◆航空業界関連主要36社◆赤字2.3兆円+有利子負債23兆円

この記事は 約5 分で読めます。

世界的にも第二波の襲来を予見される各国の新規感染拡大。
新型コロナの感染拡大予防の影響を色濃くうける航空業界、特に国際線の苦境は深刻。
航空業界の裾野は広く、航空機メーカー、リース会社、サプライヤー、レジャー産業と連鎖が続く。

沖縄での新型コロナの感染拡大に心を痛めています。
 :
東京でも連日、300〜400人の感染確認がされていますが、人口が多く人の移動が多いので致し方ありませんが、沖縄は別です。
沖縄県は8日、新型コロナウイルスに新たに84人が感染したと発表した。1日当たりの新規感染者数は、過去最多だった7日(100人)に次ぐ規模で、県内の累計感染者数は968人となった。県発表に、那覇市松山の飲食店従業員らを対象にしたPCR検査で陽性となった人の数を加えると、県全体での陽性者累計は千人を超える。人口10万人当たりの新規感染者数は33・56人で8日連続全国最多となっている。
記事引用先:流通新報
政府のあおる『Go To トラベル』キャンペーンですが、地方への新型コロナの感染拡大を加速しているとしか思えません。
 :
経済を止めないという勝手なロジックのもとで、地方での感染拡大の責任は誰が取れるのでしょうか…

◆タイ入国:JALとANA◆2020年9月のバンコク線運休情報

◆タイ入国:JALとANA◆2020年9月のバンコク線運休情報
JALとANAがバンコク線の9月の運休情報を公開。 タイは8月末まで非常事態宣言を延長し、旅客機の乗り入れは依然として限定的。 ビジネス渡航の日本人の入国は進むが、フライトは在日タイ大使館の調整次第。

◆ポストコロナの航空業界◆JALとANAが経営統合?政府調達失敗?

◆ポストコロナの航空業界◆JALとANAが経営統合?政府調達失敗?
新型コロナの影響で未曾有の苦境に陥る航空業界。 日本の航空業界全体では、政府に対し約2兆円の無担保融資を要求するも… 雑誌の『JALとANA経営統合へ』の見出しに驚くもあるかもなと思わせる経営環境。

◆アジアの航空会社:経営状況◆シンガポール・ベトナム・マレーシア・香港

◆アジアの航空会社:経営状況◆シンガポール・ベトナム・マレーシア・香港
世界中の航空業界が未曾有の危機に喘ぐ中、アジアの航空会社も同様。 タイ航空や豪ヴァージンの経営破綻や経営再建途上のマレーシア航空など苦境が続く。 一方、いち早く感染抑制に成功したベトナムでは国内線の再開など復活の動きも。

航空需要蒸発、主要36社で赤字2.3兆円 関連産業も苦境

記事引用先:日経新聞

新型コロナウイルスの感染が収まらず、世界の主要航空会社の経営が揺らいでいる。主要36社の2020年4~6月期の最終損益は2兆3000億円超の赤字となった。稼ぎ時の夏場も需要は回復せず、政府支援の拡大や資本調達の必要性も高まってきた。産業の裾野は広く、関連企業にも影響が波及している。

QUICK・ファクトセットのデータで8月7日時点で4~6月期決算を開示している航空36社を対象に集計したところ、最終赤字額の累計は約222億ドル(約2兆3300億円)だった。
36社の売上高の累計額は149億ドルと、リーマン・ショック後の09年4~6月期と比べても7割減っている。パイロットや客室乗務員などの人件費や航空機の償却費など固定費負担を吸収できず赤字につながった。

7~9月期以降の回復は見えていない。アメリカン航空は7月に夏季休暇の需要を見込んだが、「5、6月と比べ予約数が減った」(幹部)。7~9月期の提供座席数は前年比6割減に計画を引き下げた。日本でも夏場の予約の動きは鈍い。日本航空の幹部は「予約が増えると思って、便数を増やしたが、伸びが鈍化している」と話す。
業績悪化が長引き、借金依存が高まっている。大手36社の6月末の有利子負債は2194億ドル(約23兆円)と、1年で26%増えた。自己資本比率も低下し、仏蘭エールフランスKLMやアメリカン航空、エアアジア(マレーシア)、北欧のスカンジナビア航空などが債務超過になっている。

JALとANA、最終損益は計2千億円赤字、4~6月

記事引用先:日経新聞

日本航空(JAL)は3日、2020年4~6月期の連結最終損益(国際会計基準)が937億円の赤字(前年同期は129億円の黒字)だったと発表した。新型コロナウイルスの影響で乗客数が急減した。決算を発表済みのANAホールディングスと合わせると航空2社の最終損益は計2000億円の赤字だった。
JALは今期から国際会計基準を適用した。売上高にあたる売上収益が78%減の763億円、本業のもうけであるEBIT(利払い・税引き前損益)が1310億円の赤字(前年同期は199億円の黒字)だった。

ANAホールディングスもコスト削減を急いでおり、社員の一時帰休の継続や機体整備などで外注していた業務を内製化する方針を打ち出している。これらの追加コスト削減で、21年3月期で計2550億円のコストを減らす計画だ。

JAL、8月1~17日の国内線追加減便 GoTo不発

記事引用先:日経新聞

日本航空(JAL)は30日、8月1~17日の国内線921便を追加で減便すると発表した。期間中の減便率は17%と、従来計画より6ポイント悪化した。新型コロナウイルスの新規感染者が全国的に増加傾向にあることから需要予測を下方修正した。例年8月は稼ぎ時だが、国の「Go Toトラベル」事業も不発で旅行需要が伸び悩んでいる。

 

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?