots. © Reuters

デルタ株の感染爆発に伴い、ワクチン接種を義務化する国や組織が増加中

フィリピンのドゥテルテ大統領が『接種を受けるか逮捕か』と発言し人権団体が非難。

効果に疑問のシノバック、シンガポールでは接種数から除外依存する国もまだ多数

先日、2021年6月23日に、東南アジア主要国の在留邦人へのワクチン接種状況をまとめたのがこちら。

国名一般接種
開始時期
在留邦人への対応有料
無料
シンガポール2020年
12月
日本人を含む外国人の長期滞在ビザ保有 者、永住権者は接種対象。無料
タイ2021年
02月
タイに居住する全ての接種希望者は、国籍に関係なく、ワクチンの提供を受けることが可能。選択制
マレーシア2021年
02月
マレーシア在住者を対象無料
インドネシア2021年
01月
5月28日、在住外国人も対象と発表(下記参照)無料
フィリピン2021年
03月
フィリピン政府は、合法な在留資格を 持つ外国人について、フィリピンのワクチン接種制 度の下でワクチンの接種を受けられる対象とし、希望者は地方行政機関 (LGUs)での登録が必要。 無料
ベトナム2021年
03月
現時点で、邦人含む居住外国人のワクチン接種に関して、政府から公式の発表はされていない。不明
詳細は、引用先の下の記事をご覧ください。

東南アジアの接種義務化傾向とシノバックの扱い

今回のテーマは、東南アジア主要国のワクチン接種義務化とシノバック製ワクチンの扱いについてまとめてみました。
国名義務
任意
中国シノバック製ワクチン
シンガポール任意・ファイザーとモデルナのワクチンを使用中
シノバック製ワクチン接種数を統計から除外
タイ任意ファイザー、モデルナの調達遅れ、アストラゼネカの国内生産も遅れ、シノバックを追加調達
マレーシア義務化
検討中
※政府の調達計画(3月12時時点)
ファイザー:3,200万回分
アストラゼネカ:1,280万回分
シノバック:1,200万回分
カンシノ:350万回分
スプートニク:640万回分
インドネシア義務化デルタ株の感染爆発で短期で調達可能なシノバックへの依存度高い

※2022年までの政府の調達計画(2月18日閣僚発言)
シノバック(中) 29.4%(1億2,500万回分)
アストラゼネカ(英) 19.4%(8,300万回分)
COVAX  18.3%(7,800万回分)
ノババックス(米)17.3%(7,400万回分)
ファイザー(米) 15.6%(6,600万回分)

フィリピン大統領
強要
5月30日時点でのワクチン調達状況は以下(すでにフィリピン へ納入が完了したもののみを記載)。
①シノバック 550万回分
②アストラゼネカ(COVAX)255万6,000回分
③スプートニクV 8万回
④ファイザー 19万3,050回分
ベトナム任意現時点で、シノバックへの依存度は低いが、調達状況によりシノバック製の輸入も増える可能性。
 :
(1)アストラゼネカ:
①ベトナム・ワクチン社が3,000万回分の購入契約済み。2月 24日に第1弾(11万7,600回分)が到着。
②COVAXファシリティにより3,890万回分を調達予定。第1弾 (81万1,200回分)が4月1日に到着。5月16日に第2弾(168 万2,400回分)が到着。
(2)ファイザー: 3,100万回分の購入を契約済み。 (3)SPUTNIK V: 2021年以内に2,000万回分の調達で合意。
(4)シノファーム: 6月3日に緊急使用承認。
(5)その他: モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソンとも交渉。
上記のデータは、2021年06月08日にジェトロが公開した記事『邦人も対象に含む大規模ワクチン接種計画が進展』から抜粋しています。
 :
最新のデータ、情報はお住まいの国の日本国大使館等にご確認ください。

ワクチン接種、新興国で義務化の動き 感染抑制狙い

記事引用先:日経新聞

新興国で新型コロナウイルスワクチンの接種を義務化する動きが広がり始めた。新興国では接種ペースが先進国に比べて遅く、感染が再び拡大している。強制力がある措置で感染を抑え込む狙いだが、ワクチンの供給面の不安や、政府に対する新興国の国民の不信感の強さが接種加速の試みに影を落としている。
 :

新興国ではワクチン接種が大きく遅れており、感染力の強いインド型(デルタ株)の流入も相まって感染の急拡大を招いている。インドネシアは7日、1日の新規感染者が3万4379人、死者が1040人とともに過去最高を更新した。ロシアも新規感染が2万人を超える日が続く。接種義務化の動きの背景にはこのままでは感染を抑制できず、経済再開のメドがたたなくなるとの危機感がある。

