◆イタリア:マスク着用義務化◆自宅以外常時:罰金最大12万円

この記事は 約5 分で読めます。

ヨーロッパで新型コロナの感染拡大が再燃。
イタリアでは、自宅以外で常時マスク着用が義務化。罰金は最大1,000ユーロ(約12万円)。
第一波の際、厳しいロックダウンで抑制に成功してきた緊急事態宣言を2021年1月31日まで延長。
管理人の心の故郷、イタリアで新型コロナの新規感染者が急増している…
 :
管理人の昔の夢は、アーリーリタイアしてイタリアに移住、ワイナリーに弟子入りしてワイン造りを学び、夏は南部で過ごし、冬にはサッカーのセリエAを見てのんびりと暮らす事でした…
 :
イタリアへの移住は夢と消えてしまいましたが、心はいつもイタリアです。

イタリアの新型コロナ:1日の感染者数

記事引用先:ウィキペディア (Wikipedia)

10月9日の新規感染者数は、5,372人に…

イタリア、屋外でマスク着用義務化 非常事態宣言も延長

記事引用先:日経新聞

イタリアでは再び感染者が増えている(ローマ)=ロイター

イタリア政府は7日、屋外でマスクの着用を義務付けることを決めた。8日から適用する。新型コロナウイルスの感染が再び拡大してきたため、規制を強化する。10月15日までとしていた非常事態宣言も2021年1月31日まで延長する。
これまでも屋内では飲食店や公共交通機関などでマスクの着用を義務付けてきたが、今後は自宅以外はすべて着けなければならない。マスクは常に携帯する必要がある。伊ANSA通信によると、違反者には最大1000ユーロ(約12万円)の罰金が科される。

在イタリア日本国大使館:イタリア全土でのマスク着用義務化など(新たな緊急政令)

●報道によれば、7日、新たな緊急政令が閣議決定され、以下の点が規定されているとのことです。
・屋外等でのマスク着用義務
・緊急事態宣言の2021年1月31日までの延長
・現在有効な首相令の10月15日までの延長

●マスク着用義務は本日8日に有効になるとのことですので、外出時にはご注意ください。

(参考)マスク着用義務(現時点での報道取りまとめ)
【屋外】継続して(同居者ではない)他人から隔離された状態が保障される場合を除き,屋外のあらゆる場所でマスクの着用が義務づけられる。
【屋内】私的住居を除く屋内のあらゆる場所でもマスクの着用が義務となる。一人であるいは同居者と自家用車で移動する場合,着用は義務づけられないが,タクシーや同居者でない友人等と自家用車で移動する場合は、マスクの着用が義務づけられる。
【例外】スポーツ活動中,6歳以下の子供,マスク着用に適さない疾患や障害を持つ者
【罰金】罰金は400ユーロから1,000ユーロ

■厚生労働省
○新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

(問い合わせ先)
○在ミラノ日本国総領事館
  電話:02-6241141(領事・警備班)
  HP:  https://www.milano.it.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html 
○在イタリア日本国大使館     
  電話:06−487991(領事部)     
  HP:  https://www.it.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

非常事態宣言を2021年1月末まで延長、マスク着用義務範囲を拡大

記事引用先:Jetro

ミラノ発

2020年10月09日

イタリア政府は10月7日、現状10月15日を期限としている非常事態宣言を2021年1月31日まで延長することを発表した。イタリアでは新型コロナウイルス感染拡大が激しかった3~4月を経て、6~7月は1日の新規感染者数が100人台~300人台と落ち着いたようにみられたものの、夏の休暇シーズンを経て8月後半から9月にかけて徐々に再び拡大。死者数は春のピーク時と比較するとまだ大幅に低い水準ではあるものの、感染者数は10月に入ってから4月後半の水準に戻りつつある。近隣国でも感染再拡大が目立つ中、非常事態宣言を再度延長し、政府が機動的に措置を講じることができる体制を維持する。
また、政府は同日、新たな暫定措置令を発表した。これまではマスクの着用義務は公共交通機関を利用する際などに指定していたが、8日から着用義務の範囲を拡大した。マスクは常時携帯することが必要なほか、屋外では全面的に、屋内では住居を除き着用が必須となる。なお、屋内と屋外でその場所の特性や状況に応じて、非同居人と接触しないことが継続的に確保される場合は例外としている。そのほか、スポーツ活動中の人や6歳未満の子供、マスク着用が難しい疾患や障害を持つ人は着用義務が免除される。

読んだよのクリックが励みになります!

👇不労所得におすすめ👇

マネースクエア
クラウドバンク

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:隔離免除◆接種/陰性証明,保険5万$,6~8便/日
タイ外務省は、2021年11月1日から入国隔離免除になる日本を含む46カ国を発表。 : 対象国からの渡航者はワクチン接種証明、陰性証明、5万ドル保証の医療保険の提示必要。 : 2020年の経済成長率はマイナス6.1%、GDPの2割を占める観光業への期待は大きい。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?