◆タイのワクチン接種◆5月1日から登録開始+民間病院の輸入承認

この記事は 約5 分で読めます。

タイ保健省、一般向けワクチン接種の予約を5月1日、接種を5月中旬開始見込と発表。
申し込み方法は、MorPhromのLINE+Androidアプリ、電話、病院経由の4通り。
4月上旬に、タイ政府は民間病院のワクチン輸入を承認しており、日本人は病院に殺到か…
タイ保健省の報道を受けて、タイ在住の日本人の皆さんが、バムルンラード病院ホームページにアクセスが殺到したことでしょう…

 
昨日までアクセスできた、『COVID-19 Vaccine Requirement Survey』のページが『Not Found』になってます(笑笑)
 
あせらず、次のお知らせを待ちましょう!

関連記事:

◆タイのワクチン接種◆私立病院で一回2,000バーツ承認へ?
タイの食品医薬品局(FDA)は私立病院の独自のワクチン提供を許可する見込と報道。 政府は2021年内6,300万回分のワクチンを確保したが、在留外国人の優先順位は不明… 私立病院で有料(2,000バーツ)の接種が可能になれば、在住日本人には朗報!
 
◆タイのワクチン:日本人はいつ?◆2021年末迄に6,300万回
タイの新型コロナ状況管理センター(CCSA)が、最新のワクチン調達状況を公開。 2021年末までの6,300万回分は、Sinovac製200万、AstraZeneca製6,100万。 タイの人口は7,000万人弱、一人一回接種でも日本人には…
 
◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。

General public can register for vaccinations starting May 1

記事引用先:The Nation Thailand

保健省:タイで生産のアストラゼネカ製ワクチンの接種開始は5月中旬ごろ

The Public Health Ministry will start vaccinating the general public against Covid-19 around mid-May, when the first lot of the locally manufactured AstraZeneca vaccine will be ready, Public Health permanent secretary Dr Kiattiphum Wongrajit said.

タイローカルで製造されたアストラゼネカワクチンの最初のロットが準備され次第、5月中旬頃からCovid-19に対する一般市民へのワクチン接種を開始すると、公衆衛生事務次官が発言した。

5月1日からのワクチン接種の申し込み方法は4通り

“There are four channels where people can register to get the vaccine: via the “Mor Phrom” (Doctors Ready) Line official account; the mobile Mor Phrom application that will be ready for download on May 1 initially on Android phones; at hospital via telephone, or by contacting public health volunteers nationwide,” he added.

「人々がワクチンを入手するために登録できるチャネルは4つあります。

  • 「MorPhrom」(DoctorsReady)Lineの公式アカウント
  • Android携帯にダウンロードできるモバイルMorPhromアプリケーション
  • 電話で全国の公衆衛生ボランティアに連絡
  • 病院
 

タイ政府、民間病院の新型コロナワクチン輸入認める

記事引用先:NewsClip

タイ政府は民間病院が新型コロナウイルスワクチンを輸入、使用することを認める方針だ。プラユット首相が9日の記者会見で明らかにした。政府のワクチン調達計画だけでは集団免疫に到達しない見通しのため、民間に協力を求める。

 タイ政府のワクチン計画の中心は英製薬大手アストラゼネカのワクチンのタイ国内での生産で、5月に生産を開始し、12月までに6100万回分を供給する予定。タイの人口は約6800万人。

 アストラゼネカのワクチンをめぐっては、接種後に血栓が発症し死亡する事例が報告され、同ワクチンの接種を中止したり、接種年齢を制限する国が相次いでいる。

 タイ政府は国内生産のほか、アストラゼネカ製と中国・科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製のワクチンを輸入し、2月28日にシノバック、3月16日にアストラゼネカのワクチンの接種を開始した。4月9日までに47万301人が1回の、6万7079人が2回の接種を受けた。10日までの輸入量はシノバック製200万回分、アストラゼネカ製11万7300回分。

管理人のつぶやき

現在、世界中でワクチンの取り合いになっていますが、タイはアストラゼネカ製ワクチンの現地生産があるので、安心ですね。
 :
日本などは、生産体制ができていないので、EUがストップをかけたら…

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

マネースクエア

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:強制隔離期間短縮◆接種済は7日,未接種は10日
在タイ日本国大使館からタイ入国時の強制隔離期間の変更についてのお知らせ。 これまでの14日間から、ワクチン接種証明書提示で7日間、ワクチン未接種者は10日間に。 プラユット首相の宣言した、強制隔離なしの入国はいつになるのか…
◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?