◆タイ入国:メディカルツーリズム◆7月には1700人以上が入国へ

この記事は 約8 分で読めます。

タイは、世界でも有数のメディカルツーリズム先進国です。
7月には、メディカルツーリズム客としてタイ入国登録した外国人は1700人以上に。
14日間の治療、検疫を経過すれば、8月1日以降タイ国内を自由に旅行が可能となります。

管理人は、バンコクのバムルンラード病院で椎間板ヘルニアの手術を受けたことがあります。

以前、シンガポールに駐在していた時にも現地の病院で外科の手術を受けたことがありますが、シンガポールの病院や日本の病院と比較しても決して劣ることはなく、かえって安心して受けることができました。

その代わり、費用は目玉が飛び出るほど高額です。
 :
バムルンラード病院では、一番安い個室が一泊12000バーツ(一泊で約4.2万円)です。
 :
この時は、一泊2日の手術でしたが、代金は452,820バーツ(約157万円)で日本で受けた場合の6倍超でした。

◆タイはメディカルツーリズム先進国◆ヘルスケアサービス世界6位

◆タイはメディカルツーリズム先進国◆ヘルスケアサービス世界6位
アメリカのエグゼクティブ向けの雑誌”CEO WORLD”の企画で、ヘルスケアが充実している国の調査でタイが6位にランキングされた。タイのメディカルツーリズムに国を挙げて取り組む成果が評価された模様。 タイのヘルスケアサービスは世界6位!タイはメディカルツーリズム先進国!

そうなんです。
タイは世界でも有数のメディカルツーリズム先進国で、中東や中国などの富裕層が好んで押しかけるアジアNo.1なのです。

◆タイのポストコロナ◆医療崩壊を起さなかった理由と医療ツーリズム

◆タイのポストコロナ◆医療崩壊を起さなかった理由と医療ツーリズム
タイは、国内での新規感染者ゼロが続き、感染者数に対する死者の割合が低い事が海外で評価されている。 一方、感染抑制に大きく貢献したメディカルツーリズムに危機が訪れている。海外からの富裕層を迎えられない高級病院の経営に狂いが…

今回の新型コロナの影響を最小限に抑制し、医療崩壊を起こさなかった理由の一つにタイのメディカルツーリズムが支えていたという意見もあります。

◆タイのポストコロナ◆世界の富裕層をホスピタリティーで囲い込め

◆タイのポストコロナ◆世界の富裕層をホスピタリティーで囲い込め
タイ最大の財閥CPグループ総帥が世界の富裕層をホスピタリティーで囲い込めと訴えた。 総帥は、GDPの16~17%を占める観光ビジネス再開が重要で、5つ星ホテルとメディカルツーリズムのホスピタリティー資産を使い世界の富裕層に『安全な避難場所』を提供せよと。

タイでは、新型コロナからの回復を目指して、早い時期からメディカルツーリズムで世界の富裕層を囲い込めという動きが活発でした。
 :
そして、外国人の入国緩和規制の対象としてメディカルツーリズムによる入国者への優遇があります。

在タイ日本国大使館:タイ国内で医療を受ける必要のある人

在タイ日本国大使館が、タイ政府の官報を訳したものを公開しています。
 :
条件面は、他の許可された人と同様ですが『渡航者が王国に滞在する間,医療費やその他の費用 を支払うことが可能であることを示す証明書』とは何で証明するのか不明ですね…

対象者:

タイ国籍を保持しない者で,タイ国内で医療を受ける必要のある者および付き添いの者。ただし,これには 新型コロナウイルスの治療は該当しない。特に、空路でタイに入国し治療を受ける必要性がある者で,同行者数は3名を超えてはならず、14日よりも少なくない期間,同一の病院施設において隔離をしなければならない。

タイ入国前の措置:

  1. 感染のリスクがある場所及び人が集まる場所を14 日間以上避ける
  2. 王国に入国する際に使用する以下の書類を用意する
    • 入国可能であることを示す証明書(certificate of entry, COE
    • 渡航者が渡航にふさわしい健康状態であることを示 す医師による証明書(Fit to Fly Health Certificate/Fit to Travel Health Certificate
    • 渡航の 72 時間以内に RT-PCR 検査を行った上で発行された,渡航者が新型コロナウイルスに感染していな いことを示す医師による証明書(Medical certificate with a laboratory result indicating that COVID – 19 is not detected)
    • 渡航者が王国に滞在する間,医療費やその他の費用 を支払うことが可能であることを示す証明書
    • 渡航者が王国に滞在する間,新型コロナウイルス感染症の治療費を含む医療費をカバーできる上限金額 10 万ドル以上の保険もしくはその他の証明
    • 渡航者が隔離を行う施設が政府の定める基準やガイドラインに沿っていることを示した証明書
    • 出発国の医療機関から発行された,王国で治療を受ける必要性が記載された証明書
    • 王国の医療機関から発行された,渡航者を受け入れ て治療し、14 日間以上の期間医療機関内で隔離を行うための場所を確保したことを示す証明書
  3. 渡航前,出発国の出入国審査場において渡航者の呼吸器症状の検査及び検温を行う(Exit screening)

