◆在タイ日本国大使館◆新型コロナ二人目の感染を確認(8人は否定)

この記事は 約5 分で読めます。

在タイ日本国大使館は、二人目の新型コロナ感染者を確認、梨田大使との接触はなかったと発表。併せて、一部報道で日本人職員8人が感染したと報じられたが、事実ではないと否定。
大使館の領事窓口時間の一時変更を当面の間、継続することになり注意が必要。

関連記事:

【確定】梨田大使はナイトクラブ訪問後に感染:大使館が明らかに
在タイ日本大使館が梨田大使のナイトクラブ訪問後の感染を明らかにした。  : タイ保健省は7日、バンコクの歓楽街で発生したクラスターの24人から英国型の変異ウイルスを検出したと発表した。タイで同変異ウイルスの市中感染が確認されるのは初めてだ。梨田氏が同変異ウイルスに感染したかは分かっていない。
◆在タイ日本国大使館領事窓口業務◆受付時間変更+各種申請業務予約制
在タイ日本国大使館職員の新型コロナ感染により、窓口業務に支障が発生。 窓口業務は、4月8日(木)から4月16日(金)までの御申請・御相談は予約制。 不要不急な場合は日を改め、訪問の際は事前に書類を印刷し、自身の筆記用具持参を推奨。

在タイ日本国大使館現地職員の新型コロナウイルス感染症への感染

在タイ日本国大使館:2021年4月12日

  1. 4月8日、在タイ日本国大使館現地職員(運転手)が、新型コロナウイルス感染症に感染したことが確認されました。
  2. 同職員は、現在、症状は落ち着いており、当地医療施設にて療養中です。なお、同職員との濃厚接触の疑いのある職員については、PCR検査の結果、全員の陰性が確認されており、現在、自宅隔離の上、経過観察を行っています。同職員は、先に感染を発表した梨田和也駐タイ日本国特命全権大使との接触はなく、タイの保健当局によれば、レストランでの友人との食事で感染したとのことです。
  3. この結果、在タイ日本国大使館の感染者は2名となりました。なお、一部報道で大使館の日本人職員8名が感染と報じられましたが、右は事実ではありません。
  4. 在タイ日本国大使館としては、館内の消毒を行うとともに、基本的にテレワーク体制を導入しています。現在、バンコクを含めタイでは新型コロナウイルス感染症が急速に拡大していますが、大使館としては、邦人保護を含む通常業務に支障がないよう、引き続き、感染予防、感染拡大防止策等に関して必要な対策を講じて参ります。

在タイ日本国大使館の領事窓口時間の一時変更について(継続)

在タイ日本国大使館:2021年4月12日

●新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、4月7日付領事メールにてお知らせいたしました当館領事窓口時間の一時変更について、当面の間、継続することといたします。
●「申請の予約制(4月8日、9日、12日、16日のみ対象)」はこれを見直し、戸籍・国籍関係、警察証明を除いて、従来通り来館順といたします(戸籍国籍関係、警察証明については別室での対応となりますので、必ず予約をお願いいたします)。
●3月末のバンコク都内におけるクラスター発生以降、タイ国内の新規感染者が増加しておりますところ、御来館に当たっては、感染対策に御留意くださいますようお願いいたします。

1 領事窓口時間:午前8時30分〜11時00分、午後13時30分〜15時00分(継続)

2 窓口対応(交付までの処理期間は、現状のまま変更ありません)
(1)証明:申請日を1日目とし、3開館日目に交付(例:月曜日申請→水曜日交付)。
(2)旅券:申請日を1日目とし、4開館日目に交付(例:月曜日申請→木曜日交付)。
(3)警察証明の申請、戸籍・国籍関係の届出や相談:事前予約制です。領事部直通電話にて予約をお願いいたします。
   ※警察証明、戸籍・国籍関係の予約方法(証明、旅券の御申請は予約不要です)
    【領事部直通:02−207−8501 / 02−696−3001】
    (受付時間:08:30−12:00、13:30−16:00)

3 お願い
御来館前に必ず当館ホームページで手続の最新情報を御確認ください。
(1)新型コロナウイルス感染者との接触が疑われる方、また感染者が利用した施設を同時間に訪れた可能性がある方は、御来館を見合わせてくださいますようお願いいたします。
(2)体調がすぐれない方、特に発熱、喉の痛み、咳、鼻水などの症状のある方は、回復を待って御来館ください。なお、領事等入口のセキュリティ通過時に、サーモグラフィによる検温を行っており、37.5度以上の発熱がある場合は、入構をお断りする場合があります。
(3)可能な限り、ペン(黒または青)をお持ちください。
(4)可能な限り、事前に申請書類を当館ホームページから印刷し、必要事項を御記入いただいた上でお持ちください。
(5)領事待合室の入退出時には、手指のアルコール消毒を励行してください(領事待合室入口にアルコール消毒液を設置しております)。
(6)領事待合室は毎日定期的に清掃・消毒を行っていますが、室内では手指で口、鼻、眼等を触らないようにしてください。
(7)大使館内では常にマスクを着用してください。

当館の全職員は出勤時に手指消毒、検温、健康状況の確認を行っています。また、窓口に立つ職員につきましては、業務中、マスク、グローブ、場合によってはフェイスシールドの着用を指導しておりますところ、皆様の御理解・御協力をお願いいたします。

なお、当館では、タイ政府の方針に基づきテレワーク体制を導入(交代制)し、領事部職員も交代での勤務となっておりますところ、御申請の際に通常よりも時間がかかる場合がございますので、御理解くださいますようお願いいたします。

(問い合わせ先)
 ○在タイ日本国大使館領事部
  電話:(66-2)207-8501、696-3001
  FAX:(66-2)207-8511
  所在地: 177 Witthayu Road、 Lumphini、 Pathum Wan、 Bangkok 10330(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

マネースクエア

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会が続く3つの理由◆贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会、上位1%の富裕層が持つ富が全体の約67%を占め、更に広がる傾向… 貧富の差はタイの政治対立を引き起こし、罪を犯した富裕層が罰を免れることも珍しくない。 格差を広げる理由は3つ、贈与税、相続税、そして日本で言う固定資産税が…
◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆タイのエイズ孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和@バーンロムサイ
タイには約45万人のHIV感染者(=エイズではない)がいると推定される。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…