◆タイの王室改革◆不敬罪で逮捕は国王の指示!最長15年懲役!

この記事は 約4 分で読めます。

タイで3年ぶりに不敬罪が適用され逮捕者、最長15年の懲役刑。
タイでの報道によるとワチラロンコン国王の指示で、反体制派の活動家を訴追。
国王の権力拡大への動きや王室財産を国王個人の資産と宣言した事に抗議が激化…
ワチラロンコン国王の即位以降は、不敬罪が適用されたことがなかった。

タイの『不敬罪』に変化の兆し?2019年は逮捕者が出ていないのはなぜか?

 

タイの『不敬罪』に変化の兆し?2019年は逮捕者が出ていないのはなぜか?
日本の西日本新聞が『タイの不敬罪、今年は逮捕ゼロ 「異変」の背景とは』と言う記事の中で、2019年はまだ逮捕者が出ていない。その理由は?との記事を掲載しています。

どんな行為が不敬罪に当たるのかは明示されていない。人権擁護団体は、不敬罪は言論の自由や改革を望む声を抑え付ける政治の道具として使われていると指摘している。

ところが、このタイミングで『伝家の宝刀』を使ってきたのだ。
しかも、『裁判は非公開』でどういう行為が不敬罪なのかが明確ではない…

◆タイの王室改革◆ドイツ議会:外交特権で捜査不可だが追放は出来る

◆タイの王室改革◆ドイツ議会:外交特権で捜査不可だが追放は出来る
ドイツ国営メディアが、タイ国王はドイツから追放される可能性があると報道。 タイ国内抗議活動を受け、ドイツ議会でタイ国王のドイツ長期滞在時の活動が議論に。 ドイツ国内から弾圧命令を出した場合、外交特権で捜査はできないが、追放は出来ると…

◆反体制派が目指すのはタイ王室改革◆負傷40人超:緊張高まるタイ

◆反体制派が目指すのはタイ王室改革◆負傷40人超:緊張高まるタイ
タマサート大学政治学部客員研究員の水上さんが、コラムで『本質は王室改革』と解説。 『タイ式民主主義』は、プミポン前国王のカリスマ性や能力に依存する脆弱な制度。 ワチラロンコン現国王の時代になり、機能不全に陥ったと…

◆タイの非常事態宣言◆8度目の延長は反体制派デモ抑制目的

◆タイの非常事態宣言◆8度目の延長は反体制派デモ抑制目的
タイ政府、非常事態宣言を2021年1月15日まで8度目の延長を閣議決定。 防疫対策は5月末から達成しているにもかかわらず、反体制デモ抑制に目的をすり替え。 コロナ対策でストレスが溜まった国民は、宣言延長で更なる反発必至!

◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆

◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ

タイ、反政府デモ参加者に不敬罪を適用 最長15年の禁錮刑

タイのデモ参加者は、映画「ハンガー・ゲームズ」にちなんだ3本指の敬礼で連帯を示している

記事引用先:BBCジャパン

タイ政府は24日、反政府デモの参加者に、王室に対する批判を禁じる不敬罪を適用した。同罪の適用は過去2年で初めてという。
この日は活動家数人が不敬罪を犯した疑いで訴追された。有罪となった場合、最長15年の禁錮刑が科せられる。

国王の権力拡大や王室の財産を個人の財産と宣言

国王の権力拡大や、王室の財産を国王個人の財産と宣言したことなどが非難の対象となっている。この財産は、前国王ラーマ9世(プミポン国王)の時代にはタイ国民のための基金とされていた。

3年ぶりの不敬罪適用:国王の指示

タイで最も恐れられている法律が、3年ぶりに適用された。報道によると、ラーマ10世による命令だという。

不敬罪では非公開の裁判

しかし不敬罪では非公開の裁判が認められている。被告人は厳しい禁錮刑を減刑するため、罪を認めるよう大きな重圧をかけられる。デモ参加者が今後直面する法律はそのようなものだ。しかし、王室のスキャンダルがソーシャルメディアであっという間に拡散する現代では、以前に比べて、反王室の雰囲気を抑える効果は薄いかもしれない。

タイ 王制改革など求め大規模抗議活動 取締り強化方針で緊迫

記事引用先:NHK

タイで反政府デモを続ける若者たちは、王制改革などを求めて25日、大規模な抗議活動を行っています。これに対し、プラユット政権は、王室の中傷を禁じる不敬罪の適用を視野に取締りを強化する姿勢を示し、緊迫した事態となっています。

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイのコロナ:PCR検査◆バンコクの日本語の通じる3大病院+治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症の場合の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?
★お願い:参考になったら、クリック!タイ情報ランキングの応援おねがいします!


★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,916人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。