◆タイのコロナ:救済措置◆ビザ+90日レポ・免許更新・電気水道代

この記事は 約9 分で読めます。

日本では、新型コロナの救済措置として代表的な10万円給付。
タイの現金給付は、国民の37%に当たる2,600万人に1万5千バーツ支給。タイ在住日本人の受ける恩恵としては、ビザの自動更新、90日レポート免除、運転免許更新の免除、電気代、水道代の割引など。
タイでは、ビザの更新や運転免許証の更新などで役所に行くと朝から大混雑で『三密状態』です。
 :
新型コロナの影響で帰国できない外国人が移民局に殺到し、あわやメガクラスター化の恐れあり、以降、ビザの自動延長、90日レポートの免除などの措置がタイの内務省から発表されてきました。
 :
今度は、運転免許証の更新免除の発表がありました。
ついでに電気代も水道代も支援します!!!

◆海外在住者の10万円給付◆4月27日時点で住民基本台帳に記載あれば

◆海外在住者の10万円給付◆4月27日時点で住民基本台帳に記載あれば:申請書サンプル
総務省が、新型コロナの救済のための10万円一律給付の概要を発表。菅官房長官は会見での質問に、対象は外国人を含めた国内在住者に限定されるとの方向性を示唆。但し、4月27日時点で住民基本台帳に記載された者に申請書が送付される。

◆タイのコロナ◆大富豪が『チームタイランド』でタイを救う

◆タイのコロナ◆大富豪が『チームタイランド』でタイを救う
タイの大富豪が『チームタイランド』に合流してタイを救う! プラユット首相のトップ20の億万長者への支援の呼びかけに、直接の財政支援は表明しなかった。 しかし、大富豪は、各自のプロジェクトでタイを助ける。

◆タイのコロナ◆大富豪の財政支援なし…現金支給は2600万人に拡大

◆タイのコロナ◆大富豪の財政支援なし…現金支給は2600万人に拡大
首相は会見で、大富豪からの財政支援の提案はなかった、但し、従業員をできる限り守るとの約束。 現金給付の対象は、農家の1,000万人が追加され、既に承認されていた1400万人も1600万人へ、併せて2,600万人に拡大した。

ビザの自動延長(7月末)と90日レポートの免除

タイ内務省が、全ての外国人のビザを7月末まで自動延長、90日レポートの免除を発表。タイの移民局に帰国できない外国人がビザの延長に退去押し寄せ、新型コロナのメガクラスター化が危惧された。

◆タイのコロナ◆ビザの自動延長(7月末)+90日レポート免除
タイ内務省が、全ての外国人のビザを4月30日まで自動延長、90日レポートの免除を発表。 タイの移民局に帰国できない外国人がビザの延長に退去押し寄せ、新型コロナのメガクラスター化が危惧された。密集、密接、密閉を避け『STAY AT HOME』

通常の場合のビザ更新はこちら!

◆タイビザ 更新延長:基本情報◆リタイアメント+ロングステイビザ
タイでリタイアメント・ビザを業者に依頼せず、自分で更新・延長する人は多い。 ただし、年に一度の事なので書類の不備や銀行口座残高の記録の取得に失敗することも。 移民局が近くにあれば良いですが、完璧に準備をして何度も行きたくないですよね…

通常の場合の90日レポートはアプリでもOKです!

◆タイの90日レポート:スマホアプリ◆ダウンロード+申請可能◆
タイの長期滞在者待望の『90日レポート』スマホアプリが完成しました。 App Store/Google Storeでダウンロードが可能です。 早速、ダウンロードして、90日レポートをスマホから登録しましょう!

運転免許証+保険の更新免除:次の知らせまで失効しても更新不要

記事引用先:ThaiVisa

Driving in Thailand: No need to renew expired licenses until further notice

The chief of Thailand’s Department of Land Transport announced that driving licence issuance and renewal would be suspended until the emergency regulations related to the coronavirus pandemic are lifted.

タイ国土交通省の局長は、コロナウイルスのパンデミックに関連する緊急規制が解除されるまで、運転免許証の発行と更新が一時停止されると発表しました。 

The Royal Thai Police have been contacted and will not fine anyone with an out of date licence. Insurance policies remain valid despite licences being out of date. 