ただ、接種率の低迷はワクチンの確保の遅れも要因となっており、義務化してもただちに接種ペースが伸びるかは不透明だ。東南アジアではマレーシアやカンボジアなどでも義務化の検討が進むが、各国は接種に使用するワクチンを外国製に依存しており、調達に時間がかかる。
 :
接種を強制すれば、思想信条などの理由で忌避する人の権利を不当に制限する恐れもある。人権意識が高い先進国では義務化は見送られている。新興国でもハードルは低くない。フィリピンでもドゥテルテ大統領が6月21日「接種を受けるか逮捕、勾留かを選択することになる」と発言した際には、市民や人権団体から批判の声が上がった。

中国ワクチン接種者、2回目はアストラ製 タイ政府方針

記事引用先:日経新聞

タイのアヌティン保健相は12日、新型コロナウイルスワクチンについて、1回目に中国科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製を接種した人に対し、2回目は英アストラゼネカ製を使用する方針を明らかにした。シノバック製を2回接種した人の感染が相次いでいるためだ。
タイは主に自国生産するアストラゼネカ製と、中国から輸入するシノバック製を使用している。国内でインド型(デルタ型)などの変異ウイルスが広がっている中で、シノバック製を2回接種した医療従事者約600人の感染が判明したため方針を改めた。
シノバック製を2回接種済みの医療従事者にアストラゼネカ製や米ファイザー製を追加接種することも決めた。アヌティン氏は「(ワクチンの混合接種により)質の高い免疫をつくることができる」と述べた。
首都バンコクなどでは医療体制が逼迫しており、感染者の自宅療養を認める方針も決めた。これまでは無症状の人も含めて、感染者全員に入院を義務づけていた。タイの12日時点の累計感染者数は約34万5000人で、このうち約32万人が国内で変異ウイルスが見つかった4月以降に確認された。

シノバック製ワクチン2回接種のタイ医療従事者600人超がコロナ感染

記事引用先:Reuter

タイ保健省は11日、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンを2回接種した医療従事者600人余りが、これまでに新型コロナに感染したと発表した。
4月から7月までのデータによると、シノバック製ワクチンを2回接種した医療従事者は合計67万7348人で、このうち618人が感染。看護師1人が死亡し、もう1人は重症になっている。
保健省の報道官は、専門家でつくる委員会がリスクを抱える医療従事者の免疫力を高めるために3回目の接種を行うよう勧告したと述べた。
2月以降にワクチンを接種したタイの医療従事者や社会インフラの現場労働者の大半には、シノバック製ワクチンが使われている。
英アストラゼネカ製ワクチンが入ってきたのは6月で、今月終盤には米国からファイザー/ビオンテック製ワクチン150万回分も到着する見通しという。

シンガポール、シノバックのコロナワクチンを接種統計から除外

記事引用先:朝日新聞

シンガポール保健当局は7日、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンを接種数の統計から除外したと発表した。
 当局は声明で「接種数の統計は、政府の予防接種プログラムに基づいて接種した人のみを反映している」と説明。
 現時点では、シンガポール政府による接種数統計には、米モデルナ、および米ファイザーと独ビオンテック/コミナティのワクチンを接種した人のみを含んでいる。シノバックの「コロナバック」は含まれておらず、同社からのデータ待ちの状態にある。

ベトナムに中国製ワクチン到着 ASEANすべてが調達

記事引用先:日経新聞

中国政府がベトナムに提供する新型コロナウイルスワクチンが20日、首都ハノイのノイバイ国際空港に到着した。ワクチンは中国医薬集団(シノファーム)製で50万回分だ。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国すべてが中国製ワクチンを調達したことになる。

ベトナムへのワクチンの到着は国営メディアが報じた。ベトナムは中国と南シナ海の領有権問題などを抱えており、ASEANで唯一、中国からワクチンの供給を受けていなかった。シノファーム製のワクチンはベトナムに居住する中国人や、ビジネスで中国に就労する人など向けに接種されるという。これまでは主に英アストラゼネカ製が使われてきた。

管理人のつぶやき

管理人は、ワクチン接種推奨派ですが、義務化はやりすぎです。
特に、シノバック製しか選択肢がない状況での義務化は人権無視も甚だしい。
 :
一日も早く、自由に海外に往来できる日が来ることを、心より祈っております。それまでは、ご安全に💚

読んだよのクリックが励みになります!

👇不労所得におすすめ👇

マネースクエア
クラウドバンク

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:隔離免除◆接種/陰性証明,保険5万$,6~8便/日
タイ外務省は、2021年11月1日から入国隔離免除になる日本を含む46カ国を発表。 : 対象国からの渡航者はワクチン接種証明、陰性証明、5万ドル保証の医療保険の提示必要。 : 2020年の経済成長率はマイナス6.1%、GDPの2割を占める観光業への期待は大きい。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?