タイ到着時・タイ滞在中の措置:

入国以降、PCR検査を3回受診することになっていますね。
治療が14日以内に終了しても、最低14日間は隔離されるようです。

  1. 王国に入国する際,出入国審査場において呼吸器症状の検査及び検温を行う(Entry screening)
  2. 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出する
  3. 医療機関の車両によってのみ,移動を許可する
  4. 隔離中の症状について経過観察を行うため,政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用する
  5. RT-PCR 法によって新型コロナウイルスの検査を3度行う。1 度目は医療機関に到着した際,2 度目は隔離期間の 5 日目から 7 日目の期間に、3度目は13日目から14日目の期間に行う
  6. 医療機関での治療が 14 日間に満たなかった場合も、14日間隔離を行う

今月到着する1,700人以上の医療観光客

記事引用先:The Nation Thailand

More than 1,700 medical tourists arriving this month

More than 1,700 medical tourists have registered to enter Thailand from July 1 but strict quarantine will prevent any from importing Covid-19, the Centre for Covid-19 Situation Administration (CCSA) announced today (July 3).

7月1日から1,700人を超える医療観光(メディカルツーリズム)客がタイへの入国を登録しました。厳格な検疫により、Covid-19の輸入を阻止することができるとタイのCOVID-19状況管理センターが発表しました(7月3日)。
Among the first foreigners to be allowed back into the country, medical tourists will be allowed to travel around Thailand from August 1, once their 14-day quarantine and treatment had been completed, said CCSA spokesperson Taweesin Visanuyothin.
CCSAのスポークスパーソンTaweesin Visanuyothin氏は、国外への最初の帰国が許可された外国人のうち、医療観光客は14日間の検疫と治療が完了すると、8月1日からタイ国内を旅行できるようになると述べた。
Special tour packages for medical tourists will include massage and spa, fitness centres, healthy food, herbal products, and visa services, while accommodation will be provided by hotels with the Amazing Thailand Safety and Health Administration (SHA) certificates and the “Well Hotel” standard.
医療観光客向けの特別ツアーパッケージには、マッサージとスパ、フィットネスセンター、健康食品、ハーブ製品、ビザサービスが含まれ、Amazing Thailand Safety and Health Administration(SHA)証明書と「Well Hotel」基準を備えたホテルが提供されます。
The first batch of 1,700 medical tourists come from 17 countries, including Myanmar (478), Laos (477), Vietnam (39), China (65), the United Arab Emirates (223), Oman (187), Kuwait (137), Qatar (95) and Saudi Arabia (14).
最初のメディカルツーリズム客、1700人は7カ国、ミャンマー(478)、ラオス(477)、ベトナム(39)、中国(65)、アラブ首長国連邦(223)、オマーン(187)、クウェート(137)、カタール(95)とサウジアラビア(14)から。

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

◆日本人のタイ入国は?

◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国◆強制隔離14日間に逆戻り+医療ビザ一時発行停止
タイでは新型コロナ第三波が到来し、短縮されていた強制隔離期間が14日間に逆戻り。 4月から強制隔離は10日間に、ワクチン接種者は7日間に短縮されていたが、一律14日に。 あわせて、メディカルビザの発行も感染状況が改善されるまで一時発行停止に。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆タイのワクチン調達計画◆アストラゼネカじゃダメ?
2021年7月27日、在タイ日本国大使館が在留邦人向けワクチン接種に関するセミナーを開催。 セミナーでは、在留邦人向けにアストラゼネカ製ワクチン接種プログラムを後日公開と発表。 前日に発表されていたバムルンラード病院の予約開始は誤りと指摘…
◆アストラゼネカ予約再開◆バムルンラード病院:日本寄贈
日本政府寄贈のアストラゼネカ製ワクチンの接種予約サイトがバムルンラード病院から。 病院の専用サイトからの申し込み後、提供可否のSMSもしくはメールが送信される。 在タイ日本大使館から7月27日14時のセミナーで発表と想定、事前の予約がおすすめ!
◆アストラゼネカ初回接種◆副反応は?重症化・デルタ株に効果?
ASEAN諸国ではシンガポールを除き多くの国で採用のアストラゼネカ社のワクチン。 そもそもデルタ株はなぜ感染力が強いの?効果はあるの?ワクチンは重症化を防げるの? アストラゼネカのワクチン接種後の副反応や血栓との関係も気になる…
◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?