タイ王立警察に連絡があり、期限切れのライセンスを持つ人には罰金を科しません。ライセンスが古くても保険契約は有効です。 
https://forum.thaivisa.com/topic/1162978-driving-in-thailand-no-need-to-renew-expired-licenses-until-further-notice/

通常の場合の更新方法

◆タイで運転免許証更新(5年有効)◆バンコクでバイク乗りたい
タイの運転免許を更新するのは簡単です! バンコクの第三陸運局(BTSバンチャック)で更新してきたのでレポートします。 最初は2年間の仮免許、更新後は5年更新です。 当日は、朝一番ではなく午後1時以降に行きましょう。 免許更新の時期・期間(タイミング)は、有効期限3か月前から期限後1年以内です。

閣議決定 3月~5月の一般家庭電気料金を免除あるいは減額

暑季に入ったタイでは、各地で連日40度を超えた報道があり、そんな中で引きこもり。そりゃ、クーラーつけなきゃ死んじゃうし、電気代も半端ないでしょう…

記事引用先:バンコク週報

政府は4月21日の閣議で、新型コロナウイルスの感染拡大で国民が被っている経済的負担を軽減するため、一般家庭を対象に今年3~5月の電気料金を免除あるいは減額するというエネルギー省案を承認した。

在タイ英国人ジャーナリスト、リチャード・バローのTweet

電気利用量が、800 unit以上かどうかが支援のポイントの様です。

電気代はアプリで確認、クレジットカードで支払い可能!

◆タイの電気代をアプリで管理◆クレジットカードで払いたい(MEA)!
タイの電気代(MEA)がアプリで確認できて、更にクレジットカードで支払いができるので日本からも支払いができます! しかも、毎月の履歴が確認できて、使用量の比較できます。 スマホで確認できて、設定も簡単です。お試しください。

水道代を20%割引:首都圏は最初の10立方メートルまで無料

電気代を支援してくれるんなら、水道代もおまけしてよ、ってところでしょうか?

記事引用先:The Nation Thailand

The Cabinet has approved proposals by the Metropolitan Waterworks Authority (MWA) and Provincial Waterworks Authority (PWA) to help ease the people’s burden during the Covid-19 situation by providing 20 discount on water bills until the end of June, Deputy Government Spokeswoman Rachada Thanadirek said on Tuesday (May 5).

内閣は、6月の終わりまで水道代20%割引を提供することにより、Covid-19の状況下で人々の負担を軽減するために、首都水道局(MWA)と地方水道局(PWA)による提案を承認しました。 タイ政府のスポークスマンが、5月5日に発表。
“Customers of MWA [those in Bangkok, Nonthaburi and Samut Prakarn provinces] will get free use of the first 10 cubic metres of water, and the 20 per cent discount will kick in after the free 10 cubic metres are used up,” she said. “The collection fee of those who use less than 10 cubic metres per month will also be waived for that month.”
MWAのお客様(バンコク、ノンタブリー、サムットプラカーン県のお客様)は、最初の10立方メートルの水を無料で利用できます。無料の10立方メートルが使い果たされると、20%の割引が適用されます。毎月10立方メートル未満を使用する人の収集料金も、その月は免除されます。
“The PWA, due to lack of liquidity, will not provide free usage of the first 10 cubic metres but will grant 20 per cent discount to private users,” added Rachada. “The normal service fee charged to PWA customers who pay their bills at 7-Eleven, Big C and Tesco Lotus will also be waived until June 30.”
「流動資金の不足により、PWAは最初の10立方メートルの無料使用を提供しませんが、個人ユーザーに20%の割引を付与します」とRachadaは付け加えました。 「セブンイレブン、ビッグC、およびテスコロータスで料金を支払うPWAのお客様に請求される通常のサービス料金も、6月30日まで免除されます。」

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

◆日本人のタイ入国は?

◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国◆強制隔離14日間に逆戻り+医療ビザ一時発行停止
タイでは新型コロナ第三波が到来し、短縮されていた強制隔離期間が14日間に逆戻り。 4月から強制隔離は10日間に、ワクチン接種者は7日間に短縮されていたが、一律14日に。 あわせて、メディカルビザの発行も感染状況が改善されるまで一時発行停止に。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆タイのワクチン調達計画◆アストラゼネカじゃダメ?
2021年7月27日、在タイ日本国大使館が在留邦人向けワクチン接種に関するセミナーを開催。 セミナーでは、在留邦人向けにアストラゼネカ製ワクチン接種プログラムを後日公開と発表。 前日に発表されていたバムルンラード病院の予約開始は誤りと指摘…
◆アストラゼネカ予約再開◆バムルンラード病院:日本寄贈
日本政府寄贈のアストラゼネカ製ワクチンの接種予約サイトがバムルンラード病院から。 病院の専用サイトからの申し込み後、提供可否のSMSもしくはメールが送信される。 在タイ日本大使館から7月27日14時のセミナーで発表と想定、事前の予約がおすすめ!
◆アストラゼネカ初回接種◆副反応は?重症化・デルタ株に効果?
ASEAN諸国ではシンガポールを除き多くの国で採用のアストラゼネカ社のワクチン。 そもそもデルタ株はなぜ感染力が強いの?効果はあるの?ワクチンは重症化を防げるの? アストラゼネカのワクチン接種後の副反応や血栓との関係も気になる…
◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?